【CD購入録】DRAGON GUARDIAN「聖邪のドラゴン」(2006)

  • 2012/03/29(木) 00:00:00

【CD購入録】
聖邪のドラゴン
DRAGON GUARDIAN「聖邪のドラゴン」(2006)

アニメ風のセリフや語りが飛び交うメロディック・スピードメタルにアニソンのような歌メロが乗る音世界の中で、少女を主人公としたRPG的な物語を展開していくことをコンセプトとしたプロジェクトDRAGON GUARDIANの1stアルバムを買いました。以前から本作は「サウンドがチープではあるがメロディのクサさにおいてはDRAGON GUARDIAN作品の中でも随一」という評判を耳にしていたので期待とそれなりの覚悟を胸に聴いてみました。う~ん、これは予想以上に壁が厚かった…。彼等の特徴であるクサメロや恥ずかしくなるくらいのセリフといった要素は本作で既に確立されていて、メロディに関しては確かに胸に響いてくる場面もあります。しかし、それにも増してKickという女性によるボーカルやセリフパートのクセがかなり強く僕がメロディに浸ることを難しくしてしまっています。DRAGON GUARDIANのセリフ/語りには慣れたつもりでいましたが本作で聴けるセリフは素人臭さが強く、語りも内容以前に「~した」「~だった」という文末が多いため、何だか作文のように感じてしまいました。また準主役級の登場人物であるホップという少女の舌ったらずな喋り方はクセがありまくりなだけでなく、その調子でボーカルパートまで担当しているのには萎えましたね(苦笑)。これまでHR/HMを中心に聴いてきた僕のようなリスナーにとってはかなりハードルが高いというのが現時点での感想ですが、不思議な中毒性は感じられるのでリピートするうちに化ける…のかもしれません。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する