【CD購入録】NEGATIVE「SWEET & DECEITFUL」(2004)

  • 2011/02/15(火) 00:00:00

【CD購入録】
SWEET AND DECEITFUL
NEGATIVE「SWEET & DECEITFUL」(2004)

NEGATIVEの6th「NEON」(2010)が僕のツボに大ハマリだったので、彼らの過去作品について調べてみたところ評判の良かった2ndアルバムを買いました。本作でも僕を惹きつけてくれるメロディは確かに存在しますがメジャー感バリバリたった「NEON」に比べると楽曲、Jonne Aaron(Vo)の歌唱ともに荒削りで発展途上という感じなので物足りなさがありますね(「NEON」よりも先に本作を聴いていたらもう少し好印象になっていたような気もしますが…)。ゴシックテイスト漂うメロディックロックを軸にラフなロックンロール系も少々という感じでしょうか。ちなみに⑩Until You're MineではSENTENCEDVille Laihiala(Vo)がゲスト参加してデュエットしているのですが、圧倒的な存在感でJonneを食ってしまってますね(笑)。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する