FC2ブログ

ARMAGEDDON「THREE」(2002)

  • 2010/07/17(土) 00:00:00

THREE.jpg
【No.246】
★★(2002)

Christopher Amott(G/ARCH ENEMY)のソロプロジェクトARMAGEDDONの3作目。デビュー作はメロデス、2作目は正統派メタルと作品毎に音楽性の違うアルバムをリリースしてきたCristopherが今回は70~80年代風ハードロックに挑戦しています。しかもリードボーカルはChristopher自身が兼任していて特筆すべき上手さはないものの、その素直な歌声は独特の味わいがあって楽曲にマッチしています。以前にMichael Amott(G/ARCH ENEMY)が「弟のChristopherは天才肌」とコメントしていたのを読んだことがありますが、ギターのみならずボーカルまでこなしてしまう彼の豊かな才能を再認識しました。ちなみに本作からボーカル兼ギターのChristopherとリズム隊2人(EUCHARISTというバンドにいたベーシストTobias GustafssonARCH ENEMYの僚友Daniel Erlandsson)というトリオ編成になっています。

リードギターに関してはやはり1stと比べるとフィーチュア度が低めなのが残念ですが、バラード⑤Well Of Sadnessのエンディングで徐々に加速していくドラマティックギターなどもあり十分に魅力的です。楽曲面で見ても本作のハイライトといえそうな前述の⑤に加えて、攻撃的でメタリックなリフが押し寄せてくる②Burn The Sun、良質ハードロック③Stranglehold、ノリのいいキャッチーメタル⑦Winter Skies、ボーカルラインが耳に残る⑧Final Destinationなどメロディの印象度は前作に負けていないと思います。

ただ前作同様、これ!というキラーチューンがないために、本作も聴き終えた時の感想が「まあまあ良いね」止まりなのが惜しいかな。メロデス畑出身のDanielによるドラムは、この手のハードロックには激し過ぎるように感じるのも気になる点でしょうか。メロデス以外の音楽でChristopherのギターが聴ける嬉しさ半分、彼のギター以外にアピールする決め手に欠けるもどかしさ半分という1枚ですね。本業ARCH ENEMYと異なるジャンルを楽しめる理想的なサイドプロジェクトに思えたARMAGEDDONでしたが本作を最後に消滅してしまっていて、Christopher自身「もう2度とARMAGEDDON名義で活動することはない」と公言しているようです。事実、2010年5月にリリースしたソロ作品もARMAGEDDONではなくChristopher Amott名義となっています。

【音源紹介】
・Well Of Sadness

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

メタラーまっちゅさん

こんにちは。
アルマゲドンの2ndと3rdはアークエネミーで活かしきれないクリストファーの魅力が詰まってると思います。そしてギターだけでなくボーカルまでもこなしてしまうんですから只者ではないですよね。僕の中でアルマゲドンの1stアルバムでのクリストファーの名演が衝撃的過ぎてそれ以降のアルマゲドンに「あの時の衝撃」を求めてしまってるのですが、どの作品も好きです。
そういえばスピリチュアルベガーズも8月に新作を出しますよね。シンガーの交代がちょっとショックですがマイケルのあのギターがまた聴けると思うと楽しみです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/07/18(日) 13:44:13
  • [編集]

アルマゲドンで唯一私が持っているアルバムなんですが、アーク・エネミーとは
また違ったアプローチのクリストファーが聴けて、結構好きなアルバムですね。
まぁ、ちょっとギタリストに向けた作風であるとも思いますが。
しかし歌もこんなに歌えるのかよ~って結構嫉妬しましたねw

もともと私はアモット兄弟では断然クリストファーが好きなんですが、やっぱり
お兄ちゃんのスピリチュアル・ベガーズよりもこっちが好きでした。

  • 投稿者: メタラーまっちゅ
  • 2010/07/18(日) 10:15:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する