TRICK OR TRAET「TIN SOLDIERS」(2009)

  • 2009/10/31(土) 00:00:00

TIN SOLDIERS
【No.194】
★★★★(2009)
年間ベスト2009年第10位

HELLOWEENのトリビュートバンドとして結成されたイタリア出身の5人組TRICK OR TREATが放つ2ndアルバムにして日本デビュー盤。10月31日のハロウィンで子どもがお菓子を貰うときの決まり文句をバンド名にしているだけでなく、ボーカルはMichael Kiske(Vo/ex-HELLOWEEN)タイプの声質で、HELLOWEENがメロディックメタルの歴史にその名を刻んだ名盤「KEEPER OF THE SEVEN KEYS」に通じるサウンドという前評判通り、所謂「キーパい」音楽性を追求するバンドで爽系のメロディを据えた疾走曲に往年のHELLOWEEN特有のコミカルさも感じさせる作品です。なお、ゲストとしてMichele Luppi(Vo/KILLING TOUCH、ex-VISION DIVINE)が1曲、Michael Kisikeが2曲で参加しています。

この手のバンドにとってはお約束でもある序曲にはメルヘンチックな①A Night In The Toy Shopを持ってきて、わかりやすい疾走曲②Paper Dragonでメロパワファンの心を掴むというベタベタな展開は、わかっていてもグッと来てしまいますね。そんな②を筆頭に④Freedom、⑥Elevator To The Sky、⑨Final DestinationといったHELLOWEEN愛に満ちたスピードチューンもさることながら、それ以外の楽曲も粒揃いだというのがこのバンドの強みではないでしょうか。Micheleが参加した③Take Your Chance、Kiskeがリードボーカルを担当する⑤Hello Moonはメロディアスハードの香りがするし、バンドが標榜する「ピュア・ハッピー・メタル」という表現がピッタリな⑦Loser Song、魅力的なバラードもできると証明してみせた⑧Tears Against Your Smile(Kiskeがゲスト参加)など、フォロワーの一言で片付けてはもったいないと思わせるだけの楽曲がありますね。7分台と本作の中で最も長い曲でもある⑫Human Dramaもボーナストラックには勿体無いクオリティです。ただ、タイトルトラックの2部作⑩Tin Soldiers Pt.1、⑪Tin Soldiers Pt.2の前半部分は2分台のインストなので1曲にまとめた方が良かったかも。

KEEPER時代のHELLOWEENに強い愛着を持つ僕は、あの頃のサウンドの雰囲気を味わえればいいかなという軽い気持ちで本作を買ったのですが、これは久々に現れたメロディックメタル界注目ニューアクトかもしれません。Kiske愛が滲み出るフロントマンAlessandro Conti(Vo)は、やや線の細さを感じさせるものの確かな実力者だと思いますし、何しろ楽曲そのものがとても魅力的です。このバンドには下手にオリジナリティを求めて自分たちの強みを失ってしまうことなく、この路線でこれからも活動してほしいですね。

【音源紹介】
・Loser Song

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

メタリストさん

メタリストさんがおっしゃるようにここまでKEEPERなHELLOWEENサウンドを今出しているバンドは思いつかないので、オリジナルと呼びたい気持ちわかります(笑)

今のHELLOWEENも勿論好きですがKiske時代にHELLOWEENに出会い、ジャーマンメタルへどっぷり浸かった僕としてはこのバンドには頑張ってもらいたいです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/02(月) 08:43:45
  • [編集]

たけちよさん

そうです。去年の今頃はHELLOWEENを重点的に取り上げていたのですが、今年はネタがないため苦肉の策としてこのバンドです(笑)

ここまでストレートに、しかも真っ当にKEEPER時代のHELLOWEEN愛に満ちたバンドは無条件で応援したくなりますね。ボーカルがしっかりしているのが高ポイントです。次回作はバンドにとってある意味「勝負作」になると思うので、焦らずじっくり作って欲しいですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/02(月) 08:37:17
  • [編集]

カイ・ハンセンが大好き!というバンドは知っていましたが、マイケル・キスク愛に
溢れたバンドというのは初めて知りました。
確かに音源を聴く限り、マイケルがいた頃のような明るくキャッチーな
曲が目立っていた、"KEEPER・・・"の頃のHELLOWEENっぽいですよね。
あと、意図的かどうかは分かりませんがサウンド的にもちょっと
懐かしさを感じますね。

ただ、こういうサウンドはもう本家のHELLOWEENもやっていませんし
これがオリジナル!と言っても、問題無いかもしれません。
(流石にそうはいきませんか・・・(笑))
メロパワというよりも、メロディアスHRとしても高く評価される
かもしれませんね。
何だか、メロディが明るくてとても癒されます。

  • 投稿者: メタリスト
  • 2009/11/01(日) 01:26:51
  • [編集]

こんにちは~。

おお、10月31日ハロウィンにちなんで TRICK OR TREAT できましたね!

これだけあの頃のHELLOWEENを体現できていると
フォロワーの域を超えて逆に気持ちいいですよね。
本家には及びませんがヴォーカルもキスクに迫れ!ですし、なによりほんと楽曲がいいですね。
コミカルさも備えてるし、変に大袈裟になっていないところも気に入ってます。

気が早いですが次作の飛躍に期待したいです^^;

  • 投稿者: たけちよ
  • 2009/10/31(土) 15:46:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する