【年間ベスト】2008年

  • 2009/04/01(水) 08:14:47

「舞い降りてきた音楽の記録」というブログタイトルに則って、僕が本格的に音楽を聴き始めた1995年以降の年間ベストランキング記事を更新していきます。選出基準等はこちら
僕が2008年に買ったCDはこちら

ブログで紹介済みのアルバムは、その記事にリンクしています。

2008年
【アルバム】
新譜
1.ROYAL HUNT「COLLISION COURSE : PARADOX Ⅱ」
COLLISION COURSE PARADOX2.jpg
リンクさせていただいているブロガーさんの間でも本作を挙げている方は少ないですが、「PARADOX」に強い思い入れを持つ僕としては本作こそが2008年を代表する1枚です。
大好きな1曲:⑧Tears Of The Sun

2.THE DUST'N'BONEZ「COCKSUCKER BLUES」
COCKSUCKER BLUES
「このバンドが世の中を変えるようなことはおそらくない。が、あなたのロック観を変えてしまう可能性は、とても高いはずだ。」という音楽ライター増田 勇一氏の言葉に大きく頷きたくなる日本産ハードロック珠玉の1枚。
大好きな1曲:③「孤独にその肩を借りて」

3.CRAZY LIXX「LOUD MINORITY」
LOUD MINORITY
骨太でソリッドなBON JOVI、または北欧らしい愁いあるメロディを導入したSKID ROWと表現できそうな僕好みの80年代メロディックロックサウンドが満載。
大好きな1曲:⑦Heroes Are Forever

4.JOURNEY「REVELATION」
REVELATION
フィリピン人ボーカリストArnel PinedaがJOURNEYを甦らせた。JOURNEYは今を生きるバンドだという高らかな宣言が聞こえてくる1枚。
大好きな1曲:⑥After All These Years

5.陰陽座「魑魅魍魎」
魑魅魍魎
上手く表現できないんだけど、本作でバンドとしての格が大きく向上したように思います。今から次回作が凄く楽しみです。
大好きな1曲:⑦「魃(ひでりがみ)」

6.TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「THE SCARECROW」
THE SCARECROW.jpg
メロディックパワーメタル色は後退したものの、Tobias Sammetの幅広いソングライティング能力を味わうにはうってつけの一品。
大好きな1曲:②The Scarecrow

7.EMIR HOT「SEVDAH METAL」
SEVDAH METAL
東バルカン地方のトラッドミュージック「Sevdah(セヴダ)」を程よいアクセントとして取り入れたネオクラシカルメタルが楽しめる好盤。John West(Vo/ex-ROYAL HUNT)、Mike Terrana(Ds/MASTERPLAN、ex-RAGE)といった実力派のサポートも魅力。
大好きな1曲:⑦Endless Pain

8.STORMWARRIOR「HEADING NORTHE」
HEADING NORTHE
漢臭く熱いヘヴィメタルアルバムの新たな名盤。2008年に最もメタル魂を熱くしてくれたのは本作です。
大好きな1曲:②Heading Northe

9.LAST AUTUMN'S DREAM「DREAM CATCHER」
DREAM CATCHER
やはりこのバンドにハズレはありません。これまで以上に「メロウ」な魅力に満ち溢れたアルバム。
大好きな1曲:③Hold On To My Heart

10.SEVENTH WONDER「MERCY FALLS」
MERCY FALLS.jpg
「IMAGES AND WORDS」期DREAM THEATERをパワーメタリックに仕上げたかのような極上サウンドが織り成すコンセプトアルバム。
大好きな1曲:⑤Tears For A Father

旧譜
1.AXXIS「DOOM OF DESTINTY」(2007)
DOOM OF DESTINY
ジャーマンスタイルのメロディックパワーメタルとしては最近聴いた中でもダントツのお気に入り作品。ツインボーカルの使い方も絶妙。
大好きな1曲:⑨She's Got Nine Lifes

2.CRYSTAL VIPER「THE CURSE OF CRYSTAL VIPER」(2007)
THE CURSE OF CRYSTAL VIPER
女性シンガーLeather Wych(Vo)をフロントに据えたポーランドのピュアメタルバンドによるデビュー作にして名盤。
大好きな1曲:③Shadows On The Horizon

3.ALHAMBRA「FADISTA」(2007)
FADISTA
Yuhki(Key/GALNERYUS)が生み出すドラマティックプログレチューンとJunko(Vo)の健康的な超ハイトーンボーカルの相性が抜群。日本プログレメタルの傑作です。
大好きな1曲:⑨ワルキューレ -Die Walkure-

