EDGUY「MANDRAKE」(2001)

  • 2008/11/14(金) 09:24:47

MADRAKE
【No.069】
★★★★(2001)
年間ベスト2001年第7位

若きジャーマンメタルの雄EDGUYの5thアルバム。本作と同年にリリースされたTobias Sammet(Vo)によるソロプロジェクトAVANTASIAが個人的には「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PART 3」と呼びたくなるほど素晴らしい内容だったので、本作にも大きな期待をよせていました。

音楽性としては典型的ジャーマンメタルから脱却しつつあるように思えます。それを象徴するかのように、アルバムの冒頭を飾るのは大仰なイントロダクションでもハイスピードな疾走曲でもなく、AVANTASIAにも通じる壮大かつドラマティックなメロディを持った①Tears Of Mandrakeです。またケルト風味のバグパイプサウンドを使ったミドルチューン③Jersalem、これまで以上に逞しくストロングな仕上がりとなった勢いあるスピードチューン⑤Nailed To The Wheelなどが新味といえそう。もちろんジャーマンメタルの要素もしっかりと含んでいて、②Golden Dawn、④All The Crowns、⑧Fallen Angelといった曲はこのジャンルの中で頭一つ飛び抜けてると思うし、アルバム終盤に登場する⑩Save Us Nowで聴ける明朗かつキャッチーなメロディはジャーマンメタルファン必聴です。ちなみに、この曲の歌詞はバンドの凄腕ドラマーFelix Bohnke(Ds)についてのものだそうで、もちろん彼のドラムソロも楽しむことができます。

初めて聴いた時は、これまでに比べて地味なアルバムかなぁという気もしたけど、繰り返し聴くうちにドンドンはまっていく1枚です。楽曲、演奏ともにこれまでにない余裕が漂っていて、バンドとしての成熟味を感じさせる仕上がりとなっています。ギターチームも他のバンドほど華やかさこそないものの、これまで以上にいい仕事してますね。

【音源紹介】
・Save Us Now

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する