【年間ベスト】2002年

  • 2009/01/20(火) 08:17:41

「舞い降りてきた音楽の記録」というブログタイトルに則って、僕が本格的に音楽を聴き始めた1995年以降の年間ベストランキング記事を更新していきます。選出基準等はこちら

ブログで紹介済みのアルバムは、その記事にリンクしています。

2002年
【アルバム】
1.ZIGGY「HEAVEN AND HELL」
HEAVEN AND HELL
僕がアルバム単位で初めて聴いたZIGGYの作品。この1枚ですっかりファンになりました。彼らこそ日本最高のR&Rバンドだ!
大好きな1曲:①My Conviction

2.DREAM EVIL「DRAGONSLAYER」
DREAM_EVIL_DRAGONSLAYER.jpg
北欧の名プロデューサーFredrik Nordstrom(G、Key)が満を持して始動させた正統派メタルバンドのデビュー作。やはり、この人は期待を裏切りません。
大好きな1曲:⑧H. M. J.

3.NOCTURNAL RITES「SHADOWLAND」
SHADOWLAND
3rdまでのクサメタル路線から正統派へと大胆な路線変更を成功させた5th。これがまたカッコいいんです。
大好きな1曲:②Shadowland

4.SENTENCED「COLD WHITE LIGHT」
COLD WHITE LIGHT
フィンランドが誇る大御所バンドSENTENCEDのメランコリックな音世界に本作で初めて触れ、一気にはまりました。
大好きな1曲:⑥Excuse Me While I Kill Myself

5.PAUL GILBERT「BURNING ORGAN」
BURNING ORGAN
「メロディのおもちゃ箱」とでも言うべき幅広い音楽性と、Paulの人柄(会ったことないけど)が滲み出るポジティブな雰囲気に満ちたロックアルバム。
大好きな1曲:③Bliss

6.LAST TRIBE「WITCH DANCE」
WITCH DANCE
前作にあった超名曲Black Widowほどの強烈なインパクトを残す楽曲はないものの、相変わらずハイクオリティな楽曲が詰まった1枚。
大好きな1曲:⑪Dreamer

7.SOILWORK「NATURAL BORN CHAOS」
NATURAL BORN CHAOS
クリーンボイスを大胆導入して大化け。このアルバムにメロデスの進化系を見た気がしました。
大好きな1曲:①Follow The Hollow

8.RAGE「UNITY」
UNITY
HELLOWEENとはまた異なった音楽的魅力を持つドイツのベテランRAGEを本作で初体験。パワフルかつヒネリを加えた変則的なリフワーク、キャッチーで耳に残るサビと堂々たるメジャー感を備えた楽曲の数々が押し寄せてきます。
大好きな1曲:②Insanity

9.陰陽座「煌神羅刹」
煌神羅刹
陰陽座の記念すべきメジャーデビュー作。アルバム冒頭3曲の畳み掛けと後半のハイライト組曲「黒塚」が大のお気に入りです。
大好きな1曲:③「煌」

TIME_REQUIEM_TR.jpg
10.RICHARD ANDERSSON’S TIME REQUIEM「TIME REQUIEM」
MAJESTICがよりタイトかつテクニカルにパワーアップ。Richard Andersson(Key)によるパクリッシュ・センスも過去最高の冴えを見せる本作はRichardの関連作品の中でもトップクラスの出来栄えです。
大好きな1曲:⑦Grand Opus

【楽曲】
1.Faith(ZIGGY)from「HEAVEN AND HELL Ⅱ」
「努力に勝る天才なし それを俺の座右の銘とする~♪」という超印象的な歌い出しから始まる名ロッカバラード。

2.Adagio(Shadows)(NEW TROLLS)from「CONCERTO GROSSO LIVE」
イタリアン・プログレッシブ・ロック界の至宝NEW TROLLSが30年前にリリースした名盤「CONCERTO GROSSO」の楽曲をオーケストラサウンドを従えて再現。その中でもクラシカルでシンフォニックなこの曲が放つ哀愁が堪りません。

3.If You(HAREM SCAREM)from「WEIGHT OF THE WORLD」
RUBBER期のライトポップフィーリングと従来のHAREM SCAREMサウンドが見事に融合した1曲。

4.Now Your Turn(KELLY SIMONZ'S BLIND FAITH)FROM「THE RULE OF RIGHT」
2002年最高のネオクラシカル疾走チューンといえばこれ。

5.Love’s Got A Hold On Me(MIKAEL ERLANDSSON)from「THE GIFT」
約5年のブランクも何のその。メロディセンスが健在であることを証明してみせたMikael Erlandssonの復活アルバム「THE GIFT」で一際輝くハイライトチューン。

