【CD購入録】PRAYING MANTIS「SANCTUARY」(2009)

  • 2009/07/26(日) 00:00:00

【CD購入録】
SANCTUARY.jpg
PRAYING MANTIS「SANCTUARY」(2009)

フロントマンが固定できないという課題はあるものの、哀愁のメロディセンスは一級品の英国産メロディックロック/メタルバンドPRAYING MANTISの8作目を買いました。このバンドの作品にハズレはないと思いつつも、3rd「CRY FOR THE NEW WORLD」~5th「FOREVER IN TIME」の3枚しか持っておらず、6th以降は試聴だけで購入にまで至らなかった僕ですが、本作は最高傑作だった3rdに肉薄しそうなほどに充実したアルバムだと思います。ウェットな哀メロを聴かせる従来のスタイルを軸に、本作ではメロディックメタル寄りの①In Time、④So Highや80年代産業ロック風の⑩Highwayなど、楽曲の幅が広がっているように感じられます。①のサビはどこかJohn West(Vo)在籍時ROYAL HUNTを思い出しますね。勿論、このバンドの強みである哀メロナンバーも粒が揃っていて⑤Turn The Tide~⑧Playing Godの流れはかなりお気に入りです。新加入のボーカルMike Freelandは無名(少なくとも僕は知りませんでした)ながら、疾走曲では伸びやかなハイトーン、バラード系では愁いあるハスキーボイスを披露してくれていて、PRAYING MANTISの歴代シンガーの中でも評価の高かったColin Peel(Vo)に力強さを加えたような印象です。Chris Troy(B)、Tino Troy(G)を除いたメンバーは一新されていますが、この2人がいればPRAYING MANTISとして成り立つんだろうし、新加入のメンバーも早速曲作りに関わるなどしているので、このラインナップが維持できるのであれば今後にも期待してしまいますね。まずはこの「SANCTUARY」にドップリ浸りたいと思います。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する