【年間ベスト】2011年

  • 2012/01/07(土) 00:00:00

「舞い降りてきた音楽の記録」というブログタイトルに則って、僕が本格的に音楽を聴き始めた1995年以降の年間ベストランキング記事を更新していきます。
選出基準等はこちら
僕が2011年に買ったCDはこちら
ちなみに2011年はこんな年になるのでは?と予想していました。

新譜
1.陰陽座「鬼子母神」
鬼子母神
バンドの記念すべき10作目にして初のコンセプトアルバム。リーダー瞬火(B、Vo)が10年以上かけて構想を練ってきたという本作は原作脚本「絶界の鬼子母神」(瞬火 著)を読むことで味わいが大きく増したこともあって年間ベストアルバムに選出。。
大好きな1曲:⑩「径(みち)」

2.GALNERYUS「PHOENIX RISING」
PHOENIX RISING
小野 正利という国内屈指のハイトーンシンガーを得て更に加速するバンドの勢いを象徴するかのような熱きメロディックメタル。2011年3月11日の大震災に被災した日本を元気づけるというテーマ持つ作品でもあります。
大好きな1曲:③Future Never Dies

3.LIV MOON「GOLDEN MOON」
LIV MOON GOLDEN MOON
元タカラジェンヌ岡本 茜がAkane Liv(Vo)名義でボーカルを務めるという話題先行のイメージを持っていましたが、本作はそんな僕の先入観を吹き飛ばしてくれました。バンドイメージから連想されるシンフォゴシックのみならずストレートなメタルチューン、ヴィジュアル系、テクノっぽい曲やJ-POP調から王道バラードまで幅広い作風です。
大好きな1曲:④Black Ruby

4.ROYAL HUNT「SHOW ME HOW TO LIVE」
SHOW ME HOW TO LIVE
ROYAL HUNTの歴代シンガーの中でも一番思い入れがあるD.C. Cooperの復帰アルバム。D.C.復帰を意識してかサウンドの方もこのところ希薄になっていたネオクラシカル色がグッと強まっているのが嬉しいですね。
大好きな1曲:⑤Half Past Loneliness

5.PRIVATE LINE「DEAD DECADE」
DEAD DECADE
前作「EVIL KNIEVEL FACTOR」(2006)にあった破天荒さを抑え、程よい哀愁とキャッチーなメロディを強化したハードロックを基本にしつつ楽曲の幅を更に広げてきましたね。北欧ロックンロール勢の中でもメランコリックな持ち味を活かした作風が気に入りました。
大好きな1曲:⑩Deathroll Casino

6.WITHIN TEMPTATION「THE UNFORGIVING」
THE UNFORGIVING
これまでの荘厳なシンフォゴシック路線から一気に大衆性を増した1枚。とにかくアルバム全体を通して充実度の高いメロディが素晴らしいです。
大好きな1曲:⑧Sinead

7.STEEL PANTHER「BALLS OUT」
BALLS OUT
80年代の有名HR/HMバンドのサウンドを大胆かつ確信犯的に取り入れた音楽性と派手なルックス、お下劣な歌詞が話題となったテビュー作「FEEL THE STEEL」(2009)がネタバンドっぽかったので「1枚だけで終わってしまうのでは?」と心配していましたが、そんなことはなかったですね。前作ほど露骨な借用は抑えつつも実にこのバンドらしい作品に仕上がっています。
大好きな1曲:⑥It Won't Suck Itself

8.SHAKRA「BACK ON TRACK」
BACK ON TRACK
適度な哀愁を帯びた熱き骨太ハードロックの数々が僕の胸を焦がす。本作から加入したJohn Prakesh(Vo)の熱唱も文句なし。
大好きな1曲:⑬Stronger Than Ever

9.TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「THE FLYING OPERA:AROUND THE WORLD IN TWENTY DAYS-LIVE-」
THE FLYING OPERA
2008年に実現した現代メロディックメタルシーン夢のプロジェクトAVANTASIA初のツアーの模様を収めたライブ作品(2CD+DVD)。豪華なゲストを率いるTobias Sammet(Vo/EDGUY)のような人が僕と同世代というのは何だか嬉しいですね。「THE SCARECROW」3部作が完結し、Michael Kiske(Vo/UNISONIC、ex-HELLOWEEN)も帯同したという2010年のツアーも是非DVD化してもらいたいです。
大好きな1曲:Disc-1②The Scarecrow

