FC2ブログ

BAD HABIT「ABOVE AND BEYOND」(2009)

  • 2009/08/11(火) 00:00:00

ABOVE AND BEYOND
【No.169】
★★★★(2009)
年間ベスト2009年第6位

メンバーのほとんどがミュージシャン業の他にも仕事を持つことで生計を立てているという事実が信じられないほどに、優れたメロディックロック作品を届けてくれるBAD HABITの5thアルバム。3rd「ADULT ORIENTATION」がこのバンドにとってだけでなく、メロディックロック界においても屈指の名盤だと思っている僕にとって、前作はダークでモダンなアレンジが施されたハードロック路線だったので聴き始めの頃は違和感を覚えました(後に好きな作品にはなるのですが)。本作は端的に言えば「ADULT ORIENTATION」のようなAORサウンドをベースに、前作にあったハードロック色を味付け程度に含んでいるという感じですね。

Bax Fehling(Vo)がピアノをバックに優しいメロディを歌い上げる①I Don’t Want Youの冒頭部分を聴いた時点で澄み切った青空が脳裏に浮かび、僕の心はBAD HABIT特有の爽やかな音世界へと導かれていきます。前作にも通じるモダンなイントロから歌謡曲風のサビメロへと展開する名曲②Just A Heartbeat Away、「ADULT ORIENTATION」収録のHeart Of Mineの続編にして、一聴しただけで耳に残るキャッチーなメロディを持つ③Don't Want To Say Goodbyeと至る3曲の流れは素晴らしいの一言。メインソングライターHal Marabel(G)がフィアンセへの気持ちを楽曲に込めたラブソング④Let Me Be The One、Baxの作曲による軽快な⑤A Lot To Learnまでを聴いたところでは、3rd寄りの楽曲を揃えてきたのかと思いましたが、その後に登場する中盤の楽曲では前作でその実力を見せつけてくれたSven Crinski(G)が活躍するシーンも多くなってきます。前作に入っていてもおかしくない骨太チューン⑥I Believe、Svenのエモーショナルギターと広がりのあるメロディが印象的なタイトルトラック⑦Above And Beyond、溌剌とした曲調がTERRA NOVAを連想させる⑧My Confessionの3曲は、このアルバムがハードロック作品であることをしっかり主張しています。ひたすらメロディアスな⑨Let Me Tell Youの後にもう一山欲しかったような気もしますが、それはあくまで本作序盤の見事な流れと比較しての話であって、アルバム全編が優しい旋律で満たされていまることは間違いありません。

メロディは一級品だけどハードロックにしてはソフトな3rd、適度にヘヴィでハードロック色を強めた反面メロディの魅力がダウンした4thという過去2作品にあった数少ないウィークポイントを補い合ったのが本作といえるかもしれませんね。僕はソフトであっても優れたメロディがあれば満足するタイプなので、3rdに迫るメロディのクオリティを誇るアルバム前半(特に②と③)が聴けただけで元が取れました。それにしても、このバンドが書く素晴らしい楽曲を一部のメロディックロック・ファンだけで味わっていて良いのでしょうか。普段はハードロックを聴かない人も十分過ぎるほどに楽しめる作品だと思うのですが…。ちなみに普段はHR/HMを全く聴かない僕の奥さんもBAD HABITファンです。

【音源紹介】
・Just A Heartbeat Away

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

pankinさん

嬉しいコメントをありがとうございます。
Just A Heartbeat Awayは今年に聴いた楽曲の中でも5本の指に入るお気に入りです。BAD HABITの作品では「ADULT ORIENTATION」もお薦めです。特に3曲目は最高です。
聴いたCDについて好きなこと書いているこんなブログですが、これからも読んでいただけるように更新していきますね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/08/13(木) 07:50:56
  • [編集]

演奏技術に関しては何にも知らないので言えないですが
単純に『良い!』と聴いたとき思いました☆
メロディーが最高です!

特にサビなんか最高級です

これからもよしよさんのCDレビュー楽しみしてます♪

  • 投稿者: pankin
  • 2009/08/11(火) 10:04:35
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する