4.ARI KOIVUNEN「FUEL FOR THE FIRE」(2007)
FUEL FOR THE FIRE
Timo Tolkki(G/STARTOVARIUS)、Marco Hietara(B、Vo/NIGHTWISH)、Tony Kakko(Vo/SONATA ARCTICA)、Mr. Lordi(Vo/LORDI)など錚々たるメンバーが楽曲を提供した本作にはフィニッシュ・メタルの旨みが凝縮されてます。
大好きな1曲:⑨Stay True

5.WINTERHAWK「REVIVAL」(1982)
REVIVAL.jpg
テクニカルな展開とキャッチーなメロディが味わえる楽曲の中で情感たっぷりのギターが乱舞する70年代風ハードロック。一音一音に並々ならぬ感情を封じ込めたJordan Macarus(Vo、G)のプレイに惚れ惚れ。
大好きな1曲:⑦Free To Live

【楽曲】
1.Black Empire(ANTHEM)from「BLACK EMPIRE」
この曲のサビは2008年最強のメロディだと思います。

2.Blut Im Auge(Equilibrium)from「SAGAS」
笛やアコーディオンの調べとリズムに合わせて自然とカラダが揺れてきて、踊り出してしまいそうな楽しい1曲。


3.The Awakening(GALNERYUS)from「ALSATIA/CAUSE DISARRAY」
ミニアルバムのみの収録でありながら、僕がGALNERYUSに求めるものがぎっしり詰まった名曲。

4.My Tomorrow(小曽根 真)from「あしたの、喜多善男オリジナルサウンドトラック」
これぞ正に珠玉のメロディ。心にじんわりと染み入ってきます。

5.Fear Is The Key(GRAND MAGUS)from「IRON WILL」
聴くほどに味わいが出るスルメ盤の中で抜群の即効性を誇るパワフルチューン。

6.Just A Friend(ALL ENDS)from「ALL ENDS」
IN FALMESのソングライティングチームが曲を手がけたことで知られるバンドの名バラード。

7.Fall Into The Deep(AKIRA KAJIYAMA & TEKENORI SHINOYAMA)from「INTO THE DEEP」
モダンアレンジなロックの中でリズミカルなサビメロが躍動する1曲。

8.Evening Star(SYMPHONITY)from「VOICE FROM THE SILENCE」
初期SONATA ARCTICA的ムードの中でEagle Fly Freeなメロディとクラシック曲のフレーズが乱舞する「これぞメロスピ」な一品。

9.Forever(THE ACTION)from「ACTION」
ゆったりと流れるメロディが心地よいバラード。

10.Tamacun(RODRIGO Y GABRIELA)from「RODRIGO Y GABRIELA」
2本のギターのみで並外れた緊張感を生み出すギターデュオの代表曲。

【他に印象に残った曲】
Emptiness World(ANTHEM)from「BLACK EMPIRE」
Never Again(ASIA)from「PHOENIX」
Forgive Me(BURN)from「GLOBAL WARNING」
Things My Father Said(BLACK STONE CHERRY)from「FOLKLORE AND SUPERSTITION」
Hearts Burst Into Fire(BULLET FOR MY VALENTINE)from「SCREAM AIM FIRE」
Masquerade Ball(EDEN‘S CURSE)from「THE SECOND COMING」
9-2-9(EDGUY)from「TINNITUS SANCTUS」
Blame Yourself(GALNERYUS)from「REINCARNATION」
Tiger Punch(HIBRIA)from「THE SKULL COLLECTORS」
I’m Not Addicted(PAUL GILBERT & FREDDIE NELSON)from「UNITED STATES」
Bear The Cross(POISONBLACK)from「A DEAD HEAVY DAY」

【期待の新人】CRAZY LIXX
ギタリストVic ZinoがHARDCORE SUPERSTARに引き抜かれたのは痛手ですが、メインソングライターDanny Rexon(Vo)がいる限り大丈夫なはず。これからも応援していきたいバンドです。

【アルバムジャケット】JOURNEY「REVELATION」
REVELATION.jpg
不死鳥を連想させるジャケットが作品のイメージに見事なまでにはまってます。