10.AMARANTHE「AMARANTHE」
AMARANTHE.jpg
グロウル、クリーンボイスそれぞれを担当する男性ボーカル2人に紅一点のElizeを加えたトリプルシンガーという体制の珍しさ以上に、とにかくキャッチーなメロディが僕の心をとらえました。SOILWORK meets BLOOD STAIN CHILDと表現したくなる本作の中でも序盤4曲の流れは実に強力。
大好きな1曲:③1,000,000 Lightyears

旧譜
1.STRATOVARIUS「POLARIS + POLARIS LIVE」(2010)
POLARIS LIVE
新生STRATOVARIUSがライブでも健在であることを証明したグレイテストヒッツ+新曲による好ライブ。改めて僕はこのバンドが好きなんだと再確認しました。
大好きな1曲:⑧Winter Skies

2.RECKLESS LOVE「RECKLESS LOVE」(2010)
RECKLESS LOVE
北欧バッドボーイズ・ロック勢の中でも楽曲の良さが光る2010年のニューアクト。ポップ/ディスコテイストも取り入れた⑧はかなりリピートしましたね。
大好きな1曲:⑧Back To Paradise

3.KISSIN' DYNAMITE「STEEL OF SWABIA」(2008)
STEEL OF SWABIA
日本デビュー盤となった2nd「ADDICTED TO METAL」が素晴らしくて彼等を2010年のブライテストホープに選出しましたが、この1stの時点で既に音楽性を確立していたんですね。
大好きな1曲:③Steel Of Swabia

4.NELSON「LIGHTNING STRIKES TWICE」(2010)
LIGHTNING STRIKES TWICE
FRONTIERS RECORDSの社長Serafino Perginoが復活させたバンドがまたここにひとつ。快活な世界観を持つアルバムにおいてMIKAEL ERLANDSSONばりの強烈な泣きを発散する④にやられました。
大好きな1曲:④How Can I Miss You

5.STRATOSPHERE「FIRE FLIGHT」(2010)
FIRE FLIGHT
ROYAL HUNTの新ギタリストJonas Larsenが在籍しているということで聴いてみたところ、これが予想以上の良盤でした。北欧メタルの王道をいく本作でリードボーカルを務めるのはMr.北欧ボイスGoran Edmanです。
大好きな1曲:⑧Princess Of The Night

【楽曲】
1.Gake No Ue No Ponyo(IMAGINARY FLYING MACHINES)from「PRINCESS GHIBLI」
反則気味ではありますが、2011年に曲単位で最もリピートしたのはジブリソングをエクストリームメタル風に仕上げたこの曲でした。原曲とはメロディ運びが異なる「ぼぉにょ ぼぉにょ ぼにょ ざがなのごぉ~♪」のサビは中毒性抜群!

2.Pray(SHY)from「SHY」
2011年メロディックロック最大のハイライトがここにある…。これだけのソングライティング能力と心揺さぶるギターテクニックを併せ持つSteve Harris(G)が他界してしまったことが残念でなりません。

3.Waiting For Your Love(OUTLOUD)from「LOVE CATASTROPHE」
サビメロのアカペラ~ギターメロディで曲を始めるのはよくある手法ですが、この曲は本当にメロディが素晴らしい。初めて聴いた時からベストチューン候補でした。


4.Stargazer(BLOOD STAIN CHILD)from「EPSILON」
エクストリームメタル+トランスという従来の持ち味にアニソン的メロディを加えた即効性抜群のナンバー。

5.The Quest(HELL)from「HUMAN REMAINS」
オカルティックなヘヴィメタルが並ぶ作風の中でも異彩を放つ禍々しくもキャッチーな1曲。

6.The Sign(ANTHEM)from「HERALDIC DEVICE」
毎度のことながらANTHEMは1曲目にキラーチューンを持ってきてくれますね。キーボードを絡ませたイントロが新味ながら根幹の部分は実にANTHEMらしい名曲。

