FC2ブログ

陰陽座「金剛九尾」(2009)

  • 2010/01/25(月) 00:00:00

金剛九尾
【N0.215】
★★★★(2009)
年間ベスト2009年第9位

現在の日本メタルシーンの中で僕が最も好きなバンド陰陽座が2009年9月9日にリリースした9作目。「ドラ息子」の愛称で親しまれてきた斗羅(Ds)が正式メンバーではなくサポートメンバー「河塚 篤史」としてバンドに関わっていくことになった新体制(本作のドラムパートは全て河塚によるもの)として初めての作品ですが、そんなバンド内の変化をものともしないアルバムとなっていますね。作品全体の印象としては歌ものハードロック路線だった6th「臥龍點睛」に近く、歌謡テイストが強い作風なのでコアなファンには軟弱になったと言われそうですがクセがなく聴きやすいアルバムだと思います。

前作の「酒呑童子」に続き2作品連続で壮大な幕開けとなる本作はミディアムテンポ①「貘」でスタートします。黒猫(Vo)の透明感ある歌声によるサビを持つこの曲はガツンと来るインパクトに欠けるものの、「金剛九尾」の世界への扉をゆっくりと開いてくれる1曲ですね。メタルバンド陰陽座としての魅力を発散する2つのシングル曲②「蒼き独眼」⑦「相剋」、それらに勝るとも劣らないパワフルな哀愁メタル③「十六夜の雨」島 紀史(G/CONCERTO MOON、ex-DOUBLE DEALER)が好きそうなメタリックリフ(元ネタはRIOT?)と黒猫の力強いボーカルが映える忍法帖シリーズの原点回帰曲⑤「孔雀忍法帖」などの疾走系から黒猫の独壇場となる美麗バラード⑧「慟哭」といったこのバンドらしさに加えて、今回は「ボーカリスト瞬火」の魅力が際立つ陰陽座流ブルーズ⑥「挽歌」のような新機軸もあり楽しめます。そして本作を語る上で欠かせないのが最強の妖怪「九尾の狐」を題材とした3部作の「組曲『九尾』」です。僕の好きな歌謡曲風メロディをサビに据えた⑨「組曲『九尾』~玉藻前」、後半の畳み掛けが素晴らしい9分に及ぶ組曲の中核⑩「組曲『九尾』~照魔鏡」、人間と「九尾の狐」との激しい戦いを象徴するかのようなスラッシーでアグレッシブな⑪「組曲『九尾』~殺生石」と続くこの組曲は聴き応え十分です。ラストに配された恒例のお祭りチューン⑫「喰らいあう」は「Cry Out!(叫べ!)」と聴こえるサビや掛け合いパートなど、バンドとファンがCry Outしながら魂を喰らいあう陰陽座のライブで盛り上がりそうな工夫が仕掛けられた楽しい1曲。エンディングのドラムソロは「陰陽座のドラ息子はこいつだ!」という瞬火(B、Vo)の気持ちの表れなのかな。

デビューしてから10年の間で9枚ものオリジナルアルバムをリリースしていながら、そのどれもが高品質な作品となっている陰陽座は日本が世界に誇れるバンドのひとつだと思うし、本作も安定感抜群の1枚です。もはやベテランバンドらしい風格と余裕すら感じられるほどなのですが、その安定感の一方で「まだ余力を残しているのは?」と思ってしまうのも事実。本作も素晴らしい作品だと思いながらも、前作「魑魅魍魎」を聴き終えた時と同じように次のアルバムではもっと凄いものを聴きたいと思ってしまうんですよね。次のアルバムはいよいよ10枚目となるので、どんな作風になるのか今から楽しみです。コンセプトアルバム?2枚組?瞬火だけでなく各メンバーが積極的に曲を書く?など色々と想像してしまいます。本作に話を戻すと、「和」の要素や妖怪らしさといったバンド初期の個性は確実に薄まってきていますが、瞬火が生み出す珠玉のメロディを極上のボーカルで聴かせる今のスタイルも好きな僕にとっては満足度の高い作品ですね。

【音源紹介】
・「組曲『九尾』~玉藻前」

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

敏紫さん

こちらでもこんばんは。
僕にとって陰陽座はこの10年間、安定したクオリティの作品を届け続けてくれている鉄板バンドです。その安定感を良い意味で裏切ってくれるような作品を期待してしまう僕は贅沢なリスナーかもしれませんが、陰陽座は更に凄いものを作ってくれるんじゃいないかと期待させるものを持ってるんですよねー。今後の活躍が楽しみです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/01/26(火) 21:39:44
  • [編集]

こんにちは。
傑作ですね。歌謡曲風の曲は否定的意見ありますが僕はこのメロディがたまらず好きです。次回作を期待してしまいますね。お気持ちよくわかります。ほんと今から楽しみですね。

  • 投稿者: 敏紫
  • 2010/01/26(火) 09:35:49
  • [編集]

ピッペンさん

こんにちは。
歌謡曲風メロディについてはHR/HMの中で否定的な意見もあるようですが、僕は大好きです。これも陰陽座の持ち味のひとつですよね。組曲「九尾」~玉藻前は初めて聴いたときから、これが本作のキラーチューンになると直感しました。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/01/26(火) 08:29:12
  • [編集]

名盤!

これは傑作だと思います。
特に、前作辺りから前面に出てきた歌謡曲風のメロディが素晴らしいですよね~。よしよさんオススメの“組曲「九尾」~玉藻前”は僕も大好きな曲です!

  • 投稿者: ピッペン
  • 2010/01/25(月) 00:27:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する