FC2ブログ

THE DUST'N'BONEZ「DUST & BONES」(2010)

  • 2011/06/13(月) 00:00:00

DUST AND BONES
【No.291】
★★★★(2010)

2011年1月にリーダーの戸城 憲夫(B/ex-ZIGGY)が「2010年9月のライブ終了後に森重 樹一(Vo/ZIGGY)が脱退の意志を告げたことでバンドの第一期があっさり終了した」とオフィシャルブログで公表したTHE DUST'N'BONEZの4作目にして森重を擁するラインナップでのラストアルバム。戸城の発表から少し遅れて森重もオフィシャルブログでこの件に言及し、THE DUST'N'BONEZだけでなく松尾 宗仁(G/ZIGGY)と結成したTHE PRODIGAL SONSからも脱退してソロ活動に専念するとコメントを出しています。また音楽サイト「ナタリー」によると両バンドとも森重の後任を探しながら活動を継続していくこと、今回の脱退には森重が患っている心の病をが関係していることが書かれていました(ソースはこちらこちら)。そういえば森重の歌詞には「うつ症状」を連想させる言葉が何度か使われていましたね(本作でも④「自意識という名の空虚で踏み抜けよそのアクセルを」で「心の風邪を患っちまった」と歌っています)。個人的にこのバンド最大の持ち味は「戸城が書くハードロックンロール曲と時には文学的にすら響いてくる森重の歌詞の融合」だと思っていたので、この脱退劇はかなりショックでした。森重以外の誰かが歌うTHE DUST'N'BONEZなんて今は想像できません。

前置きが長くなってしまいましたが、このアルバムは基本的に前作と同じアグレッシブな路線でありつつ過去の3作品に収録されていた「愛と夢☆希望の画」、「スタートライン」、「自分勝手な夜に爪跡残せ」のようなバンドのポップ/ライトサイドを担う楽曲がないため、これまで以上にタイトかつシンプルな仕上がりとなっている印象です。メロディアスなHR/HMを好む僕としてはもう少しキャッチーさや突き抜ける爽快感が欲しかったかな。また、これは本作を発表した数ヶ月後に森重が脱退したということを知った今だから言える結果論かもしれませんが、THE DUST'N'BONEZにしては楽曲が小粒な気もします。とはいえ戸城のメロディセンスが炸裂する③「深海」、⑨「Trigger~黒く塗り潰せ~」といったキラーソングもしっかり収録されているのでTHE DUST'N'BONEZ流ロックが楽しめる作品であることは間違いありません。上記2曲以外にも①「紫のマイブラッド」、②HELLS AROUNDというバンドのお家芸的チューンをガツンとかましてくれる作品序盤、そして激しいロックソングでありながら他のパートよりも低いキーで歌われるサビと戸城のベースの絡みがカッコいい⑧「白昼夢のPalm Tree」、バンドの現状を踏まえると曲名の重みが増すノリのいいロックチューン⑩「このままじゃ終われっこない」といった楽曲がお気に入りです。作品中盤に並ぶ一筋縄ではいかない楽曲群も多彩な表情を見せつつ、ラストを締めくくる壮大なバラード⑪「銀の羽 銀の矢」が心地よい聴後感を残してくれます。

ZIGGY時代から「森重節」に対して「戸城ポップ」と称されていた良い意味であざといまでのキャッチーソングがなかったり、今までよりもHR/HM色が薄かったりするために総合的に見ると過去作品に一歩譲る感はありますが、リピートを誘う魅力はしっかりと保持されています。森重脱退は悲しいけれど、バンドが醸し出すそんな「先の見えない危うさ」も彼等らしさのひとつでした。戸城と森重そして坂下 たけとも(G)、満園 栄二(Ds)の元SADS組の4人というメンバーが4枚のフルアルバム、2枚のシングルで残してくれた楽曲はいつまでも僕の心に響き続けることでしょう。そして、このブログを訪れてくれた方が1人でもTHE DUST'N'BONEZに興味を持ち、聴いていただけたら嬉しいです。

【音源紹介】
ごめんなさい。本作の音源を見つけることができませんでした。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する