【CD購入録】HESS「JUST ANOTHER DAY」(2003)

  • 2010/10/03(日) 00:00:00

【CD購入録】
JUST ANOTHER DAY
HESS「JUST ANOTHER DAY」(2003)

バンド名義をRUBBERからHAREM SCAREMに戻し、日本で人気の高い2nd「MOOD SWINGS」(1993)の質感をも甦らせた復活作「WEIGHT OF THE WORLD」(2002)をリリース後にHarry Hess(Vo/HAREM SCAREM)HESS名義で発表した初のソロアルバムを買いました。HarryがHAREM SCAREM解散後に初めてシーン復帰を果たしたプロジェクトFIRST SIGNALを聴いていて「そういえばHarryってソロも出してたよな」と思いながら中古ショップをブラブラしていた時に見つけたのが本作です。HAREM SCAREMのメインソングライター/シンガーであるHarryのソロ作で、曲によってはバンドの僚友Pete Lesperance(G)Creighton Doane(Ds)も参加していると聞いて予想はしていましたが、HAREM SCAREMっぽいメロディがそこかしこで聴けます。Harry自身「僕が最も自然に書けるタイプの曲」と語る②Wasted AwayなどはHAREM SCAREMのアルバムに収録されていても全く違和感がなさそうですね。相違点を挙げるならHAREM SCAREMからハードな部分を取り除いたリラックスムードが漂っているということでしょうか。ただ本家バンドと比較すると、ちょっとパンチに欠けるかな。ちなみに「MOOD SWINGS」ではDarren Smith(Ds/ex-HAREM SCAREM)が歌っていた⑩Sentimental Blvdをセルフカバーしています。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

かさとりっ子さん

こんばんは。
Harryの歌は温かみがあって安心して聴ける声ですよね。アレンジを変えればそのままHAREM SCAREMの曲として使えそうなものが多いような気がします。個人的には音楽さえ良ければ外見にはあまりこだわりませんが今のご時世、人気バンドになるにはルックスも大切な要素のひとつですね。HAREM SCAREMの場合は途中から髪の毛もバッサリ短くしてしまってハードロッカーらしさも希薄だったのですが、そんな肩肘はらないバンドのムードも好きでした。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/10/10(日) 22:41:24
  • [編集]

よしよさん

いやぁ、懐かしいアルバムです。
パワーポップですね。歌が上手いんで聴いていても安心して聴けますね。
個人的にはロック色は少ないもののお気に入りです。これできっとハリーがイケメンだったらハーレムスキャーレムももっと人気があっただろうにと思うこの頃です☆

  • 投稿者: かさとりっ子
  • 2010/10/07(木) 21:43:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する