【2008年を振り返って】
2008年を代表する作品として挙げておきたいのがROYAL HUNT「COLLISION COURSE : PARADOX Ⅱ」ですね。ここ2作品でかつての輝きが失われてきたように感じていたところに、次の作品が僕にとっての神盤「PARADOX」(1997)の続編になると聞いた時は嫌な予感がしましたが杞憂に終わりました。「PARADOX」のフレーズを織り込みながら、「あの世界観」の続編を描き切ったバンドに拍手を送りたいです。他にも2nd発表後にバンド活動が暗礁に乗り上げたという噂もあったので心配していたTHE DUST'N'BONEZ「COCKSUCKER BLUES」や新ボーカルにArnel Pineda(Vo)を迎えて素晴らしいアルバムを作り上げてくれたJOURNEY「REVELATION」、25年振りにオリジナルラインナップで新作を発表したASIAなど「復活」を連想させる作品が多かったように思います。その一方で若手も元気で、CRAZY LIXX「LOUD MINORITY」EMIR HOT「SEVDAH METAL」、CINDER ROAD「SUPERHUMAN」など期待できそうな新バンドが多かったというのも頼もしいですね。反対に悲しいニュースとしては、ついに解散してしまったHAREM SCAREMや僕の期待とは違う方向性に進んでしまった感のあるCHILDREN OF BODOM「BLOODDRUNK」、GALNERYUS「REINCARNATION」、IN FLAMES「A SENSE OFPURPOSE」いったバンドの新作でしょうか。

また、この年は日本盤が発売されていないものの確かな実力を備えたバンドとの出会いも印象的でした。新譜では北欧プログレメタル界のホープSEVENTH WONDER「MERCY FALLS」、旧譜では男女ツインボーカルを巧みに使い分けてメロパワ道を突き進むドイツのベテランAXXIS「DOOM OF DESTINY」、時代錯誤なほどに実直なピュアメタルサウンドが魅力のCRYSTAL VIPER「THE CURSE OF CRYSTAL VIPER」の出来が本当に素晴らしかったです。日本デビューを果たしていなくても、世界にはまだまだ凄いバンドがいるんだと改めて実感しましたね。特にSEVENTH WONDERは2007年に日本デビューを果たしたCIRCUS MAXIMUSと双璧を成す期待の若手です。

そして何といっても2008年はブログ開設という僕のミュージックライフにとって大きな出来事がありました。今までは他の方のサイト/ブログを読ませてもらうだけだった僕がブログを書く側の立場となり、その楽しさと難しさの両方を肌で感じると同時に、自分が聴いてきた音楽作品について感想を書き留めることを意識してアルバムと対峙することで、今まで以上に1枚1枚の作品を深く聴くようになった気がします。また、有難いことに僕のブログとリンクして下さるブロガーさんやコメントを下さる方々と交流できるようになったことは僕にとっての大きな財産です。これからもこのブログを通して、充実したミュージックライフを送りたいと思っていますのでよろしくお願いします!

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008年のベスト (前編・新譜10選)

本記事では2008年に聴いた新譜39枚の中からベスト盤10枚を選びたいと思います。うーん、去年も結構頑張って買ってしまったなあ。もちろん厳選に...

  • From: はぐれメタラーの音遊生活 |
  • 2009/02/02(月) 12:04:25

08年ベストを選んでみました

この手のサイト恒例の企画ということで、いわゆる年間ベストというヤツを選んでみました(こちら)。おいおい十数年メタル聴いてきてこのセレクトはないんじゃないの、というくらい「わかりやすい」アルバムばかりが並んでいますが、30歳を超えてみて、あらためて自分がわ...

  • From: METALGATE BLOG |
  • 2009/02/02(月) 04:04:57

2008年のベストアルバム♪(後編)

では、僭越ながら、nekometal 的2008年ベストアルバムでございます。 ♪ダガダガダガダガダガダガ・・・・(ド...

  • From: 猫メタルneo |
  • 2009/02/01(日) 17:00:40

この記事に対するコメント

たけちよさん

こんにちは。年間ベスト記事はブログを始める前からメモしていたものをベースに書きました。去年の正月休みを使ってばばーっと書いたのを覚えています。また読んでいただければ嬉しいです。

ROYAL HUNTは僕もD.C時代が一番思い入れがあります。あの頃はROYAL HUNTがいれば他のバンドを聴かなくてもいい!なんて思ってました(笑)ニューアルバムは来年1月リリースのようですね。
EMIR HOTは音楽性もさることながら元ROYAL HUNTのJohn West、渡り鳥ドラマーのMike Terranaというベテラン2人が良い仕事をしてますのでお薦めです。

2009年の年間ベストは10枚中8枚くらいは確定かな、という感じです。あとはLADがどこに食い込んでくるか期待ですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/12/10(木) 19:43:35
  • [編集]

こんにちは。

年間ベスト、1995年まで纏めてらっしゃるのですね!
すごい。。かなりのボリュームなので後日ゆっくり見させてもらいます。
ほんとに年齢がひとつ違いなのも関係してるのか
僕は1994年から本格的にHR/HMを聴き出したので
各年、思い入れがありとても楽しめそうです(^_-)

