【CD購入録】WORK OF ART「IN PROGRESS」(2011)

  • 2012/02/08(水) 00:00:00

【CD購入録】
IN PROGRESS
WORK OF ART「IN PROGRESS」(2011)

「北欧のTOTO」と称されるほど上質な産業ロック/AOR作品「ARTWORK」(2008)でデビューしたスウェーデンのメロディックロックバンドWORK OF ARTの2作目を買いました。各所で高い評価を受けていたこのバンドのデビュー作に関しては正直なところ、それほど響いてこなかったので今回は購入を見合わせていたのですが本作は前にも増して評判が良さそうだったので買ってみることに。一聴して気付くのは、都会的なサウンドが印象的だった前作に対して今回は洗練性はそのままにロック色をグッと強めている点です。この辺りは中心人物Robert Sall(G)Erik Martensson(Vo/ECLIPSE)、Jeff Scott Soto(Vo/TALISMAN)と結成したW.E.T.での経験が活かされているのかもしれません。今のところ胸に迫ってくる決めの1曲というものはありませんが、①The Rain~②Nature Of The Gameという冒頭の流れとアルバム全体が発散する心地好さに何度もリピートを誘われるという感じですね。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

WORK OF ARTに関して僕は2ndの方が好みですね。ハードさは増しつつも洗練された雰囲気はそのままで気持ちのいいサウンドだと思います。きっとこのバンドは哀愁より爽快感が持ち味なんでしょうね。2011年は評判のいいメロハー作品が多かったように思います。僕はチェックしきれてませんが…。今年はFAIR WARNING、GOTTHARDといったビッグネームやWORK OF ART関連バンドでもあるW.E.T.辺りにも動きがありそうなので期待してます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/02/19(日) 22:28:03
  • [編集]

少しハードに

 こんにちは!よしよさん。
そうか~。よしよさんは1stの方は余り感じる物が無かったのですねぇ。
私は地味なジャケットで購入を躊躇しましたが、myspaceで視聴した後は、即CD屋に走ったクチなんですよw

 この2ndは、前作のTotoっぽいAOR系からややハードになっておりますが、品質的には全く変わらずで大満足は一枚でした。
特に①The Rainは、キラキラkeyに美しいコーラスが乱舞するという極上の一曲で北欧色全開なのがタマリマセン。④Never Love Againも曲名から想像していたのと違ってハードポップな一曲⑤Eye Of The Storm も明るいです。⑨Emelieは個人的にキラーチューンの一曲でした。

 個人的には、このアルバム「爽」部分が多く占めていて、③Once Againや⑥Until You Believe、⑧Call On Me、⑫One Step Awayのような「哀」の部分をもっと引き出して欲しかったなぁというのが本音です。

 2011年は私にとってメロハー当たり年だったので、これだけ良作が出ると今年は大丈夫なのだろうか?と心配していますw

  • 投稿者: アルちん
  • 2012/02/19(日) 10:26:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する