FC2ブログ

LAST AUTUMN'S DREAM「LAST AUTUMN'S DREAM」(2003)

  • 2009/11/29(日) 00:00:00

LAST AUTUMNS DREAM
【No.202】
★★★(2003)

レコード会社の紹介で北欧屈指のメロディメイカーMikael Eralndsson(Vo)と泣きのギターの名手Andy Malecek(G/ex-FAIR WARNING)がタッグを組み、そのバックをMic Michaeli(Key)、John Leven(B)、Ian Haugland(Ds)というEUROPEのメンバーサポートするという夢のようなバンド(この当時はプロジェクトという印象が強かったですが)LAST AUTUMN'S DREAMのデビュー作。全体的にFAIR WARNING色は薄くて、Mikaelの作品にAndyが参加したかのようなこのアルバムはMikaelの前作ソロ「THE GIFT」にハードロックらしいエッヂが加わったような作風となっています。

楽曲の方はというと、この2人の名前から期待する「叙情メロディ満載でキャッチーな楽曲にエモーショナルなギター絡む」というスタイルそのものズバリな①Again And Againがいきなり炸裂する申し分のないスタートを切ります。ただMikaelが曲作りに関与せず外部ソングライターが提供した楽曲も多いためか、予想していたほど強力な哀メロの畳み掛けはなく中盤から後半にかけては少し弱いかなと思う部分があるのも事実。とはいってもこれはMikael Erlandssonというソングライターの過去作品と比べての話であって、本作も並みのメロディックロックバンドに比べると平均を軽く上回る仕上がりとなっています。お気に入り曲は前述の①、Andyのギターが大活躍する④Break The Chain(Of Destiny)、甘酸っぱいメロディが胸に滲みる⑩Movin' On、いかにもMikaelらしいバラード⑪Going Homeですね。

また、この2人が組むと聞いた時点で期待せずにはいられなかったそれぞれのバンドのリメイク曲もしっかり収録されていて、FAIR WARNINGの②Pictures Of Love(2nd「RAINMAKER」収録)、Mikaelの⑦The One(1st「THE 1」収録)ともに出色の出来。FAIR WARNINGの中でも比較的ソフトでMikaelの哀愁ボイスとマッチする②はナイスチョイスだし、⑦は新たなアレンジを施したことでオリジナルを上回る出来栄えとなっています。余談ですが⑦は僕の結婚式でも使わせてもらいました。ソロ活動では補い切れなかった話題性を手にしたMikael、FAIR WARNINGではセカンドギタリストの座に甘んじていたものの、その実力を遺憾なく発揮できる場を得たAndyの両方にとって意味のあるプロジェクトであるだけでなく、メロディックロック系に明るい話題が少なかった2003年の目玉ともいえるニューバンドのアルバムとして愛聴していた作品です。

【音源紹介】
・Pictures Of Love

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ピッペンさん

ピッペンさんもミカエル信者ですか。僕もです(笑)
①にはミカエルらしさがギュギュッと凝縮されてますよね。アルバム毎にキラーチューンを必ず入れてくれるLADの中でもやはりAgain And Againは頂点に位置する1曲だと思っています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/30(月) 19:10:17
  • [編集]

かさとりっ子さん

①はもう掛け値なしの名曲ですよね。デビュー作の1曲目にこんな素晴らしい曲を持ってきてくれたLADに当時は感激しました。僕は本作についてはさほど気になりませんでしたが確かに2ndは音質に難あり、3rd以降はバンド感がグッと増しましたよね。LADば真の意味でバンドとなったのは3rd以降と捉えています。
寒くなるこの季節はLADを聴きながら過ごしますので、がんばって全作品を紹介したいと思います。またコメントいただけると嬉しいです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/30(月) 19:08:31
  • [編集]

いいアルバムです

ラジオで①を聴いた時の感激は忘れません。ミカエル節炸裂の哀愁美メロ。この1曲だけでいいアルバムと断言してしまうミカエル信者なワタシです(笑)

  • 投稿者: ピッペン
  • 2009/11/30(月) 08:41:51
  • [編集]

よしよさん

ついにラストオータムン1stの登場ですね。
①曲目を聞いたとき思わずガッツポーズをしてしまったという記憶があります。②⑦のカバーも選曲とアレンジが良かったと思います。作品としてはプロジェクト色が濃いですが充実した内容だと思います。
1stと2ndはちょっとマスタリングが弱い気がしますが3rdあたりから音質がグッと良くなりました。
11月も終わりですね。ラストオータムンのレビューアルバム発売までに頑張って全作品紹介して下さい。
また時々コメントさせていただきます。

  • 投稿者: かさとりっ子
  • 2009/11/30(月) 01:36:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する