【CD購入録】STRATOVARIUS「ELYSIUM」(2011)

  • 2011/01/13(木) 00:00:00

【CD購入録】
ELYSIUM.jpg
STRATOVARIUS「ELYSIUM」(2011)

一時はバンド解散の危機に直面しながらも、脱退した前リーダーTimo Tolkki(G)の後任に若手Matias Kupiainen(G)を迎えて作り上げた前作「POLARIS」(2009)で復活を遂げたSTRATOVARIUSの13作目を買いました。前作がリリースされた時点では、作品の出来以前に「崩壊寸前状態にあったバンドか再びメロディックメタルの王者としての輝きを取り戻せるのか」という点に注目が集まっていたため、新体制で2枚目となる本作からが本当の勝負になると感じていました。前作の延長線上にあり、激速疾走というほどではないけれどそこそこ速いアップテンポからミドルテンポ、バラード、そしてプログレッシブな大作が揃うパワーメタル作品でSTRATOVARIUSのサウンドイメージを裏切らない本作を数回聴いた現時点での印象は良く言えば「手堅い」、悪く言えば「地味」ですかね。本作の日本盤ボーナスとしてライブバージョンが収録されている往年の名曲Against The Wind、Black Diamondや前作のForever Is Today、Higher We Goのような一聴して心を鷲掴みされるほどの突き抜けたメロディは少ないものの、18分の大作となったタイトル曲⑨Elysiumを筆頭にジワジワと味が出てきそうな楽曲が多いような気がしています。本作をこれから聴き込むにつれて、今の感想がどのように変わって行くのか期待半分、不安半分という感じですね。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

けー坊さん

こんばんは。
本当にこのバンドは解散騒動からよく復活してくれましたよね。本作も期待を裏切らない高品質パワーメタル作品だと思います。
今のバンドの武器はKotipelt特有の歌声とJensの鍵盤捌きでしょうか。僕も音楽を聴く時、ボーカルを最優先、インストパートは二の次ということもありますねぇ。
メタルが好き=メタラーでいいと思いますよー。

  • 投稿者: よしよ
  • 2011/01/14(金) 23:19:18
  • [編集]

ティモ・トルキが抜けてどうなる事かと思いましたが、コティペルトの声はやっぱりストラトバリウスにマッチしてるので、これからも期待したいですね(←ボーカリストが全て、のメタラー失格な私

  • 投稿者: けー坊
  • 2011/01/14(金) 18:57:35
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する