7.Infernal Maze(STRATOVARIUS)from「ELYSIUM」
バラード調で始まりドラマティックな展開を経て疾走パートへと繋がっていく流れが秀逸。

8.Kiss Of Life(VEGA)from「KISS OF LIFE」
FRONTIERS RECORDSご用達のメロハーソングライターTomとJamesのMartin兄弟が結成した新バンドのリードトラック。キャッチーなこの曲ととにかく儚い⑤Too Young For Wingsがアルバムのハイライトでした。

9.Destiny(TEN)from「STORMWARNING」
劇的かつクサい冒頭のギターメロディで勝負あり。TENならではの湿り気が良い具合に効いている1曲。

10.What Am I(GOTTHARD)from「HEAVEN - BEST OF BALLADS PART 2」
アコースティック作「D FROSTED」の第2弾用にストックされていたSteve Lee(Vo R.I.P)が歌う未発表曲。爽やかで優しく温かい…そんなポジティブな空気に満ち溢れたナンバー。

【他に印象に残った曲】
Go!(ANTHEM)from「HERALDIC DEVICE」
Wayfaring Man(ANTHEM)from「HERALDIC DEVICE」
Breaking All Illusions(DREAM THEATER)from「A DRAMATIC TURN OF EVENTS」
Resonate(JOURNEY)from「ECLIPSE」
Merry-Go-Round(LAST AUTUMN'S DREAM)from「NINE LIVES」
Golden Cage(LAST AUTUMN'S DREAM)from「NINE LIVES」
Justice Strike(LIGHTNING)from「JUSTICE STRIKE」
Falling Rain(OUTLOUD)from「LOVE CATASTROPHE」
Live Again(OUTLOUD)from「LOVE CATASTROPHE」
Wings Are For Angels(RIOT)from「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 東日本大震災チャリティ・アルバム」
Angel Of Wrath(SABER TIGER)from「DECISIVE」
Youngest Of Windows(SERENITY)from「DEATH & LEGACY」
Elysium(STRATOVARIUS)from「ELYSIUM」
Too Young For Wings(VEGA)from「KISS OF LIFE」
Masquerade(VERSAILLES)from「HOLY GRAIL」
Remember Forever(VERSAILLES)from「HOLY GRAIL」
「家族になろうよ」(福山 雅治)from「家族になろうよ / fighting pose」

【期待の新人】 AMARANTHE
デビューアルバムの出来栄えはもちろん、日本デビュー直後に来日を果たしLOUD PARK11で再来日をするなど精力的な活動もあって迷うことなく彼等に決定!

【アルバムジャケット】LIV MOON「GOLDEN MOON(LIMITED EDITION)」
LIV MOON GOLDEN MOON
BOREALIS「FALL FROM GRACE」、STRATOVARIUS「ELYSIUM」など、他にも美しいと思ったジャケットはありましたが、こちらを選んでしまうのは男の性というやつでしょうか(苦笑)。

