【現在の愛聴盤】STRATOVARIUSの初期4作品

  • 2009/04/05(日) 09:23:07

【現在の愛聴盤】
Timo Tolkki(G/ex-STRATOVARIUS)を除くSTRATOVARIUSのメンバーが新ギタリストMatias Kupiainenを迎えて5月に通算12作目のアルバム「POLARIS」を発表すると言えば、自身の新バンドREVOLUTION RENAISSANCEの2作目を3月にリリースしたTolkkiも、Antti Ikonen(Key)Tuomo Lassila(Ds)という元STRATOVARIUS組を呼び戻して「RETURN TO DREAMSPACE」(仮題)なる作品を9月に発表すると宣言するなど、STRATOVARIUS周辺がにわかに慌しくなってきた今日この頃。
復習の意味も兼ねてSTRATOVARIUSの1作目~4作目を聴いています。

僕の中でSTRATOVARIUSというバンドは、

Tuomo LassilaとTimo Tolkkiが二人三脚で牽引していた第一期
1st「FRIGHT NIGHT」(1989)
2nd「TWILIGHT TIME」(1992)
3rd「DREAMSPACE」(1994)
4th「FOURTH DIMENSION」(1995)

黄金のラインナップが揃い、メロディック・パワーメタルの覇者として君臨した第二期
5th「EPISODE」(1996)
6th「VISIONS」(1997)
7th「DESTINY」(1998)
8th「INFINITE」(2000)

メロパワから少し距離を置くと同時にメンバー間にピリピリムードが出てきた第三期
9th「ELEMENTS PART1」(2003)
10th「ELEMENTS PART1」(2003)
11th「STRATOVARIUS」(2005)

という期間で分けて見ています。Tolkki脱退後は第四期ということになりますね。

現在リピート中の第一期作品4枚については、僕にとって名曲と呼べるものが存在する反面、どうしても好きになれない楽曲も多くて1枚の作品として聴くよりも好きな楽曲をピックアップして聴くアルバムという印象が強いです。

「FRIGHT NIGHT」(1989)
FRIGHT NIGHT
まだ荒削りな部分が多くダイヤの原石状態だったデビュー作。
【お気に入り曲】
⑨Goodbye


「TWILIGHT TIME」(1992)
TWILIGHT TIME
バンド初期の名曲Hands Of Timeを収録した日本デビュー盤。
【お気に入り曲】
②Hands Of Time
⑦Out Of The Shadows


「DREAMSPACE」(1994)
DREAMSCAPE.jpg
Timo Tolkkiがボーカルも兼任していた体制でのラストアルバム。好きな曲も多いのですが、15曲収録と曲数が多いのが玉に瑕。
【お気に入り曲】
①Chasing Shadows
③Eyes Of The World
④Hold On To Your Dream
⑥We Are The Future
⑦Tears Of Ice
⑬Shattered


「FOURTH DIMENSION」(1995)
FOURTH DIMENSION
専任ボーカリストTimo Kotipelto(Vo)が加入し、メロディック・パワーメタル色が濃厚に。僕が初めて聴いたSTRATOVARIUSの作品はこれです。
【お気に入り曲】
①Against The Wind
②Distant Skies
③Galaxies


お気に入り曲として挙げた楽曲は、今聴いても素晴らしいと思える曲が多いです。

実はこれら4作品を僕がHR/HMと出会った1995年に買い揃えて以降、9th「ELEMENTS PART1」までチェックしていたのですが、社会人になった時に「VISIONS」、「DESTINY」、「INFINITE」以外を売ってしまっていたので最近レンタルしてi-podに取り込みました。また、一緒に「EPISODE」、「ELEMENTS PART1」と未聴だった「ELEMENTS PART2」、「STRATOVARIUS」もレンタルしたので、しばらくはストラト漬けの日々を送ることになりそうです。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する