FC2ブログ

【CD購入録】陰陽座「金剛九尾」(2009)

  • 2009/09/10(木) 00:00:00

【CD購入録】
金剛九尾
陰陽座「金剛九尾」(こんごうきゅうび)(2009)

2009年9月9日にリリースされた陰陽座の9th「金剛九尾」を買いました。常々、2~3作先までのヴィジョンがあると公言している瞬火(B、Vo)の周到な計画性には感心してしまいますね。3月には斗羅(Ds)が今後は正式メンバーとしてではなく、本名の河塚 篤史名義に戻ってサポートミュージシャンとして陰陽座に関わっていくことが発表され、バンド初のメンバー脱退を経験した陰陽座ですが、その勢いは止まることを知らないようです(ちなみに本作のドラムパートは全て河塚によるもの)。前作「魑魅魍魎」と同じく壮大なミディアムテンポの①「貘(ばく)」で幕を開ける本作は先行シングル②「蒼き独眼(あおきどくがん)」、⑤「孔雀忍法帖(くざくにんぽうちょう)」、1月にシングル「相剋/慟哭」として発表された⑦「相剋(そうこく)」といったメタリックチューンを軸にヴィジュアル系っぽい④「小袖の手(こそでのて)」、陰陽座流ブルーズ⑥「挽歌(ばんか)」、美しいバラード⑧「慟哭」(どうこく)など表情豊かな楽曲が並びます。ハイライトは「黒塚」(3rd「煌神羅刹」収録)、「義経」(6th「臥龍點睛」収録)に続く組曲の第3弾にあたる「組曲『九尾』」ですね。ディスコ調にも思える導入部から歌謡曲風の絶品サビメロへ至る⑨「組曲『九尾』」~玉藻前(くみきょく「きゅうび」~たまものまえ)、めまぐるしい展開で組曲の中核を成す⑩「組曲『九尾』」~照魔鏡(しょうまきょう)、組曲ラストはバラードという予想を見事に裏切る高速メタリックチューン⑪「組曲『九尾』」~殺生石(せっしょうせき)の3部作からなる濃密な音世界は聴き応え抜群です。 これから本格的に聴き込んでいきますが、2009年の新譜の中でもお気に入り度上位に入ることはほぼ確実な1枚。前作からちょうど1年というハイペースで、ここまでの作品を生み出すバンドのブレイン瞬火の創作意欲は底なしですね。10作目となる次のアルバムは2010年10月10日発売かな?なんて思ってしまいますが、まずは「金剛九尾」をじっくり味わいたいと思います。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

40代のオヤジさん

こんばんは。
僕も黒猫さんは歌唱力だけでなく、ルックス、立ち居振る舞いも含めて大好きな女性シンガーです。アニソンっぽいという声もありますが、この人の表現力はやっぱり並外れていると思います。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/09/10(木) 21:09:35
  • [編集]

この作品はまだ聴いてませんが黒猫さんが好きだったりします 笑

  • 投稿者: 40代のオヤジ
  • 2009/09/10(木) 05:14:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する