【CD購入録】LIONVILLE「LIONVILLE」(2011)

  • 2012/02/06(月) 00:00:00

【CD購入録】
LIONVILLE.jpg
LIONVILLE「LIONVILLE」(2011)

イタリア人ギタリスト/シンガーStefano LionettiLars Safsund(Vo/WORK OF ART)、Alessandro Del Vecchio(Key/EDGE OF FOREVER、EDEN'S CURSE)、Pierpaolo Monti(Ds/SHINING LINE)らと結成したメロディックロック/AORプロジェクトLIONVILLEの1stアルバムを買いました。ちなみにドラマーのPierpaoloは先日購入したSHINING LINEの中心人物で、両プロジェクトはAVENUES OF ALLISなるレーベルに所属しています。SHINING LINEは1曲毎にゲストシンガーを迎えていましたがLIONVILLEはLarsがメインボーカルで一部Stefanoも歌いつつ、バックボーカルでErik Martensson(Vo/ECLIPSE)⑦No End In SightSven Larsson(G/STREET TALK)、一部の作曲とギターソロでTommy Denander(G/RADIOACTIVE etc)といった面々が参加しています。音楽性はというとSHINING LINEやLarsのメインバンドWORK OF ARTよりもメロウでソフトな印象でハードなギターが聴ける場面は皆無に等しく、あくまでも美しいメロディを楽しむための1枚だと思います。現在のお気に入りは伸びやかなサビが爽やか極まりない②With You、Tommy Denanderとの共作でアルバムの中ではハードな部類に入るダイナミックチューン⑧The Chosen Oneです。外部ライターの曲を一部含んでいますが、大半の楽曲を手掛ける中心人物Stefano Lionettiの名前は覚えておきたいですね。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

僕の購入動機も藤木さんの高評価レビューでした。オープニングHere By My Sideの掴み、そしてどこまでも爽やかなWith Youにやられましたね。もう少しハードなエッヂが欲しいような気もしますが、本作はメロディに浸るアルバムだと割り切って愛聴しています。個人的にはWORK OF ART以上にLIONVILLEの方がツボですね。言われてみるとRUBICON MUSICさんは頑張ってくれてますね。メロハー愛好家として応援したいところです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/02/19(日) 22:27:08
  • [編集]

メロメロです

 こんにちは!よしよさん。
WORK OF ART関連の作品というのと藤木先生のレビューに引かれて、私も即購入させて頂きました。

 ①Here By My Sideは藤木先生も大絶賛していた通り、「この一曲聴いただけで購入決定!」てなアップテンポなHRチューン、間奏がTotoっぽいのが良い胸キュンのサビメロが堪らない②With You、これまたオープニングからTotoだなの③Centre Of My Universe、爽やかなバラード⑤The World Without Your Love、跳ね上がるようなハードポップ⑥Power Of My Dreams、穏やかなサビメロが心に響く⑦No End In Sight、
個人的なキラーチューンの⑨Over And Over Againなどが良いですね。

 個人的に捨て曲は④の一曲のみで、残りの曲は全曲素晴らしいデキに仕上がってます。私なら90点台は点数出してしまいますねw。
この販売元のRUBICON MUSICさんは、ここ最近異常にがんばってメロハー路線の作品の日本盤を販売してくれてますね。
当たり外れも多そうですが、なるべく気になった物は買って応援したいと思います。

  • 投稿者: アルちん
  • 2012/02/19(日) 09:41:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する