EDGUY「BURNING DOWN THE OPERA‐LIVE」(2003)

  • 2008/11/16(日) 09:52:08

BURNING DOWN THE OPERA‐LIVE
【No.070】
★★★★(2003)

すっかりジャーマンメタル界の中堅として磐石の地位を築いた感のあるEDGUYの5thアルバム「MANDRAKE」に伴う、欧州ツアーの模様を収めた2枚組ライブアルバム。BURRN!誌の藤木さんも絶賛するライブアクトとしての実力を遺憾なく発揮した充実作となっています。オーディエンスも大盛り上がりでヨーロッパにおけるEDGUY人気の高さが伝わってきます。

それにしてもEDGUYの楽曲って、どれも一緒に歌いたくなる必殺のサビがあってライブ向けの曲が多いですね。歌わせどころをきっちり設けているので、ライブになるとオリジナル盤以上の魅力を発散し、バンドとオーディエンスの一体感がCDからもビンビン伝わってきます。このアルバムを聴いてても、Disc-1③Tears Of A Mandrake、Disc-1④Babylon、Disc-2①Vain Glory Opera、Disc-2⑦Out Of Controlなどのサビメロを一緒に歌っている自分にふと気付きます。Tobias Sammet(Vo)の歌唱はライブであっても安定感があるし、Disc-1⑦The Headless Game、Disc-2④How Many Milesでわかるようにようにオーディエンスの煽り方も上手く、ライブ経験の豊富さが見てとれます。演奏もしっかりしてて、エイリアン・ドラム・バニーことFelix Bohnke(Ds)の気持ちのいい叩きっぷりとそれに絡んでくるTobias Exxel(B)のベース、そして地味ながら堅実、それでいて時に絶妙なライブアレンジを加えるツインギターと申し分なし。

選曲も手堅いところを抑えていてベストアルバムとしても機能しそうなほどなので、EDGUYを初めて聴くならこの作品から入るのもいいかも。AVANTASIAの楽曲も2曲収録されてるのも嬉しいです。贅沢を言うとすれば、僕の大好きなEDGUYの最高傑作「HELLFIRE CLUB」の後のライブ作品だったら更に良かったのに・・・ということくらいですね。

【音源紹介】
・Tears Of A Mandrake(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

nekometalさん

ほんと、エドガイはライブバンドですよね。
少し前から噂になってるライヴDVDも早くでないかなと思ってます。
新作の初回限定盤ライヴ音源11曲も今から楽しみです。

ちなみに僕のライヴ名盤はROYAL HUNTの「1996」とBLIND GUARDIANの「TOKYO TALES」です。

  • 投稿者: よしよ
  • 2008/11/17(月) 08:14:17
  • [編集]

これ大好きです♪

このアルバムいいですよね~(^^=)♪
ライヴ盤好きなんですが、このアルバムはKISSの「ALIVE!」とか
CHEAP TRICKの「at BUDOKAN」にも匹敵する、いい出来だと思います。
(ちょっと誉めすぎでしょうか^^;)
EDGUYはライヴバンドだぞー!という強烈な自負が感じられますよね。
いやー、3月が楽しみっす!

  • 投稿者: nekometal
  • 2008/11/16(日) 22:09:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する