【2011年を振り返って】
このブログでは年間ベストバンドというものを選出していませんが、2011年に関しては「ROYAL HUNTイヤー」だったと思います。2月にD.C. Cooper(Vo)がバンドに復帰して来日するかも!?」という第一報が入って以来、4月にD.C.が期間限定で復帰しての来日が実現、そして12月にはD.C.の正式復帰アルバムとなる「SHOW ME HOW TO LIVE」のリリース、新作に伴う来日(2012年5月)が決定と話がトントン拍子に進んだのは嬉しい驚きでした。是非とも今の体制で活動を続けてもらいたいですね。次の来日では新作からの楽曲を軸にJohn West、Mark BoalsといったD.C.の後任シンガー時代の楽曲も含めたオールタイムベストライブになるのでしょうか。そんな電撃復帰があった一方で2011年は電撃脱退もいくつかありました。僕が最も驚いたのは現在ZIGGYを活動休止中の森重 樹一(Vo)THE DUST'N'BONEZTHE PRODIGAL SONSから脱退してソロ活動に専念すると発表したことです。個人的にどちらのバンドにとっても森重は単なるフロントマンではなく彼抜きではバンドが成り立たないほどの存在だと思っていたのでショックでしたね。その後の2バンドについて調べてみたところTHE DUST'N'BONEZは不明(というか活動休止状態?)、THE PRODIGAL SONSはバンマスの松尾 宗仁(G)がボーカルを兼任することになったようです。それ以外にも体調不良を理由に「POETRY FOR THE POISONED」(2010)のツアーに同行していなかったKAMELOTのシンガーRoy KhanNEVERMOREとソロを上手く両立しているものと思われていたJeff Loomis(G)など、バンドの顔と言うべきメンバーの脱退劇が多かったように思います。そして残念ながら2011年も訃報があり、泣きのギターの名手Gary Moore(G)、名バラードHeavenで有名なJani Lane(Vo/ex-WARRANT)、隠れた実力派Andrew "Mac" McDermott(Vo/ex-THRESHOLD、SARGANT FURY)、英国産メロディアスハードのベテランSHYの中心人物Steve Harris(G)といったアーティストが天に召されてしまいました…。

2011年の新譜を振り返ってみると、まずは日本勢のリリースラッシュが印象的でした。GALNERYUS「PHOENIX RISING」陰陽座「鬼子母神」など僕が以前から注目していたバンドだけでなくBLOOD STAIN CHILD「EPSILON」、DRAGON GUARDIAN「聖魔剣ヴァルキュリアス」、LIGHTNING「JUSTICE STRIKE」、LIV MOON「GOLDEN MOON」、NoGoD「現実」、VERSAILLES「HOLY GRAIL」といった新興勢力、そして待望の新作を発表してくれたANTHEM「HERALDIC DEVICE」、ニューシンガーを迎えたCONCERTO MOON「SAVIOR NEVER CRY」下山 武徳(Vo)が復帰したSABER TIGER「DECISIVE」、約10年振りにまさかの復活を果たしたVOLCANO「MYTHOLOGY」といったベテランに至るまで、僕が関心を持っている国内バンドの9割は2011年に作品を発表してくれたのではないかと思うほどです。海外に関しても僕のお気に入りバンド群がアルバムをリリースしてくれたのでなかなか充実していましたが、中には安心して楽しめる作品ではあるものの好きなバンドだからこそ、もう一押し欲しいと感じたアルバムがあったのも事実でした。そんな中で頭ひとつ抜きん出ていたのが陰陽座「鬼子母神」とGALNERYUS「PHOENIX RISING」の2作品。前者は年末のリリースだったこともあり、作品の真髄がわかるまで時間がかかりましたが陰陽座の集大成と呼ぶに相応しい1枚だったし、後者はアルバム本編もさることながら海外メタルバンドのカバー7曲を収録したボーナスディスク(特にSILVER MOUNTAIN1789をチョイスするセンスとその出来栄えに脱帽)を含めて素晴らしかったですね。そしてそれに続くのがLIV MOON「GOLDEN MOON」ということで国産バンドがTOP3を独占するという結果になりました。

楽曲部門の1位は邪道かとも思いましたが、絶妙な転調を見せるサビが原曲のメロディラインを忘れさせる(笑)ほどのインパクトがあったこの曲に。オリジナル曲でベストチューンを選ぶとすればROYAL HUNTのHalf Past Lonelinessですね。またSHY「SHY」、OUTLOUD「LOVE CATASTROPHE」、BLOOD STAIN CHILD「EPSILON」はアルバム部門にランクインさせたいほど気に入っていたのですが楽曲部門に選んだ曲が本当に大好きだったので、そちらの方に選出しました。2011年は12月に注目アルバムのリリースが集中していたこともあって年間ベストは例年以上に悩みました。こう言ってしまっては身も蓋もないかもしれませんが今回のランキングはこれまで以上に、各アルバムを聴き込んだ後で見返してみると異なる結果になりそうな気もしています(苦笑)。「それならもっと聴き込んでから年間ベストを書けば?」と思われるかもしれませんが、聴き込もうとするとキリがないしブログ開設以降、1年を終えた時点で年間ベストを選出するというルールを自分に課しているので、このようにまとめてみました。2011年は3月の震災やそれに関連する原発問題などがあり大変な1年でしたが、個人的には第二子が生まれたという意味で僕の人生の中で非常に大切な年となりました。2012年も家庭、仕事、趣味という僕の人生における3大要素のひとつ、趣味を更に充実させるべくブログを続けていくつもりですので「-SILVERWING-舞い降りてきた音楽の記録」を今後ともよろしくお願いいたします。