6.The Seven Angels(TOBIAS SAMMET’S AVANTASIA)from「THE METAL OPERA PART 2」
アルバム1曲目にこの14分の大作を持ってくる大胆さ、そして楽曲自体の完成度に脱帽。

7.Empty Vow(CYRIL ACHARD'S MORBID FEELING)from「IN INCONSTANCIA CONSTANS」
ポップな歌ものっぽく始まったと思ったら中盤以降はDREAM THEATERばりのテクニカルな展開へと雪崩れ込んでいくプログレナンバー。フランスのギターヒーローCyril Aichardのプレイも聴きどころ。

8.Time(GOTTHARD)from「ONE LIFE ONE SOUL・BEST OF BALLADS」
バラードベストにボーナストラックとして収録されたロックチューン。ボートラにしておくには勿体ないクオリティですね。


9.You Had Me From Hello(BON JOVI)from「BOUNCE」
僕の大好きな映画「ザ・エージェント」(主演:トム・クルーズ)の台詞にインスパイアされて作ったというしっとり系バラード。

10.Solitary Shell(DREAM TEHATER)from 「SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE」
プログレッシブで濃厚な2枚組アルバムの中で一服の清涼剤的な役割を果たすメロディアスナンバー。

【他に印象に残った曲】
Hunters And Prey(ANGRA)from「LIVE AND LEARN」(MINI ALBUM)
Warrior(FIREWIND)from「BETWEEN HEAVEN AND HELL」
This Ain’t Over(HAREM SCAREM)from「WEIGHT OF THE WORLD」
I Send You My Heart(MIKAEL ERLANDSSON)from「THE GIFT」
Here I Am(SHAMAN)FROM「RITUAL」
世界の果てまで(ZIGGY)from「HEAVEN AND HELL Ⅱ」
みぞれ雪(ゆず)「ユズモア」

【期待の新人】DREAM EVIL
北欧の重鎮プロデューサーFredrik Nordstrom率いるバンド。ギターヒーローGus.Gが在籍など話題性も豊富だし、欧州メロディックメタルど真ん中なサウンドも僕好み!CYRIL ACHARD'S MORBID FEELINGも大注目の新バンドでした。

【ジャケット】RHAPSODY「POWER OF THE DRAGON FLAME」

デビュー作「LEGENDARY TAKLES」と比べて、グラフィックの質感が大幅アップ。音楽性はコテコテ感が強すぎて僕のストライクゾーンから離れてきましたが、この壮大なジャケットは目を惹きますね。

【2002年を振り返って】
2002年は何といってもZIGGYとの出会いが一番大きなトピックですね。トップ10アルバムの中でも「HEAVEN AND HELL」は頭一つ抜きん出た存在です。この年の秋にZIGGYを聴き始めてからは過去のアルバムをレンタルで聴いたり、「GOLIATH BIRDEATER」(1999)リリース後に契約上の問題でバンド名を変えて活動していたSNAKE HIP SHAKESの作品を全て買い揃えるなどZIGGY関連バンドにどっぷりはまっていきました。個人的に僕が好きなのは「HEAVEN AND HELL」~「ROCK AND ROLL FREEDOM!」の頃のZIGGYとSNAKE HIP SHAKESのオリジナルアルバム3作品です。

HR/HMに関してはRAGE「UNITY」PAUL GILBERT「BURNING ORGAN」SENTENCED「THE COLD WHITE LIGHT」など、名前は知っているけれど買うには至ってなかったバンドの作品でかなり気に入ったものが多く、聴かず嫌いは良くないなぁと痛感した1年でした。2002年はベスト10アルバム、楽曲共に悩みました。突出したアルバムは少なかったけれども好きな作品は多かったという感じです。トップ10入りは逃したものの最後まで迷っていた作品としてはCYRIL ACHARD'S MORBID FEELING「IN INCONSTANCIA CONSTANS」、HAREM SCAREM「WEIGHT OF THE WORLD」MIKAEL ERLANDSSON「THE GIFT」TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「THE METAL OPERA PART 2」などがあります。中でもRUBBERからバンド名義を戻し「MOOD SWINGS」を彷彿とさせる新作を発表したHAREM SCAREM、長いブランクを経てシーンに帰ってきてくれたMIKAEL ERLANDSSONというカムバック組の存在は嬉しかったですね。

