HAREM SCAREM「LAST LIVE」(2000)

  • 2012/07/21(土) 00:00:00

LAST LIVE
【No.336】
★(2007)

6th「RUBBER」(1999)リリースに際して、日本以外ではバンド名をHAREM SCAREMからRUBBERに変更して活動していくことを発表し、ファンを驚かせたHAREM SCAREMの通算3枚目となるライブアルバム。本作は1999年11月~12月にかけて過去最大規模で行われた来日公演からのテイクを収めたものですが、その来日後に創設メンバーでもあるDarren Smith(Ds)の脱退と日本でもRUBBERと名乗ることをアナウンスしたため、HAREM SCAREMとしては最後のライブとなることから「LAST LIVE」というタイトルがつけられています(2002年にはHAREM SCAREM名義を復活させることになるわけですが)。なおバンドは来日記念盤として新曲2曲を含むバラードベスト「BALLADS」(1999)をリリースしています。

【トラックリストと収録アルバム】
01. Stuck With You(6th「RUBBER」)
02. Turn Around(5th「BIG BANG THEORY」)
03. It's Gotta Be(6th「RUBBER」)
04. Headache(6th「RUBBER」)
05. Coming Down(6th「RUBBER」)
06. Climb The Gate(5th「BIG BANG THEORY」)
07. Sunshine(6th「RUBBER」)
08. Without You(シングル「SO BLIND」)
09. Pool Party(6th「RUBBER」)
10. Trip(6th「RUBBER」)
11. Face It(6th「RUBBER」)
12. Who-Buddy(6th「RUBBER」)
13. So Blind(5th「BIG BANG THEORY」)
14. Lauralie(未発表曲)
15. Another Nail For My Heart(未発表曲。SQUEEZEのカバー)

このライブ盤に関して、まず触れておかなければならないのは収録曲が5th「BIG BANG THEORY」(1998)と「RUBBER」期からのみ選ばれたという事実でしょう。このバンドはこれまでもデビュー作「HAREM SCAREM」(1991)~3rd「VOICE OF REASON」(1995)の3枚から選曲した「LIVE IN JAPAN」(1996)、4th「BELIEVE」(1997)収録曲を軸に初期の名曲を厳選した「LIVE AT THE SIREN」(1997)という収録曲がほとんど重ならない2枚のライブ作品を発表していたので今回も既発のライブ盤に入っていない曲が多くなるのではと予測していましたが、ここまで徹底するとは驚きました。当日のライブでは他のアルバムからの曲もプレイしたにもかかわらず、ライブアルバム収録曲をここ最近の2作品に絞っている点はHAREM SCAREM時代との決別宣言のように受け取れますね。

かつては「カナダの技巧派集団」と称されるなど、そのライブパフォーマンスにも定評があったのに対して本作では「RUBBER」の雰囲気を継承して肩の力を抜いたライブとなっているように感じます。ロックバンドとしてのエナジーや迫力といったものは皆無に等しく、従来のバンド像を期待すると拍子抜けしてしまうこと必至だと思います。そんな緩さは「BIG BANG THEORY」からの楽曲にも如実に表れていてスタジオ盤よりも大人しく感じられてしまうのが残念。「RUBBER」を試聴した時点で購入をためらってしまい、バンドがHAREM SCAREMに名義を戻してから後追いでRUBBER期の作品をチェックした僕としては、このアルバムにも①Stuck With You、⑫Who-Buddy、⑬So Blindといったお気に入りナンバーは確かに収録されているものの、それ以上に当時のバンドが従来のハーレムサウンドを払拭して新しいバンドRUBBERになったことをアピールするのに躍起になっているような印象が強くて素直に楽しめなかったりするんですよね。というわけでHAREM SCAREMの作品群の中でもデビュー作や2nd「MOOD SWINGS」(1993)、4th辺りを好む僕には厳しい内容である半面、「RUBBER」が好きだという人は結構ツボにはまるかもしれません。なお本作には2つのスタジオ曲が追加されていて、Pete Lesperance(G)がリードボーカルを担当した⑭Lauralieは明るい曲調がメインだった「RUBBER」のナンバーとは味わいの異なるゆったり系のミッドテンポ、もうひとつの⑮Another Nail For My HeartSQUEEZEなるバンドのカバーで当時のHAREM SCAREMにぴったりのポップロックチューンです。

【音源紹介】
・Who-Buddy(Acoustic Live)

本作とは異なるテイクです。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する