MEGADETH「ENDGAME」(2009)

  • 2009/12/22(火) 00:00:00

ENDGAME.jpg
【No.209】
★★★★★(2009)
年間ベスト2009年第1位

Dave Mustine(Vo、G)指揮の下、従来のスラッシュメタルにテクニカルなインストパートと複雑に練られた曲展開を盛り込んだ「インテレクチュアル・スラッシュメタルサウンド」で80年代後半~90年代中盤にかけてメタルシーンに大きな衝撃を与えたMEGADETHでしたが、黄金期を支えたMarty Friedman(G)の脱退やDaveが腕を故障してしまったことが原因で2002年に解散。2004年にDaveがセッションメンバーを迎えて製作した「THE SYSTEM HASFAILED」でMEGADETH名義を復活させてからの3作目、通算12枚目にあたるのが本作です。僕が聴いたことのあるMEGADETHの作品は代表作の誉れ高い4th「RUST IN PEACE」(1990)と、Marty在籍時MEGADETHの後期を象徴するメロディアス路線だった7th「CRYPTIC WRITINGS」(1997)のみですが、この「ENDGAME」はその両者の美味しいところをギュッと凝縮したかのような傑作となっています。

激烈メタルサウンドの中で乱舞するDaveと新加入ギタリストChris Broderickの凄まじいギターワークをメインに、時折顔を覗かせるメロディアスなフレーズが堪らなくカッコいいですね。いきなり火花散るギターバトルが繰り広げられるインスト①Dialectic Chaosから曲間なく繋がるスピードチューン②This Day We Fight!は要所でギターソロが炸裂する名曲だし、ヘヴィなリフのバックで流れる無線通信によるやりとりのSEが緊張感を煽るミッドテンポ③44 Minutes、魅惑のギターリフをザクザク刻みながら突っ走る④1,320という怒涛の流れは圧巻の一言。その後も佳曲揃いの本作にあって一際輝いているのが⑨Head Crusherですね。本作唯一のバラードタイプ⑧The Hardest Part Of Letting Go... Sealed With A Kissの静かな余韻を破壊しながら切り込んでくる⑨のイントロを初めて聴いた時は背筋が震えました。

とにかく素晴らしいギターワークが満載の本作において、触れておかなければならないのが新ギタリストChris Broderickの存在。恥ずかしながら本作を聴くまで彼のことを知らなかったのですが元NEVERMOREという肩書きはダテではなく、切れ味の鋭さと抜群のテクニックを兼ね備えたギタリストのようですね。またプロデューサーにはARCH ENEMY「DOOMSDAY MACHINE」、NEVERMORE「THIS GODLESS ENDEAVOR」を手がけたことでも知られるAndy Sneapを迎えていて、Andyの冷徹な音作りとMEGADETHによるガチガチのメタルサウンドが見事にマッチしています。MEGADETHビギナーの僕が言うのも何ですが、このアルバムを「原点回帰作」とする声が多いのも納得です。個人的に「RUST IN PEACE」でネックになっていると感じたDaveの歌唱力が向上しているのも好印象。裏ジャケで誇らしげにギターを高く掲げるDaveの気迫と自信がヒシヒシと伝わってくる痛快なヘヴィメタルアルバムですね。

【音源紹介】
・Head Crusher

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

たけちよさん

こんばんは。
PVの件はこちらこそ勘違いしてしまってお恥ずかしい限りです。そしてPV情報もいただきありがとうございます。スパム対策が裏目に出てしまってすいません。で、PVを見ようとしたのですが著作権の関係やらで削除されているようでした。オフィシャルPVなのになぜ?って感じですが(MY SPACEのも駄目みたいでした)。また改めて探してみますね。ちなみにこのブログの音源紹介も別のHead Crusherにしてみました。

ベスト選びもだいぶ固まってきましたが、このアルバムはかなり上位に来ることは間違いないですね!