2012年4月21日追記
年間ベストアルバムの1位と2位を入れ替えて1.陰陽座「鬼子母神」、2.GALNERYUS「PHOENIX RISING」にしました。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

年間ベスト【2011】

今回もベスト・アルバムを5枚、ベスト・アルバムに選出した アルバム以外からベスト・チューンを5曲選びました。 ☆ベスト・アルバム ベスト・アルバムのタイトルには記事のリンク、ベストチューンにはyoutubeへのリンク、ジャケ画像にはアマゾンへのリンクをそれ?...

  • From: ヘヴィメタル僕流レビュー |
  • 2012/01/15(日) 15:32:55

この記事に対するコメント

ヒゲ・スカイウォーカーさん

こんばんは。通常は誤植を除いて過去に書いた記事を修正することはないのですが聴き込むにつれて「鬼子母神」の素晴らしさに打ちのめされて例外的に入れ替えることにしました。ライブでも見事に完全再現してくれたみたいですね。もしDVDが出たら買おうかなと思っています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/05/09(水) 22:10:22
  • [編集]

トップ入れ替わり

ベストの1位と2位が入れ替わっているの、今日気づきました。
いち陰陽座ファンとして嬉しくて思わずコメントを(笑)
勿論、GALNERYUSも大好きなんですが。

「鬼子母神」完全再現ライブも素晴らしかったですよ。

  • 投稿者: ヒゲ・スカイウォーカー
  • 2012/05/07(月) 23:15:07
  • [編集]

敏紫さん

こんばんは。2011年は僕がHR/HMを聴くようになってから最も国内バンドの勢いがあった年だったと思います。まもなくリリースされるLIV MOONとLIGHT BRINGERも楽しみですね!
またトラックバックもいただきありがとうございます。こちらからも返させていただきますね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/01/16(月) 22:53:24
  • [編集]

こんにちは。
去年は日本勢に力がありましたね。
僕はなかなか買えないのが多かったのですが、LIV MOONやLIGHT BRINGERは予約したのでこれから楽しみです。楽曲に1位は僕もびっくりです。僕のブログでも年間ベストアップしました。同時にトラックバック送りましたのでよろしくです。

  • 投稿者: 敏紫
  • 2012/01/15(日) 15:39:19
  • [編集]

一志さん

こんばんは。2011年は本当に日本勢の活躍が印象的でしたね!あまりに作品が多くてDRAGON GUARDIANやNoGoDなどチェックしきれないアルバムもあったくらいです。
国産バンドのリリースラッシュは震災のあった2011年の明るいニュースでしたし、GALNERYUSは「日本を元気づける」をテーマに素晴らしいアルバムを作ってくれました。
そして2012年も新譜の初買いはLIGHT BRINGER、LIV MOONのどちらかになりそうです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/01/10(火) 22:26:34
  • [編集]

りょうさん

はじめまして。ブログ訪問&コメントありがとうございます。HR/HM歴29年のりょうさんに比べるとまだまだヒヨッコの僕ですが、ブログを参考にしていただいているようで嬉しいです。
りょうさんのベストチューンも第1位はHalf Past Lonlinessでしたか!この曲はROYAL HUNTにMIKAEL ERLANDSSON節を加えた印象で本当に大好きなので他にもこの曲をベストに挙げられる方がいらっしゃるねは嬉しいです。Cuts Like A Knifeもアルバムからのシングルに相応しいパンチのある1曲でしたよね。
これからもお気軽にコメントくださいね。こちらこそよろしくお願いします。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/01/10(火) 22:25:49
  • [編集]

