DOUBLE DEALER「DOUBLE DEALER」(2000)

  • 2014/09/21(日) 00:00:00

D DEALER D DEALER
【No.408】
★★★★★(2000)
年間ベスト2000年第1位

1999年にシンガーの尾崎 隆雄が脱退したため事実上の活動休止状態にあったCONCERTO MOONのリーダー島 紀史(G)が以前から惚れ込んでいた下山 武徳(Vo/SABER TIGER)に熱烈ラブコールを送ったことから誕生したDOUBLE DEALERのデビューアルバム。島と下山の脇を固めるのは三谷 耕作(B/CONCERTO MOON)、小池 敏之(Key/CONCERTO MOON)、礒田 良雄(Ds/SABER TIGER)といった顔触れなのでCONCERTO MOONとSABER TIGERの混成バンドという見方もできるかもしれません。そんなラインナップからCONCERTO MOON風のネオクラシカルメタルを下山が歌う作風かと思いきや、本作は予想以上に骨太な正統派メタルアルバムに仕上がっています。僕はこのアルバムで初めて下山の熱唱を体験したため、聴き始めの頃は独特でクセの強いボーカルに馴染めなかったのですが、リピートする内に溢れんばかりの感情を込めた彼の歌唱に魅了されました。

そんな下山のパートナーである島もCONCERTO MOONの楽曲に対して僕が抱いていたイマイチ感を払拭させるほどの楽曲を揃えてくれていますね。フックに満ちたサビメロがたまらなくカッコいい疾走曲①The Long Way Roadとその勢いを見事に引き継いだ②Pandora's Box、キャッチーなサビとは対照的に下山が静かに歌い上げるパートを経て奏でられるギターソロが大きな感動を呼ぶ③The Enemy、下山の熱唱と泣きのギターソロが素晴らしい絶品バラード④Deep Blue Skyと続く怒濤の流れは圧巻の一言。中盤以降も実に強力で礒田の跳ねるリズムにメジャーキーのメロディが乗ることで爽やかさを発散する⑤Primitive Life、ヘヴィなイントロからは想像できないほど美しくスケール感たっぷりのサビへ展開していくドラマティックソング⑥Inner Voice、哀メロのお手本のような旋律が涙を誘う⑦Too Young And Vane、下山の獰猛なボーカルを前面に出して怒りの感情をブチまけた⑧Look At Your Faceなど個々の楽曲が素晴らしいだけでなくバリエーションも実に多彩です。後半に進むにつれて勢いが落ちる気もしますがCONCERTO MOONの前身バンドCRYSTAL CLEAR時代のアイデアを再度練り上げて完成させたメタリックチューン⑩Raise Your Fistでアルバムを締めくくってくれているので聴後感も良好です。なお初回限定盤には島が梶山 章(G/ex-PRECIOUS)と熱いギターバトルを繰り広げるインストFire Drakeを収録したミニCDが付いています。

BURRN!誌の広瀬編集長のやりすぎとも思える持ち上げっぷりが仇となり(?)、このバンドに関しては賛否両論あるようですが僕は大好きなアルバムですね。たしかに音質が悪いだけでなくチリチリというノイズすら聞こえる点や歌詞の内容を重視するあまり不自然になっている英詞、赤地に黒文字で書かれた読みにくいライナーノーツなど不満点はありますが、それらをねじ伏せるだけの力が感じられる1枚でもあるんですよね。DOUBLE DEALERは休止期間を挟みながらも継続的に活動し、4枚のオリジナルアルバムを発表しています。人間関係の悪化が原因で2007年に解散してしまった彼等ですが2013年になって柴田 直人(B/ANTHEM)の呼びかけで島と下山の2人が同じステージに立ち(ベースはもちろん柴田でドラムは礒田)、DOUBLE DEALERの曲を演奏したようなので奇跡の復活にも密かな期待を寄せています。

【音源紹介】
・Deep Blue Sky

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

しょうさん

ご連絡どうも。あなたのブログを見てみましたが興味が持てる内容ではなかったので、もう見ることはないと思います。

  • 投稿者: よしよ
  • 2014/09/27(土) 20:55:39
  • [編集]

レビュー記事を添削するという悪趣味なブログをやっているので、よかったら見てください。
そちらのブログも使わせてもらってます。

「人間として最低の人間のブログ」
http://blog.livedoor.jp/sukebeningen666/

  • 投稿者: しょう
  • 2014/09/26(金) 21:08:11
  • [編集]

B!13さん

「Deep Blue Sky」は情感をこめまくって歌う下山さんの歌が映えるバラードですよね。ノイズに関しては僕のCDでもばっちり聴こえますのでB!13のCDにキズがついてるわけではないと思います(苦笑)。
解散原因は下山さんと島さんのマネージャーとの関係がこじれたことだと聞いたことがあるので、メンバー当人のトラブルではないという点に再結成への一縷の望みを託したいですね。ただコンチェルト、サーベルともにここに来て活動が活発化している感があるのですぐには難しいかもしれませんが…。

  • 投稿者: よしよ
  • 2014/09/24(水) 21:52:28
  • [編集]

「Deep Blue Sky」は下山さんが歌うバラードの中でも1番好きです。確かに後半はテンション下がりますが、冒頭とラストがカッコイイストレートな疾走曲なので、アルバム全体の印象が良いですね。
ノイズがフツーに聞こえますが、中古で買ったのでディスクにキズが付いてんのかな?と心配でした。

2013年の「HAMMERBALL」での柴田直人プロジェクトでは1曲しかDDの曲を演奏しなかったようですが、これをキッカケにベストセトリでのライブだけでも活動再開してもらいたいですね。

最近のコンチェルトというか島さんの目指してる音楽性は男らしいメタル系なのでだったら下山さんとのDDの新作とかも聴きたいですね。

  • 投稿者: B!13
  • 2014/09/23(火) 19:40:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する