GOTTHARD「GOTTHARD」(1992)

  • 2009/08/18(火) 00:00:00

GOTTHARD.jpg
【No.170】
★★★(2009)

後にスイスを代表するハードロックバンドへと成長を遂げるGOTTHARDのデビューアルバム。スイス出身のバンドとして成功を収めたKROKUSのシンガーChris Von Rohrがプロデュースを手がけ、同じく日本盤もリリースしていたスイスのバンドCHINAに在籍していたMarc Lynn(B)がメンバーに含まれているとはいえ、Leo Leoni(G)Steve Lee(Vo)というこれまで無名で若い2人を中心とするバンドとは思えないほどクオリティの高い楽曲に驚かされます。僕は3rdアルバム「G.」(1996)以降の作品からGOTTHARDを聴いていて「巧い」というイメージは持っていましたが、こんなにも「熱い」バンドだったんですね。

まずはオープニング曲①Standing In The Lightが強力なハードロックナンバーで、続く②Downtownと共にスケールの大きなロックサウンドで僕の心をグッと掴んでくれます。その他にも、ドライヴ感とオルガンサウンドが気持ちいい⑤Mean Street Rocket⑦Take Me、⑨Lonely Heartache、Leoの熱いギターをフィーチュアした⑩Hunterなど、メロディアス志向を強めた4th「OPEN」以降の作品では味わえないストレートな曲調が本作の魅力ですね。また、それだけではなく本国スイスでブレイクした要因のひとつであるバラード系の素晴らしさもこの頃から既に確立されていて、Steveが声を張り上げてエモーショナルに歌うパワーバラッド⑧Angel、徐々に盛り上がっていくメロディに聴き入ってしまうアコースティック調の⑪All I Care Forもお見事。⑧はアコースティックライブ盤「D FROSTED」のバージョンを聴いて名曲だと思っていましたが、よりドラマティックな仕上がりとなっている本作のバージョンの方が僕は好きですね。

後の作品よりもLeoのギターに逞しさがあり、Steveの歌声にも熱がこもっていて楽曲から若々しさが滲み出ていながら、どこか大物の風格すら漂う安定感もある文句なしのデビューアルバムと呼べる本作を聴いていると「昔(この頃)のGOTTHARDに戻って欲しい」という声が根強いのも納得です。メロディックロック路線にシフトした今のGOTTHARDも好きですが、本作のように荒々しくガツンと来るハードロックをもう一度聴いてみたい気もしますね。

【音源紹介】
・Angel

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ピッペンさん

こんばんは。
「G.」以降のGOTTHARDしか知らなかった僕にとって、この1stは衝撃的ですらありました。ほんと、これがデビュー作?って1枚ですよね。ジャケは本作に限らず「?」なものが多いGOTTHARDですが、メロディックロックの安心ブランドになってます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/08/24(月) 23:26:57
  • [編集]

名盤1

こんにちは。
GOTTHARDの1stはいいですよね~。ギンギンに(?)HRしているのがいいです。デビュー盤とは思えない完成度ですよね。ジャケットは「?」ですけど…(苦笑)

  • 投稿者: ピッペン
  • 2009/08/23(日) 12:27:02
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する