年間トップ10アルバムに入れるかどうか迷った末に外すことにした日本のフォークデュオゆずのアルバムもかなりリピートしていました。これには理由がありまして「HR/HMに目覚める前に爆風スランプなどを聴いていた」と1995年の年間ベストで書きましたが、それ以前は休日のたびに両親が好きな美空 ひばり、小林 旭、さだ まさしといった人達を聴いて育ったからだと思います。演歌、歌謡曲も結構好きで2002年は幼い頃の想い出が詰まった日本昭和歌謡/フォークのCDもよくレンタルしていましたし、今でもたまに聴いています。こういった音楽がルーツにあるので、日本的で歌謡曲風メロディがあるゆずが僕の琴線に触れるんですよね。

【旅先とへヴィローテーション作品】
・中華人民共和国(江南地方)5日間
古き良き中国の風景が広がる水郷古鎮。朝、リンタクに乗って食べに行ったお粥が美味しかった。
陰陽座「煌神羅刹」

・マレーシア(ボルネオ島)~ブルネイ・ダルサラーム9日間
ボルネオ島の大自然とアジア屈指の産油国ブルネイ王国。ブルネイでは入場無料の遊園地で遊んだり豪華ホテルに滞在したりしてました。

・中華人民共和国(雲南省)~ベトナム(サパ、ハロン湾)12日間
雲南省を抜けてベトナム入国。サパという小さな町に住む少数民族モン族との触れ合いも良かった。

・オランダ~ルクセンブルグ~ベルギー13日間
「屋根のない博物館」といわれる町ブルージュ(ベルギー)は僕のお気に入りです。
PRIMAL FEAR「NUCLEAR FIRE」

・インド~ブータン10日間
ヒマラヤ山脈南麓の王国ブータン。国民総生産ならぬ国民総幸福という考え方に感銘を受けました。
ANDROMEDA「EXTENSION OF THE WISH」

・アメリカ(イエローストーン国立公園、グランドキャニオン、ヨセミテ国立公園など)15日間
イエローストーン、グランドティートン、アーチーズ、グランドキャニオン、ブライスキャニオン、ザイオン、ヨセミテという7つの国立公園とモニュメントバレーを巡ってアメリカ大自然を満喫。
HAREM SCAREM「WEIGHT OF THE WORLD」、SPIRITUAL BEGGARS「ON FIRE」

・フィンランド~スウェーデン~デンマーク~ノルウェー13日間
YNGWIE MALMSTEENやANDRE ANDERSENを輩出した国を訪れたという感動で胸がいっぱい。

・ロシア8日間/DREAM EVIL「DRAGONSLAYER」
ロシアって観光資源も豊富だし、意外と料理も美味しいんですよね。

・トルコ(サフランボル~イスタンブール)10日間
サフランボルってトルコの中ではマイナーだけど、結構好きな町です。
TEN「FAR BEYOND THE WORLD」

・中華人民共和国(新彊ウイグル自治区、タクラマカン沙漠)13日間
玄奘三蔵が歩いた道を辿るシルクロードの旅。一度入ったら出られないという意味を持つタクラマカン沙漠は不思議と見とれてしまいます。
PAUL GILBERT「BURNING OTGAN」

・フランス(パリ、モンサンミッシェル、ルルド、アヴィニョン)14日間
フランスを北から南まで周遊してきました。モンサンミッシェルはやっぱりいいですねぇ。
ZIGGY「HEAVEN AND HELL」

・マルタ8日間
すごく小さい島国でありながら、エジプトのピラミッドより古いと推定される巨石神殿ジガンティーアなど見どころありますよ、マルタは。
SNAKE HIP SHAKES「NO DOUGHT ZIGGY SONGS played by SNAKE HIP SHAKES」

・フランス(アルザス地方クリスマスマーケット)9日間
ヨーロッパのクリスマスはやっぱりロマンティック…。
SNAKE HIP SHAKES「VIRAGO」

・サウジアラビア9日間
イスラム教の聖地メッカには観光客は勿論行くことはできませんが、メディナの預言者のモスクは遠くから見ました。2002年の年越しはサウジアラビアにて。
ZIGGY「HEAVEN AND HELL Ⅱ」

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こじろーさん

似たような体験僕にもあります。
売る前にもう一度聴いておこうと思って聴いたら「これは売ったらあかん!」と思い直したり。この経験から最近はCD売却するのを止めました。おかげ様で家の中はCDがいっぱいです・・・

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/01/23(金) 08:15:08
  • [編集]

SOILWORKの「NATURAL BORN CHAOS」は持っているのですが、何故かほとんど聞いてなかったです。
最近ipodに持ってるCD全部入れたときに久々に聞いて、あれ?こんなかっこよかったんやーと再認識しました。
なんか聞いてなかったのがもったいなかったような気が。。。

「気を漬けなはれや!」

  • 投稿者: こじろー
  • 2009/01/22(木) 23:17:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する