GOTTHARD「HOMERUN」(2001)

  • 2009/09/01(火) 00:00:00

HOMERUN.jpg
【No.175】
★★★(2001)

前作「OPEN」でストレートなハードロックから歌メロ重視のメロディックロックへと転身を遂げたGOTTHARDの5thアルバム。全体の印象として前作ほどのアコースティック色はないもののバンドのハードロック離れは確実に進んでいて、バラードが占める割合もこれまで以上に高いですね。この音楽性の変遷に対して、バンド初期のサウンドに思い入れの強いファンは離れていくかもしれませんが、それ以上に普段ハードロックを聴かない人を新規ファンとして取り込めそうなほどに聴きやすい作品に仕上がっています。

アルバムジャケットにもあるブーメランが風を斬りながら飛んで行く音のSEによるイントロ①Wung Ga-Liに続く事実上のオープニング曲②Everything Can Changeの優しい音色が聴こえてきた時点で、一気にこの作品の爽やかな世界に引き込まれます。曲の中で効果的に使われたトーキングモジュレーターがLivin’ On A PrayerIt’s My Lifeを連想させるBON JOVI風ハードポップ④Light In Your Eyes、このバンドの作品に必ずといっていいほど存在するキラーバラード⑤Heaven、胸にじんわり広がるメロディに心がほっこり温まるアコースティックバラード⑥Lonely Peopleを収録したアルバム前半は見事という他ありません。3曲目という、カバー曲にしては珍しい曲順に配置された③Take It Easy(原曲はANDY TAYLOR)もバックの手拍子が楽しいムードを演出するポップロックで、②と④を繋ぐ絶妙な選曲ですね。エキゾチックで民族的な雰囲気もある⑦Eagle以降は少しまったり気味ですが、看板シンガーSteve Lee(Vo)が他の曲とは若干異なるボーカルアプローチを見せる⑨Say Goodbye、後にリリースされるバラードベスト、2枚組ベスト盤の両方に収録されている⑩Reason To Liveというバラード2連発、ライトタッチの爽快チューン⑪Come Alongを経てタイトルトラックにして名バラード⑫Homerunで締めくくる辺りは流石です。欧州的な哀メロ系だけでなく、⑫のようなアメリカンスタイルの感動的なバラードも書けるというのが、このバンドの強みですね。

ハードな音が聴けるのは⑧End Of Timeと日本盤ボーナスには勿体ない⑬Dirty Weekendくらいなので、ハードロックバンドの枠で括っていいのか迷うところですが、とにかく感動的なメロディを上手いシンガーが歌うロック作品を探しているなら、本作はそのニーズに合った1枚ではないでしょうか。ロックソング(②、④)、バラード(⑤、⑥、⑫)の両方でGOTTHARDを代表する楽曲が収録されている作品なので、このバンドの入門盤としても最適なアルバムかもしれませんね。ただ個人的な好みでいうとFAIR WARNINGTERRA NOVAに比べて、作品全体を楽しむというよりも大好きな曲を引っ張り出して楽しむバンドという印象が拭えませんが…。

【音源紹介】
・Homerun(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

敏紫さん

僕もこのアルバムは購入当初より今の方が好きです。
GOTTHARDの初期作品再発リストの中に本作が入ってなかったのは残念ですね。入手困難なこういう作品こそ再発して欲しいものです。
あ、でもレンタルでは結構見かけますよ。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/09/02(水) 20:36:09
  • [編集]

WIDOWのファンさん

GOTTHARDはBURRN!誌でも毎回高得点を獲得してますね。
LOUD PARK09にも参戦決定とのことなので、多くの人にこのバンドの曲が届けば嬉しいです。LOUD PARK09のオーディエンスがGOTTHARDのリスナーかどうか微妙な気もしますが、FAIR WARNING、H.E.A.Tも参戦するのでメロハーファンが今年は増えるのかもしれませんね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/09/02(水) 20:34:25
  • [編集]

こんにちは。
このアルバム大好きなんです。
以前は気だるかったんですが、今は良く聴きます。
初期のアルバムが再発されてましたが、このアルバムはされてませんでした。
ほんとに入門に最適でいろんな方に聴いてほしいのですが、手に入りづらいんですよね・・・。

  • 投稿者: 敏紫
  • 2009/09/01(火) 15:51:09
  • [編集]

なつかしいです☆

私はこのアルバムがゴットハード初体験で、
当時よく聴いておりました。

BURRN!のCDレビューでやけに点数が高かったので、
勉強のために買ったというのが本当のところで・・・
CDを売ってしまったので今は聴いてないです、ハイ。

  • 投稿者: WIDOWのファン
  • 2009/09/01(火) 00:48:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する