STEEL PANTHER「FEEL THE STEEL」(2009)

  • 2010/01/12(火) 00:00:00

FEEL THE STEEL
【No.211】
★★★★(2009)
年間ベスト2009年第4位

かつてはMETAL SHOPMETAL SKOOLという名前で有名クラブを中心に活動していた80年代HR/HMのトリビュートバンドがレコード契約を勝ち取り、名義をSTEEL PANTHERに変えて放つ1stアルバム。奇抜なルックスで下品極まりない歌詞を歌っているのでイロモノ系かと思いましたが、各メンバーはミュージシャンとしてなかなかのキャリアを持つ手練揃いのようで、予想以上に楽曲と演奏の両方がしっかりしている印象です。中でも下ネタ全開の歌詞を表情豊かに歌い上げるシンガーMichael Starr(本名Ralph Saens)の素晴らしい歌唱力、Rob Halford(Vo/JUDAS PRIEST)がバンド脱退時に結成したFIGHTのギタリストでもあったSatchel(本名Russ Parrish)のギタープレイはバンドの大きな魅力ですね。

音楽性はBON JOVI、DEF LEPPARD、EXTREME、NIGHT RANGER、SCORPIONS、WHITESNAKE、Y&T、YNGWIE MALMSTEEN、VAN HALENなどなど80年代HR/HMバンドからの影響を隠すことなく楽曲に活かしまくったスタイルで、BURRN!誌ではそれを「フリカケ成分」と表現しています。ただ、僕はフリカケ成分の原材料となっている80年代のバンド/楽曲を詳しく知らないので本作は高品質メロディックHR/HM作品として楽しめました。そんな僕でも思わず吹き出してしまったのがBON JOVI丸出しの⑦Party All Day「夜明けのヘイ!ヘイ!ヘイ」です。イントロのキーボードと邦題はRunaway、その後に続く短いセリフとトーキングモジュレーターのパートのみならず歌い出しからビッグなサビコーラス、ギターソロに至るまでLivin' On A Prayerしているこの曲はインパクト絶大。STEEL PANTHERのフリカケ成分となっているバンドに詳しい方なら「ここはあの曲だな」という楽しみ方もできるんでしょうね。そんな「パクリ」と叩かれ兼ねない要素を持ちながら、バンドがそれを堂々と認め徹底的にやり切ることで自らの持ち味にまでしているのがステキです。

楽曲的には売れっ子アーティストを実名で貶し「メタル以外に死を!」と叫ぶ歌詞が勢いある曲調に乗る①Death To All But Metal「メタル魂」、歌詞のテーマが日本の女性ということでイントロには琴の音色が登場し、ギターソロはYNGWIEしている哀愁メタル②Asian Hooker「快楽人生」、アコースティカルで和やかなムードで始まるパワーバラード③Community Property「大好きなお前」、本作の中で最もメタル度の高い④Eye Of A Panther「狙い撃ち!」と続くアルバム序盤が特に強力ですね。どの曲もキャッチーなサビの歌詞に曲タイトルを含んでいるため即効性が高いのもポイント。今後もフリカケ成分や下品な歌詞といったオチャラケ要素を保ちながら良質な作品を出し続けることができるのか心配ではありますが、とにかく今は本作を楽しみたいですね。

【音源紹介】
・Party All Day

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ジュンビキさん

こんにちは。
この不景気を吹き飛ばしてくれそうな元気のいい1枚ですよね。
80年代のHR/HMバンドに詳しい方は、「あ、これはあの曲だ」という楽しみもできるようで何だか羨ましいです。そういう意味でもいろんな楽しみ方ができる作品ですね。2009年話題の1枚という印象です。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/01/13(水) 13:17:42
  • [編集]

メタラーまっちゅさん

こんにちは。
確かにこのやり方は1stだから許される側面もあるので、次回作以降が気になりますよねー。完全オリジナルも聴いてみたい気もしますが。

Community Propertyが使われているTV番組は僕も見てました。番組名は忘れましたが、何気なく見ていたTVにハッと注目させられました。「My Heart Belongs To You~♪」の歌詞は良いとして、その後が酷いですよね。感動的な場面でこれを使うとは…。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/01/13(水) 13:15:23
  • [編集]

Oh~

m(_ _)m
新年に相応しい一枚ですね~。
景気づけには一番かも知れないバンドですね。

80年代の音を聞いてきた方々には「オッ」と思わせる部分が多々あって
楽しめる作品でした

  • 投稿者: ジュンビキ
  • 2010/01/13(水) 04:49:58
  • [編集]

こんばんは!

2009年はメガデス、アウトレイジに次ぐ大きな話題を
呼びましたね。実際にとてもよくできたアルバムだったんじゃ
ないかと私も思います。フリカケかたも絶妙だったと思いますし、
逆に普通に作曲するより難しいことやっていると思います。
ただこの調子でネタが持つかどうかが問題ですね。
彼らの実力から言えば、いくらでもオリジナルの楽曲づくりは
できるでしょうが、今作のファンはやっぱり確信的パクリを
次回作にも期待するでしょうからね。当然私も含めてw

それにしても今作の楽曲が、最近結構テレビのBGMに使われて
いますよ!めちゃくちゃビビったのが、つい2,3日前に見た
番組でCommunity Propertyのコーラスパートが思いっきり感動場面の
BGMに使われておりました!確かに曲調は極上のバラードなのですが、
あの楽曲のコーラスって今作の中でも、かなりひどい歌詞ですよね~
知らないって怖いですね・・・

  • 投稿者: メタラーまっちゅ
  • 2010/01/12(火) 21:38:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する