【日記】BURRN!2月号 2009年の展望を読んで

  • 2009/01/15(木) 08:26:57

BURRN!誌上で毎年2月号に新春恒例企画として組まれている「Where Do We Go From Here? 2009年の展望」を読んで、僕なりに気になった作品、バンドをまとめておこうと思います。何年か前から各レコード会社のイチ押しアーティストのページもあったりして重宝してます。手早く今年リリース予定のアーティスト情報がわかるのは嬉しいですね。

全体的に見て2009年はメロディックロック界が賑やかになりそうな予感です。僕の中でこのジャンルを代表するバンドであるFAIR WARNINGTERRA NOVAに加えてBAD HABITWIG WAMといった北欧勢も新作を出してくれそうだし、今月号の藤木さんのレビューで91点を獲得した新人H.E.A.Tは既にMY SPACEでチェック済みで購入も決定してます。あとは流石に2010年以降のリリースになるだろうけど、Neal Schon(G)がインタビューで語っていたJOURNEYの2枚組コンセプトアルバムも楽しみ。
そして個人的に注目してるのがKIM KYUNG HO(キム・ギョンホ)の新作ミニアルバムです。日本メタル界の重鎮、木下 昭仁(G/SABER TIGER)とのコラボというのも興味をそそられますね。また今月号のB!で絶賛されているTHE ANSWERの新作にも期待大。1月に購入決定しているのはH.E.A.TとTHE ANSWERの2枚です。
大物バンドでは今年で結成25周年を迎えるHELLOWEENのスペシャルアルバムとDREAM THEATERの新作はやはり要チェックですね。また今月の表紙を飾ったARCH ENEMYの初期3作品再録アルバムもやっぱり聴いてみたいなぁ。

という感じでB!2月号を読んで、今年気になるアーティストを簡単にまとめてみました。2009年も素晴らしい音楽と出会えますように・・・。今年の暮れにこの文章を読み返してみようと思ってます。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する