B!13さん

あけましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いします。
B!13さんの年間ベストありがとうございます!B!13さんが揚げられた作品の中でBlack Veil Brides、Machine Head、Tyr、Reckless Loveが未聴です。Black Veil Bridesは以前からイチ押しのバンドでしたよね。一度音源をチェックしてみますね。
ですかね。
2011年ほど国産バンドが元気だった年はこれまでにもなかったと思います。ベテラン、中堅、若手の各層が力作をリリースしてくれましたね。今年はLIGHT BRINGER、LIV MOONの新作が1月にあるので、このまま国内のメタルシーンが盛り上がっていってもらいたいものです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/01/10(火) 22:25:08
  • [編集]

ピッペンさん

こんばんは。ピッペンさんの年間ベストと1・2位が全く一緒でしたね!最近は「鬼子母神」ばかり聴いています。このアルバムはまだ発売から一ヶ月も経っていないので、聴き込むにつれてもっと好きになりそうな気もしています。
楽曲部門の1位はそもそもこれを候補に入れるか迷ったりもしましたが自分が好きな曲を選ぶというシンプルな考えで選出してみました(笑)

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/01/10(火) 22:24:29
  • [編集]

'11年度もいいアルバムがたくさん出てくれましたね!
よしよさんのランキングにも顕れているように、とりわけ日本勢はベテラン・若手を問わず、まるで震災後の日本を鼓舞するかの如く、近年でもちょっとないくらい素晴らしいアルバムが続出した一年でした!
今年も1月からLIV MOONの新作が出ますし、充実した一年になるような気がしますね!

  • 投稿者: 一志
  • 2012/01/10(火) 02:56:39
  • [編集]

初めまして

りょうと申します。HR/HM歴と年令はよしよさんより少し上の、おっさんメタラーです(笑)。なにせきっかけがQ Riotですから、29年(!)になります。
よしよさんと楽曲の好みが近く、
いつも参考にさせていただいています。
ベストチューンに選ばれた曲の内、未聴のものもありますので、これから聴いてみますね。
私はすっかりCDを買う枚数が減ってしまったので、選択肢が少ないのですが、個人的にキラーチューンとなった
のは次の三曲でした。
1.Half past lonliness/Royal Hunt
2.The sign/Anthem
3.Cuts like a knife/The Poodles
他にも良い曲はありましたが、この三曲が突出してました。
これからちょいちょい投稿させていただきますね。よろしくお願いします。

  • 投稿者: りょう
  • 2012/01/08(日) 17:58:39
  • [編集]

あけましておめでとうございます。

今年もブログの更新頑張ってください。たまにコメントさせて頂きます。

僕の2011年ベストはこんな感じです。
選んだのは大晦日でしたが、今決めたらまた違うランキングになりそうです(笑)

Black Veil Brides / 「Set The World On Fire」
Galneryus / 「Phoenix Rising」
Machine Head / 「Unto The Locust」
Volcano / 「Mythology」
Saber Tiger / 「Decisive」
Royal Hunt / 「Show Me How To Live」
Liv Moon / 「Golden Moon」
Tyr / 「The Lay Of Thrym」
Reckless Love / 「Animal Attraction」
Hibria / 「Blind Ride」

仙台まで見に行ったライブが素晴らしかったガルネリと迷いましたがやっぱり
今年の第1位はBlack Veil Bridesですかね。
おっしゃる通り今年は国産バンドが当たり年だったと思います。来年もこの勢いを維持して国内のメタルシーンが盛り上がっていって欲しいです。
以上長々と失礼しました

  • 投稿者: B!13
  • 2012/01/07(土) 15:13:35
  • [編集]

よしよさん、こんにちは。
僕もこの連休中に年間ベストあげようと思っていましたが、1・2位が完全に一緒です!
やっぱり、この2バンドの新作は素晴らしかったですもんね。甲乙つけがたかったです。
あと、楽曲部門の1位にはビックリしました(笑)

  • 投稿者: ピッペン
  • 2012/01/07(土) 14:23:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する