FC2ブログ

MIKAEL ERLANDSSON「VERY BEST OF MIKAEL ERLANDSON」(2002)

  • 2009/11/22(日) 00:00:00

VERY BEST OF MIKAEL ERLANDSSON
【No.200】
★★★★(2009)

無名ながら優れたバンド/アーティストを発掘してくれていたレーベル「ゼロ・コーポレーション」から「THE 1」でデビューするや、その哀愁と叙情味溢れる美旋律サウンドが好評を博し、1995年度のBURRN!誌人気投票のブライテスト・ホープ(新人賞)部門で第3位を獲得したスウェーデンのシンガーソングライターMikael Erlandsson(Vo)の「THE 1」、「UNDER THE SUN」、「UNFAMILIAR」という初期3作品から厳選された17曲と未発表曲2曲からなるベスト盤。彼のベストアルバムは1998年にも「TEARS OF HEART」(全15曲)というタイトルで発売されていたのですが、5年振りとなる4th「GIFT」での復活に先駆けて発表されたのが本作です。

【トラックリストと収録アルバム】
01. It's Alright(1st「THE 1」)
02. Can't Turn Back Now(2nd「UNDER THE SUN」)
03. Show Me(1st「THE 1」)
04. Life Is A Hard Game To Play(1st「THE 1」)
05. Touch You Now(2nd「UNDER THE SUN」)
06. A Lot Of Love(3rd「UNFAMILIAR」)
07. Carousel Of Seasons(3rd「UNFAMILIAR」)
08. Down To Earth(2nd「UNDER THE SUN」)
09. Wish You Were Here(1st「THE 1」)
10. Open Book(2nd「UNDER THE SUN」)
11. Hold Back The Tears(3rd「UNFAMILIAR」)
12. A Place To Hide In Town(2nd「UNDER THE SUN」)
13. Reason(1st「THE 1」)
14. Television(2nd「UNDER THE SUN」)
15. Can't Keep Hiding(1st「THE 1」)
16. 1000 Years(2nd「UNDER THE SUN」)
17. The 1(1st「THE 1」) 
18. Delirious(未発表曲)
19. Tell Me(未発表曲)

選曲については1st、2ndからそれぞれ7曲ずつ、3rdからは3曲と初期2枚に集中していますが、ライナーノーツで藤木さんも書かれているように良い曲を選ぶとこういう結果になると思うので妥当なチョイスかと。まぁ個人的には2ndのタイトルトラックUnder The Sunを入れて欲しかったところですが。曲順に関してもアルバム毎に収録曲を羅列するのではなく、Mikaelの代名詞でもあるコテコテのクサメロナンバー①で始まり、デビュー作のエンディング曲⑰で本編を締める辺りにこだわりが感じられて嬉しいですね。

未発表だった2曲については、流石にベスト盤本編の収録曲には及ばないものの、前者は哀メロの効いたメロディックロック、後者はパンク調の佳曲なのでファンとしては嬉しいオマケです。残念ながらオリジナル作品3枚と「TEARS OF HEART」の発売元であるゼロ・コーポレーションが倒産してしまった関係でそれら4作品の国内盤は廃盤なので、LAST AUTUMN’S DREAM結成前のMikaelを知るには打ってつけのアルバムだと思います。Mikael ErlandssonといえばLAST AUTUMN'S DREAMの人というイメージが強いかもしれませんが、LAST AUTUMN'S DREAMはMikaelだけでなくバンドメンバーのJamie Borger(Ds/TALISMAN etc)や外部ライターが楽曲を手がけるハードロックバンドなのでMikael節の真髄に触れるなら、やはりソロ作品ですね。ちなみに①、⑫、⑰はLAST AUTUMN’S DREAMでカバーしています。

【音源紹介】
・Wish You Were Here


・Open Book

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

かさとりっ子さん

そうですね。これからの季節はミカエルの声にくるまれながら過ごすのも良いですね。哀感をしぼり出しながらも、時々心をほっとさせてくれる彼の声に酔いしれたいです。
このベスト盤と「THE GIFT」があればミカエルのソロワークは一通り押さえられるのではと個人的には思っています。その「THE GIFT」もアップしてみましたので、またよろしければ読んでやってください。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/24(火) 08:14:01
  • [編集]

ジュンビキさん

コメントありがとうございます。
そうですね、ミカエルはメタルではありませんが大好きです。BURRN!誌上でも藤木さんと廣瀬編集長という「メロディアス派」のお2人がミカエルを大プッシュされていて、アルバムライナーノーツも書かれています。
1stと2nd、3rdはやや音楽性が違いますが、根本のメロディセンスは素晴らしいので機会があれば是非!

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/24(火) 08:10:26
  • [編集]

ミカエルベスト

こんばんは。
またまた寒くなってきそうな気配です。こういう季節にはミカエルの声とメロディーがぴったりきます。
ゼロコーポレーションのベストとは違って曲順も過去のソロアルバムの曲を曲の雰囲気にあわせて組み立てられています。
未発表の曲も確かに今一歩という感じですね。でも、ソロのミカエルを聞くのには入門編として手元に置いておきたいアルバムです。GIFTのレビューも楽しみです。長い間ソロアルバムを発表していないですが久しぶりに作って欲しいですね。ラストオータムンの発売も近づてきて待ち遠しいです。

  • 投稿者: かさとりっ子
  • 2009/11/22(日) 19:45:32
  • [編集]

1st

m(_ _)m
1stしか聴いたことないですが良いですよね
Metalでは無いですが音楽的には言いアルバムだと思います
1st 発売当時B紙の藤木君だったかな?聴けよ、ってレビューされていたんで
購入しました。

  • 投稿者: ジュンビキ
  • 2009/11/22(日) 18:53:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する