FC2ブログ

GALNERYUS「ADVANCE TO THE FALL」(2005)

  • 2008/09/07(日) 08:01:51

ADVANCE TO THE FALL
【No.037】
★★★(2005)

2003年に「FLAG OF THE PANISHMENT」で鮮烈なデビューを飾った日本産メロディックパワーメタルバンド、GALNERYUS待望の2作目。Syu(G)のテクニカルかつ泣きを多分に含んだギタープレイを中心に、今回はYuhki(Key/ALHAMBRA、ex-MARGE LITCH)やJunichiこと佐藤 潤一(Ds/ex-CONCERTO MOON)のプレイにもスポットが当てられ、バンドとしての一体感が前作以上に溢れています。なお、本作でYuhkiとJunichiは楽曲も提供しています。そしてYama-B(Vo)も線の細さは相変わらずながら前作にあった無駄な力みが消え、聴きやすくなった印象です。

デビュー作同様にアルバムの幕開けは序曲①Stillness Dawnから疾走チューン②Silent Revelationに繋ぐという、メタル界のお約束展開ながらこの曲が素晴らしい。悲しくも勇壮なメロディが駆け巡る②で一気にGALNERYUSの世界に引き込まれます。中盤でDREAM THEATERを連想させるキーボードソロからギターソロへ繋がる辺りが面白いYuhki作曲の⑤Deep Affection、ハードポップ路線の⑥Dream Place、ギターメインのインスト⑦Glorious Aggressorから曲間なくなだれ込む悶絶スピード曲⑧Whisper In The Red Skyという中盤がこのアルバムのハイライトになってます。Syuのギターが歌っているかのようなソロがほんとに素晴らしい⑧は名曲です。

スピードメタル、ハードポップ、バラードと曲のバラエティは前作に負けず豊富なのですがメロディのフックや充実度という点では前作に一歩及ばないかな。あとギターがあまりに弾きすぎていて、濃厚すぎると感じる部分もあります。とはいえ、このアルバムも前作からの順当な成長振りを十分に感じさせてくれる1枚で、日本にもこういうバンドがいるということが嬉しい。個人的には本作の時点でGALNERYUSはCONCERTO MOONよりも重要なバンドになりました。

【音源紹介】
・Whisper In The Red Sky(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する