GOTTHARD「ONE TEAM, ONE SPRIT THE VERY BEST」(2004)

  • 2009/09/13(日) 00:00:00

ONE TEAM ONE SPIRIT
【No.178】
★★★(2004)

スイスの国民的メロディック・ロックバンドGOTTHARDの2枚組ベストアルバムで、このバンドのベスト盤としては2作目にあたります。前回の「ONE LIFE, ONE SOUL - BEST OF BALLADS +1」はタイトルが示す通りバラードに絞った選曲でしたが、今回は「ハードな曲でロックしたい時、メロウな曲に浸りたい時、それぞれの気持ちに合わせて楽しめるようにしたい」というバンドの意図から楽曲をロックサイド(Disc-1)とバラードサイド(Disc-2)に分けていて、GOTTHARDのハードな面、ソフトな面それぞれにスポットを当てた作品となっています。流石にこれまで良質な楽曲を多数リリースしてきたバンドだけあって、ここに収録されている曲はどれも一定水準を軽くクリアしたものばかりで名曲もしっかりと含まれています。

そんな充実の既発曲に加えて、本作のDisc-1とDisc-2にそれぞれ2曲ずつの新曲が収録されている点も見逃せません。しかも、勇壮でドラマティックなメロディ展開で曲が進行するDisc-1⑧Inside Out、重厚感と力強さを併せ持ったミッドテンポ⑫Fire And Ice、アテネオリンピックのスイス代表チームの公式テーマソングとしてシングルカットもされたパワーバラードDisc-2④One Team, One Spirit、前作「HUMAN ZOO」のアウトテイクというのが信じられない⑬What About Loveと、新曲のどれもがベスト盤の収録曲と比べて遜色ないことに驚かされます。ベスト盤に収録される新曲というとアルバムの最後に入れられることが多いですが、これら4曲はバラバラの曲順に並べられていることからもバンドの新曲に対する自信が窺えますね。また5th「HOMERUN」収録の名曲をピアノアレンジしたDisc-2⑰Everything Can Change(Piano Version)もファンにとっては嬉しい1曲です。

「GOTTHARD最大の魅力はバラードにある」と考える僕は、やはりDisc-2をよく聴いています。ホント、このバンドのバラードの素晴らしさと来たら、時にはBON JOVIJOURNEYといった大御所をも凌駕すると思えるほどです。Disc-2唯一の難点を挙げるとすれば⑯One Life, One Soulでしょうか。本作に収録されているのはオペラ歌手Montserrat Caballeとのデュエットバージョンなのですが、Steveの声との相性があまり良くなく違和感ありまくりです。Disc-1に関しては「何故、この曲が入ってるの?」というものはありませんが、収録曲の大半がどっしり構えたミディアムテンポのロックソングであるためアップテンポのロックナンバーも入れて欲しかったような気もしますね。1st「GOTTHARD」のMean Street Rocket、2nd「DIAL HARD」のHigher、Here Comes The Heat、Open Fire、3rd「G.」のRide On、Hole In Oneのような楽曲が2~3曲あれば緩急がついて更に良かったかな。そんなこんなで気になる点があるのは事実だし、2002年に制作されたベスト盤との間にオリジナルアルバムを1枚しか発表していないというリリースのタイミングなど疑問点も残りますが、2枚で全36曲というボリュームで代表曲は押さえてあるので、GOTTHARDをこれから聴くという方には絶好の入門盤となると思います。

【トラックリストと収録アルバム】
Disc-1 Rock Side
01. Sister Moon (3rd「G.」)
02. Mighty Quinn (3rd「G.」)
03. Mountain Mama (2nd「DIAL HARD」)
04. Top Of The World (6th「HUMAN ZOO」)
05. Eagle (5th「HOMERUN」)
06. Human Zoo (6th「HUMAN ZOO」)
07. What I Like (6th「HUMAN ZOO」)
08. Inside Out (新曲)
09. Movin' On (3rd「G.」)
10. Why Don't We Do It (2nd「DIAL HARD」THE BEATLESのカバーCome Togetherのイントロとなっていた部分)
11. Make My Day (3rd「G.」)
12. Fire & Ice (新曲)
13. Fist In Your Face (3rd「G.」)
14. No Tomorrow (6th「HUMAN ZOO」)
15. Light In Your Eyes (3:56)
16. Cheat & Hide (4th「OPEN」)
17. Standing In The Light (1st「GOTTHARD」)
18. Hush (1st「GOTTHARD」)
19. Firedance (1st「GOTTHARD」)

Disc-2 Ballads Side
01. Homerun (5th「HOMERUN」)
02. Have A Little Faith (6th「HUMAN ZOO」)
03. Reason To Live (5th「HOMERUN」)
04. One Team, One Spirit (新曲)
05. Heaven (5th「HOMERUN」)
06. All I Care For (1st「GOTTHARD」)
07. Love Soul Matter (アコースティックライブ盤「D FROSTED)
08. Still I Belong To You (6th「HUMAN ZOO」)
09. Let It Rain (4th「OPEN」)
10. You (4th「OPEN」)
11. Say Goodbye (5th「HOMERUN」)
12. Let It Be (3rd「G.」)
13. What About Love (新曲)
14. Janie's Not Alone (6th「HUMAN ZOO」)
15. First Time In A Long Time (6th「HUMAN ZOO」)
16. One Life, One Soul (3rd「G.」)
17. Everything Can Change (Piano Version) (5th「HOMERUN」収録曲の別バージョン/未発表曲)

【音源紹介】
・Inside Out


・One Team, One Spirit

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ピッペンさん

One Life, One Soulのデュエットはかなり期待値が高かっただけに…。
といいつつ本作のDisc-2はここ数ヶ月間車に置いたままでドライブの度に愛聴しております。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/09/14(月) 08:22:47
  • [編集]

僕もこの"One Life, One Soul"にはガッカリデシタ…。
ですが、ベスト・アルバムとしては結構聴いている一枚です。

  • 投稿者: ピッペン
  • 2009/09/13(日) 18:37:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する