この年はロイヤルハントが出たのでしたね。
マーク・ボールズが加入というのにも驚きました。
DCクーパーの頃が好きな自分にとって
今のロイヤルハントは少し歯がゆい存在なのですが
良質の作品をリリースしつづけてくれるのはさすがですね。

EMIR HOT というバンドは知りませんでした。
トラッド音楽をアクセントに取り入れたネオクラシカル。。
興味あります。今度聴いてみます(^-^)

今年もあとわずか、、
そろそろ2009年ベストも選出の時期ですね~♪

  • 投稿者: たけちよ
  • 2009/12/10(木) 08:47:14
  • [編集]

地の塩さん

こんにちは。
ホント、子どもの成長は早くて驚かされますよね。僕もこれまで子どもに触れる機会がなく苦手意識を持ってましたが、やはり自分の子どもはかわいいです!
僕も教育方針というほどのものではなく、こんな子どもになって欲しいなぁという願望のようなものですよ…。
子どもがロック、メタル好きになれば嬉しいですね。健やかな成長を見守っております。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/04/18(土) 09:28:51
  • [編集]

よしよさんこんにちは!

本当にダスボンの次回作が待ち遠しいですね~。

俺もよしよさんと同じ年の娘がいますが、よしよさんのようにしっかりとした教育方針は恥ずかしながらありません。

仕事の休みが少ない上に毎朝6時前に家を出て、夜中12時過ぎに帰宅するので、娘の成長についていくのもやっとです。

知らない間に俺を見たらニコニコするようになり、知らない間に這うようになり、知らない間に「パパ」という言葉を言うようになり、知らない間に物に手をつきながら歩くようになっていました。

ただ、子供嫌いの俺ですら、ほとんどの親と同じように、我が子だけは果てしなく可愛いです。

お互い父親も頑張りながら、ロックしましょうね。

  • 投稿者: 地の塩
  • 2009/04/17(金) 14:08:52
  • [編集]

地の塩さん

こんにちは。ライブ、残念でしたね。
新曲も披露されてたんですか!?相変わらず精力的に活動してますね。今年の後半あたりに新作が出たりして?と密かに期待しておきます。
地の塩さんもパパだったんですね。しかも僕の息子とほぼ同じ年の娘さんがいらっしゃるとは。仕事もあり、子どももいるとなかなか自分の好きなことできなくなったりしますが、暇を見つけてストレス発散したいですねー。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/04/17(金) 08:12:44
  • [編集]

よしよさん、ご無沙汰です!

非常に残念な事に、DOSA3参戦出来ませんでした。

友人は早く仕事が終わりましたが、私は残業のため…

かなり仕事を辞めたくなりましたが、私も一児の父(10ヶ月の娘がいます)のため、そんな事も出来ず、サンドバックに成り下がり苦い夜をやり過ごしました。

友人談では、会場の音響が悪かったせいか、後方にいたせいか、森重の声が聞きづらかったようです。

でも、新曲は良かったと言ってました。

あと、「アイ・キャント・ストップ・ダンシン」もやったと。

会社へのささやかな抵抗として、髪をチョコレート・ブラウンに染めるくらいしか出来ない所に、俺の人間としての器の小ささが現れてますよね~。

30代半ばになってもチャラいと嫁にも呆れられてます。

でも、娘にはダサい親父に思われたく無いし、やっぱモテたい!!

好きなロックを聞いて、好きな服を着て、好きな靴を履き、数少ない休みは思いっきり遊ぶ!!

でも、娘には俺のような人間になって欲しくないのです。

ないのですよ…。

  • 投稿者: 地の塩
  • 2009/04/16(木) 22:58:57
  • [編集]

地の塩さん

こんにちは。僕が愛読しているHR/HM専門誌BURRN!の09年4月号にダスボンのライブレポートがあり、熱そうなライブ記事を読みました。
DOSAMAWARI3、是非参戦してください!

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/04/02(木) 08:05:33
  • [編集]

よしよさん、ご無沙汰です!

ダスボンをよしよさんのお陰で知る事が出来て本当に感謝しております。

DOSAMAWARI3に行けるか微妙ですが、何とか仕事の折り合いを付けて参戦したいです!!

かなり熱いライブだと思うので、友人と何とか当日券を!!と、今から盛り上がってます!

