FIORE「ALL I FEEL」(1998)

  • 2012/10/20(土) 00:00:00

ALL I FEEL
【No.348】
★★(1998)

Harry Hess(Vo)、Pete Lesperance(G)、Darren Smith(Ds)というHAREM SCAREM3メンバーのバックアップを受けてデビューしたニューヨーク出身のメロディックロックバンドFIOREの2ndアルバム。まず驚かされるのは前作から僅か9ヶ月というリリース間隔の短さです。今回も曲作りにHarryが深く関与しているとはいえ、短期間でこれだけの楽曲を揃えられたのは、80年代頃に在籍していたバンドPREVIEWはレコード会社の事情により地元アメリカでは発表されなかったり、ソロ名義でリリースされるはずだった作品は日の目を見ずに終わってしまったりと、なかなか表舞台で活躍できなかった苦労人Jon Fiore(Vo)の「このチャンスを絶対モノにする!」という強い気持ちがあったからこそ成し得た業なのかもしれませんね。こうして自身のバンドで活動できるようになったのはJonの長きに渡る努力が実を結んだような気がして嬉しくなります。

アルバムの中身はというと、前作「TODAY TILL TOMORROW」(1998)や初期HAREM SCAREMが好きなら一定以上の満足感が得られるであろう上質のメロディアスハード作品に仕上がっています。HAREM SCAREMのお蔵入り音源もいくつか使っていた1stアルバムに対して、今回は前作リリース後に書かれた全11曲を収録していて8曲がJonとHarryの共作、3曲がHarryによるものとなっていてJonのインプットは増えているものの、プロデュースにもHarryが関わっていることもあってソングライティング面でJonの個性は感じられません。また躍動感あるロックチューンからスローバラードまでバラエティがあって、アルバムの「決め」となるナンバーが複数存在していたデビュー作に比べると今回はメロディアスではあるものの若干薄味な印象を受けますね。今回の新味としては歌詞のテーマである憎しみの感情を曲に反映させたヘヴィチューン⑥Good For Nothingでしょうか。

他の同系統アルバムと比べても劣らないどころか安心して聴いていられるし、Jonの掠れ気味のボーカルは今回も胸に響いてくるのですがメロディの充実度には前作との開きが感じられますね。①Fool Yourself、⑤The Only Way We'll Know、⑦Keep Me Satisfied、⑨Come And Gone、⑩All I Feelなど半数近くがHAREM SCAREMの曲としても通用しそうなほどHarryらしさに満ちた作風ということもあって、FIOREがシンガー違いのHAREM SCAREMに思えてきてしまうのも否定できません。そういう意味でFIOREはバンドというよりもHarryが書いた曲をJonが歌うプロジェクトと見なした方がいいような気もします。結局FIOREは本作の後にベスト盤をリリースしたのを最後に音沙汰がなくなってしまいましたがJonはなかなか魅力的な声の持ち主なので、また何らかの形でカムバックを果たしてもらいたいですね。

【音源紹介】
ごめんなさい。本作の音源を見つけられませんでした。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する