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/12/24(木) 18:22:57
  • [編集]

メタラーまっちゅさん

こんばんは。
MEGADETHビギナーの僕でさえ衝撃を受けましたから、初期からのファンであるメタラーまっちゅさんにとっては感動もひとしおでしょうね。
ジェフ・ルーミズはアークエネミーだけでなくメガデスにも誘われてとは、やはり凄いギタリストなんですね。どちらもビッグネームのバンドなのに、それを断ってまでネヴァーモアに捧げる決断をしたジェフに男気を感じますねー。彼のソロ作も2009年を代表するインストアルバムでしたね。
ベストアルバム選びは僕も悩んでいます…。現在メガデスとドリーム・シアターが有力候補です。年明けには記事にしたいと思ってます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/12/24(木) 18:07:36
  • [編集]

こんばんわ。

このアルバムはホント今年のベスト候補ですね!
僕も他候補作品と頭を悩ませています。

イメージが変わってしまった"Head Crusher"のPVというのは
よしよさんご紹介のやつでは決してないですよ!
本当のプロモーションビデオ作品のことです。
わかりにくいコメントをしてしまい申し訳ないです(>_<。
(ビデオのパスを貼付けようとおもったのですが禁止用語ということで
怒られてしまうので "Megadeth Headcrusher Video" でぐぐると一発で出ます。ご興味があれば是非。
 )

タイトルはたしかにヘッドクラッシャーですが、あまり格闘というイメージは持ってなかったのと僕の好きな2:15~のシンプルなリフのときの映像がしっくりこなかったのです。。 ^^;

  • 投稿者: たけちよ
  • 2009/12/23(水) 02:04:01
  • [編集]

まさに原点回帰でしたね。
初期からずっと追ってきている自分的には、前作でだいぶ
ムステインも吹っ切れたかなぁ~って感じがしていましたが、
今作ではここまでのものを作り上げてくるとは、本当に
びっくりですね。またクリスという名手をよく発掘したと思います。
元ネヴァモアとは言え単なるサポートでしたからね、クリスは。
あのバンドはやっぱりジェフ・ルーミズというとんでもないのが
いるわけで・・・確かムステインは最初はジェフに加入の要請を
してましたね、彼はネヴァモア一筋なので実現しませんでしたが、
これが実現していたとしたらこれまたどうなっていたことやら・・・

しかしクリスがここまでのテクニシャンとはホントお見それしました。
もう少しメロディックだとなお良いのですが、インパクトは十分ですし、
今作のリードギタリストとしては最適な人材でしたね。
ムステインとクリスのタッグにより完全にギター音楽たるへヴィメタルを
展開してくれたことは長年のファンとしては、まことに嬉しいことで
ありメタル冥利につきます。名作ラスト・イン・ピースと肩を並べる
ほどの傑作の誕生かと思います。ホント最高だった・・・うん。

師走ということで私のほうも今年のベストアルバムを決めようかと
しているところですが、今作とデンジャーデンジャー、
ドリーム・シアター、アウトレイジ、スティール・パンサーの4作品で
頭を悩ませているところです。

  • 投稿者: メタラーまっちゅ
  • 2009/12/22(火) 20:38:33
  • [編集]

hirokawaiさん

こんばんは。このアルバムに漲る緊張感はMEGADETHならではのものですよね。
このアルバムをきっかけにまだ聴いていないMEGADETHの過去作品もチェックしようかと思っているほどです。このバンドのファンというわけではなかった僕も、「ENDGAME」でMEGADETHファンになりました。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/12/22(火) 19:12:20
  • [編集]

たけちよさん

こんばんは。はい、久し振りの★5つ作品です。
このアルバムは今年のベストアルバム最有力ですね!僕の中では「RUST IN PEACE」よりもメロディが多いように感じるので、MEGADETHの最高傑作といっていいほど気に入っています。
Head CrusherのPVは…確かにキビシーですね。HeadをCrushしてるけど、「そのままやん」って突っ込んでしまいました(苦笑)また別のHead Crusherの音源があれば差し替えようと思ってます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/12/22(火) 19:09:46
  • [編集]

このアルバム、"Dialectic Chaos"が流れ出した途端、
あの『RUST IN PEACE』の"Holy Wars...The Punishment Due"を
初めて聴いたときと同じような"緊張感"を覚えました。
これぞ"MEGADETH"!!
素晴らしいアルバムを作りました。
Daveの意気込みと、Chris Broderickの加入が
MEGADETHを復活させました。
素晴らしい!!

  • 投稿者: hirokawai
  • 2009/12/22(火) 12:39:24
  • [編集]

こんにちは!

★5ついただきましたっ♪
このアルバムはまさに今年を代表する1枚ですよね!
特に"Head Crusher"の格好良さは絶品。発売からずっとヘヴィロテ中ですw
原点回帰もさることながらそれまでのメガデスの歴史いいとこ取りで
まさに現在考えられるメガデスの集大成的作品だと思います。

ただ自分的には"Head Crusher"のPVは見ない方がよかった。^^;
ちょっとイメージ変わってしまいました。

  • 投稿者: たけちよ
  • 2009/12/22(火) 07:44:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する