FC2ブログ

MASTERPLAN「TIME TO BE KING」(2010)

  • 2010/08/30(月) 00:00:00

TIME TO BE KING
【No.253】
★★(2010)

音楽性の相違や人間関係のもつれが原因でJorn Lande(Vo/ALLEN-LANDE)Uli Kusch(Ds/BEAUTIFUL SIN etc、ex-HELLOWEEN etc)が脱退してしまうという危機に直面しながらもリーダーRoland Grapow(G/ ex-HELLOWEEN)がバンドを立て直し3rd「MKⅡ」(2007)を何とかリリースしたMASTERPLANでしたが、現代メタルシーン屈指の実力派シンガーJornの離脱はRolandのモチベーションを著しく下げてしまったようで前作のツアー終了後に2代目シンガーMike DiMeo(Vo/ex-RIOT)も脱退してしまい、一時期バンドは活動停止状態だったようです。そんな不安定状態だったMASTERPLANにJornが2009年に復帰したことでバンドは再び活力を取り戻して完成させたのが通算4作目となる本作です。かつてJornは「(典型的メロパワの代名詞といえる)ハイトーンボイスを多用することは自らのシンガー寿命を短くしてしまう」と主張して一部の楽曲のキーを下げさせたこともあったとRolandがインタビューで語っていたこともあり、Jornが参加しなかった前作がバンドの中でもメロパワ色の濃い作風となったことに妙に納得していたので、彼がバンドに戻ると聞いてメロパワ的要素は減るだろうと思っていたのですが、実際に本作はメロパワとは距離を置いた重厚感のあるHR/HMアルバムとなっていますね。

デビュー作と2ndアルバムでもそうでしたが、今回はこれまで以上にJornの圧倒的なボーカルを軸とした作風となっていて、各曲からはアルバムタイトル通りの威厳や風格が感じられます。そんなJornのボーカルパフォーマンスに負けじとインスト陣もパワフルな演奏をしていて、これまで以上に前に出ることで存在感を増したRolandのギター、前作では控えめに感じられた豪腕Mike Terrana(Ds/ex-RAGE etc)のヘヴィなドラミング、MASTERPLANの世界観には欠かせない存在となったAxel Mckenrott(Key)の彩り豊かなキーボード/ストリングスサウンドなど、音を隙間なく詰め込んだ濃密で分厚い音像となっています。JornとMikeというメタルシーンきっての渡り鳥系実力者が同時に在籍していることもあってメンバーの豪華さ、バンドとしての一体感も過去最高でボーカルとインストパートががっちり噛み合うことで生み出されるMASTERPLAN流のドラマティックなヘヴィメタルのひとつの到達点が本作と言えるのかもしれません。

その一方で、これまでの魅力のひとつだった(そして僕が最も惹かれていた)キャッチーなメロディと共に駆け抜ける疾走曲は激減しているため即効性は低くなっていますね。パワフルにアルバムの幕開けを告げる①Fiddle Of Time、先行シングルにもなったキャッチー佳曲③Far From The End Of The World、煌びやかなキーボードとJornの「ブルゥ~ウ、エウロォパァァ~♪」というサビの歌い回しがカッコいいメロディアスチューン⑨Blue Europa以外は基本的にどっしりと腰を据えたミドルチューンが続きます。僕はMASTERPLANというバンドにHELLOWEENの遺伝子を受け継いだメロパワサウンドとJornがもたらすブルージーテイストの融合を期待していたので、聴かせるタイプの楽曲を中心とした本作の音楽性には素直に喜べなかったりします。個々のメロディが耳に残るというよりも、楽曲そのものが醸し出す凄みを堪能する1枚という感じなので聴き込むにつれて味が出てくる作品ではありますが、日本盤ボーナス⑪Never Walk Aloneのようなわかりやすい歌メロがもう少し欲しいところですね。Jorn復帰のいきさつを思い起こしつつ前作と本作を聴き比べてみるとRolandが本当にやりたいのは3rdのようなメロパワ寄りの音楽だけど、Jornをバンドに引き留めるために本作が渋めの方向性になったのでは…という穿った見方をしてしまうのも事実だったりします。

【音源紹介】
・Far From The End Of The World

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する