  • 投稿者: 地の塩
  • 2009/04/01(水) 23:29:48
  • [編集]

hideさん

いろんな方のベストは未知の名盤と出会ういい機会ですよね。
僕もhideさんのベストからAMON AMARTHとKEEP OF KALESSINを知りました。hideさんのアンテナにどのアルバムがひっかかったのか気になりますー

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/02/06(金) 11:12:33
  • [編集]

やっぱり色々な方のベストアルバムは楽しいですね~
自分は10枚のうち、3枚しか聴いてないです。
気になるアルバムあるので、今度聴いて見ます~

  • 投稿者: hide
  • 2009/02/06(金) 01:47:27
  • [編集]

むーじゅさん

こんにちはー。こちらではお久し振りです。
ホント雑食系の高い10枚になってしまって、我ながらピュアメタラーには程遠いランキングですね。
トラックバックしっかりいただいていますよー。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/02/04(水) 08:34:14
  • [編集]

よしよさん、こんにちはー。こちらではお久しぶり、ですね。

「硬軟自在」あるいは「和洋折衷」(ちょっと意味が違いますか?/笑)といった感想がふと思い浮かぶ、幅が広くて懐の深いランキングになりましたね。自分との共通点や差異をたっぷりと楽しませてもらいました。今後の買い物の参考にしたいと思います。

そうそう、僕からもトラックバックを送らせていただきました。実はこれが初めてのTBでちょっと不安でしたが、どうやら上手くいったようでホッとしているところです(笑)。

  • 投稿者: むーじゅ
  • 2009/02/02(月) 12:14:05
  • [編集]

rainmakerさん

楽しみにしていただいて恐縮です!1月中にアップしなくてはと思い、ざざーっと書いてみました。
PUAL & FREDDIE行かれたんですね。FREDDIEはライブでもかなり上手いという噂なので羨ましいです。気になるニュースとしてMR.BIGがオリジナルメンバーで再結成!?といわれてます。PAULにはFREDDIEと一緒に活動して欲しいような気もするんですけどね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/02/02(月) 08:28:46
  • [編集]

2008年のよしよさんのベスト楽しみにしていました♪ Journeyは、Disk1で今のバンドであることを証明しましたよね。 

そうそう、今夜Paul&Freddieのライブを観に行きましたヨ!

  • 投稿者: rainmaker
  • 2009/02/01(日) 23:39:43
  • [編集]

ピッペンさん

こんばんは。ROYAL HUNTを挙げられる方は少ないと思いますが、このバンド(特に「PARADOX」の頃)に強い思い入れがある僕にとっては、やはりこれなんです。ツッコミどころも多いアルバムなんですけど、盲目的ファンの1票ということで。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/02/01(日) 20:49:41
  • [編集]

nekometalさん

昨年のベスト発表が2月になっちゃマズイ!ということでギリギリ1月中に書いてみましたー。
09年になってから買った2枚の新譜H.E.A.T、THE ANSWERともにいいアルバムだったので、今年もいい1年になりそうです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/02/01(日) 20:47:07
  • [編集]

planet1345さん

WINTERHAWKは知名度こそ低いですがホントおすすめですよ。「THERE AND BACK AGAIN(LIVE AT THE ARAGON)」は「REVIVAL」と収録曲がほとんど重なってないのも嬉しいポイントです。
早速「REVIVAL」の記事をアップしてみました。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/02/01(日) 20:44:39
  • [編集]

こんばんは。

2008年のベスト、拝見させて頂きました。
ROYAL HUNTですか~。僕はあんまりピンとこなかったので、また聴き直してみようと思います。

  • 投稿者: ピッペン
  • 2009/02/01(日) 20:24:00
  • [編集]

こんにちは。
きましたね~、よしよさんの08年ベスト♪
ROYAL HUNT、いいアルバム作ってくれましたよね。
ライヴも素晴らしかったです。

今年もいいアルバムに出会いたいですね(^^)!

  • 投稿者: nekometal
  • 2009/02/01(日) 17:06:12
  • [編集]

こんにちは。
WINTERHAWK「REVIVAL」のジャケット&紹介文に惹かれて、
早速、iTunes Storeで試聴しました。。
凄いカッコいいですね!(^^)!
私、70年代風ハードロックも大好きなんですよ。。
ギターの枯れた音色も哀愁があっていいですね。。

同時に、THERE AND BACK AGAIN(LIVE AT THE ARAGON) 
っていうアルバムもあったので、試聴したらこれも凄くカッコいい!!
ライブ曲とスタジオ曲が混ざっているようなんですが、
ギターがイイですわー!(^^)!

WINTERHAWK、全く知らなかったんですが、
イイアルバムを紹介して頂きありがとです!(^^)!
2枚ともiTunes Store購入決定です(^_^)/

ではでは。。

  • 投稿者: planet1345
  • 2009/01/31(土) 15:33:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する