LAST AUTUMN'S DREAM「LIVE IN GERMANY」(2008)

  • 2009/12/12(土) 00:00:00

LIVE IN GERMANY
【No.207】
★★★★(2008)

僕の中で叙情派メロディックロックの雄としての地位をすっかり確立したLAST AUTUMN'S DREAM初のライブアルバム。本作は4th「SATURN SKYLINE」(2006)発表後に実現した2007年6月の初来日公演を経て、同年9月にドイツで開催されたメロディックロック・フェスティヴァル「UNITED FORCES OF ROCK Ⅲ」に出演した際の音源なのですが、このバンドの場合は1年に1枚というハイペースで作品をリリースし続けているため、このライブ盤が発売されたのは次のアルバム「HUNTING SHADOWS」(2007)よりも後となっています(笑)。

LAST AUTUMN'S DREAMのライブについては4thでバンドらしさがグンと増したものの、アルバムではベーシストMarcel Jacobがリズムギターのほぼ全編を弾き、Andy Malecek(G/ex-FAIR WARNING)はソロのみをプレイしていたのでスタジオバンド的なイメージが拭いきれなかったのと、Mikael Erlandsson(Vo)のような掠れ声が魅力のシンガーはライブだと荒さが目立つのではないかという点が気になっていました。ところが、ミュージシャンとして熟練の域にあるメンバーが揃うこのバンドにそんな心配は無用だったみたいです。まず演奏面についてはAndyのソロの素晴らしさは言わずもがなリズムギターに関してもMarcel以上にワイルドな印象だし、ライブでその真価を発揮するリズム隊、特にMarcel独特のベースラインに耳が釘づけです。スタジオ盤では綺麗にまとまったメロディックロックだったのが、ライブではハードロックバンドとしての適度な重さやエッヂの鋭さが加味されていて一層魅力的なんですよね。そしてMikaelのボーカルも彼特有の哀愁を湛えた声質はそのままに、良い意味でラフになっていながらも肝心のメロディはしっかりと歌ってくれています。

そんなLAST AUTUMN'S DREAMがライブバンドであること確認できる充実作ではあるのは事実ながら気になる点もチラホラ…。まずはMikael自身もインタビューで語っていたそうですが、当日のライブでエア・マイクを立てられなかったためにオーディエンスの歓声がほとんど聞こえないということ。オープニングの①For The Young And The Wildのサビの後にスタジオ盤なら入ってくるはずの「オーオオー♪」というコーラスがない(バンドメンバーのバックコーラスもありません)とやはり寂しいし、⑦Rock'N'Roll Is Saving My Soulは会場全体が大合唱している歌声がもう少し聞こえればもっと感動的だったのに…。そして更に痛いのはライブがたった8曲(セットリストは4th中心)+スタジオ新曲2曲という収録曲の少なさ。各曲は本当に素晴らしいだけに最低でも10曲、もっと言えば2枚組で聴きたいぐらいです。などと不満点を挙げつつも、バンドのデビュー作1曲目にしてライブのエンディングを飾る名曲⑧Again And Againの哀メロを聴いていると楽曲、ライブパフォーマンスの両方が素晴らしいと実感できると同時に1995年から応援してきたMikaelが歌うライブ作品をこうして堪能できているんだと感慨深くなりますね。そして曲のラストでMikaelがJamie Borger(Ds/TALISMAN etc)、Marcel Jacob、Mikael本人(日本表記のミカエルではなくマイケルと発音してますね)の順にメンバー紹介をしてから最後にAndy Malecekの名前をコールしてそのままギターソロに雪崩れ込むという演出は感動モノだし、もうこのラインナップは聴けないんだと思うとウルッと来てしまいました…。2曲収録されている新曲については、良いとは思いますがライブのインパクトが大きすぎるためオマケ感が強いです。

【音源紹介】
・Rock'N'Roll Is Saving My Soul(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

かさとりっ子さん

LADのライブはもっと聴きたいですね。8曲じゃ物足りません。ミカエルについてはスタジオミュージシャン的なイメージがなくもなかったのですが、このライブを聴いてそのイメージは吹っ飛びました。
また新作発表後には是非来日を果たして欲しいです。そして、その時こそは2枚組ライブアルバムをお願いします!

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/12/13(日) 10:31:48
  • [編集]

よしよさん

ライブアルバムですね。
僕もコーラスワークがなくてちょっと寂しかったです。
アンディのギターやリズム隊良かったですね。
ミカエルの歌唱もライブでも良い味わいで良かったです。
いよいよ発売も迫ってきましたね。もう少し頑張って下さいね。

  • 投稿者: かさとりっ子
  • 2009/12/12(土) 23:52:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する