【年間ベスト】1997年

  • 2009/01/05(月) 08:09:39

「舞い降りてきた音楽の記録」というブログタイトルに則って、僕が本格的に音楽を聴き始めた1995年以降の年間ベストランキング記事を更新していきます。選出基準等はこちら

ブログで紹介済みのアルバムは、その記事にリンクしています。

1997年
【アルバム】
1.ROYAL HUNT「PARADOX」
PARADOX
棺桶まで持っていきたいアルバム。これぞ神盤です。
大好きな1曲:⑦Silent Scream

2.GOTTHARD「D FROSTED」
D FROSTED
ハートウォーミングなメロディとSteve Lee(Vo)の極上歌唱に酔いしれるアコースティック・ライブアルバム。
大好きな1曲:⑧Love Soul Matter

3.FAIR WARNING「GO!」
GO
とにかく元気になれる楽曲が詰まったメロディアス・ハードロックの名盤。
大好きな1曲:②Save Me

4.YNGWIE MALMSTEEN「FACING THE ANIMAL」
FACING THE ANIMAL
前作「MAGNUM OPUS」でのがっかり感を見事に吹き飛ばしてくれた起死回生の1枚。
大好きな1曲:⑥My Resurrection

5.STRATOVARIUS「VISIONS」
VISIONS.jpg
これまで楽曲の出来、不出来の差が大きかったバンドが名曲を揃えてくれました。90年代メロディックメタルを代表する作品。
大好きな1曲:①Black Diamond

6.VITALIJ KUPRIJ「HIGH DEFINITION」
HIGH DEFINITION
超絶テクニックで聴き手を圧倒する新時代のキーボードプレイヤーが叩きつけたインスト作品の最高峰。
大好きな1曲:⑥Opus 1 (Theme By Paganini)

7.RHAPSODY「LEGENDARY TALES」
LEGENDARY TALES.jpg
僕が初めて聴いたイタリアのメタルバンド。シンフォニックでクサい濃厚な音世界に飲み込まれてしまいます。
大好きな1曲:②Warrior Of Ice

8.VALENTINE「4-UNITED」
VALENTINE4 UNITED.jpg
メロディアスでドラマティックな曲を作らせたら右に出る者はいないVALENTINEワールド全開。
大好きな1曲:⑬Concerto For The Unconditional Love

9.TERRA NOVA「BREAK AWAY」
BREAK AWAY
デビュー作から約1年のスパンで期待を裏切らない力作を作り上げたTERRA NOVAは本物だと実感。
大好きな1曲:⑤Only For You

10.CLOCKWISE「NOSTALGIA」
NOSTARGIA
北欧メタル好きのマストアイテム。Benny Soderbergが生み出す美旋律が堪りません。
大好きな1曲:③Traveller

【楽曲】
1.Come On(FAIR WARNING)from「SAVE ME」
これほどの曲がシングルのみ収録というのが驚き。FAIR WARNINGの全レパートリーの中でも5本の指に入るハードロックチューン。

2.Nothing Lasts Forever(TRIBE OF GYPSIES)from「NOTHING LASTS FOREVER」(MINI ALBUM)
エモーショナルギターとキャッチーなメロディを兼ね備えた名曲。

3.1000 Years Away(ANDI DERIS)from「COME IN FROM THE RAIN」
演歌にも通じるクサいイントロで勝負あり。メロディメイカーAndi Deris(Vo/HELLOWEEN)の真髄。


4.Rain(HAREM SCAREM)from「BELIEVE」
シンプルだからこそメロディの良さが浮き彫りになってくるアコースティックバラード。

5.1st X-Mas Without U(Dedicated To My Father)(VALENTINE)from「CHRISTMAS IN HEAVEN」(MINI ALBUM)
父親を失った悲しみの中に、美しいコーラスが一筋の希望の光を注ぎ込んでくれるロビー様らしいクリスマスバラード。

6.Dragon Lies Bleeding(HAMMERFALL) from「GLORY TO THE BRAVE」
フックに満ちたメロディが心地よい疾走感と共に駆け抜けるヘヴィメタルのお手本的な1曲。

7.Road To Hell(BRUCE DICKINSON)from「ACCIDENT OF BIRTH」
Bruce Dickinson(Vo)がIRON MAIDEN復帰のきっかけを掴んだ正統派メタル曲。

8.Test Of Time(NOCTURNAL RITES)from「TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION」
次作「THE SACRED TALISMAN」で開花するクサメロセンスの大いなる片鱗を見せてくれてます。

9.Shadow Dancer(ELEGY)from「STATE OF MIND」
僕のELEGY初体験アルバムで最も印象に残ったストレートなメタルチューン。あとの曲はちょっと・・・。

10.Into The Blue(ARTENSION) from「PHONIX RISING」
Vitalij Kuprij独特のピロピロキーボードが駆け巡り、John West(Vo)の熱唱が胸を熱くするスピーディーなナンバー。

【他に印象に残った曲】
Hollow Years(DREAM TEHATER)from「FALLING INTO INFINITY」
The Winged Horse(GAMMA RAY) from「SOMEWHERE OUT IN SPACE」
Staying Away(HAREM SCAREM)from「BELIEVE」
Bright On The Blade(TEN)from「THE ROBE」
Melena(TRIBE OF GYPSIES)from「NOTHING LASTS FOREVER」

【期待の新人】RHAPSODY
徹底的に大仰でドラマティックなサウンド。それを歌うFabio Lione(Vo)の力量も文句なし。

【アルバムジャケット】TERRA NOVA「BREAK AWAY」
BREAK AWAY.jpg
バンドの音楽性を見事に表現した爽やかジャケット。

【1997年を振り返って】
これまでの2年間は新譜作品よりも、どちらかというと旧譜作品を多く聴いてきましたが1997年は新譜豊作の1年でした。まずは僕が初めて出合った神盤というべきROYAL HUNTの4th「PARADOX」です。これまでもこのバンドの作品は好きでしたが、本作は決定的な一打でしたね。ベテランバンドが表紙を飾ることが多いBURRN!誌も彼らを表紙に抜擢していて、バンドが黄金期を迎えた時期でした。

他にもメロディックメタル系は優れた作品が多くてYNGWIE MALMSTEEN起死回生の一撃となった「FACING THE ANIMAL」、後続バンドに多大な影響を与えたSTRATOVARIUS「VISIONS」、キーボードプレイヤーの超新星VITALIJ KUPRIJ「HIGH DEFINITION」は僕の大好きな作品です。イタリアンメタルの旗手RHAPSODYがデビューしたのもこの年でした。メロディック・ロック系ではFAIR WARNING「GO!」という名盤があったし、TERRA NOVAも2枚目のジンクスを感じさせない力作「BREAK AWAY」を発表してくれたのも嬉しかったですね。そしてノーチェックながら、僕がのめり込んだのがGOTTHARDのアコースティックライブ盤「D-FROSTED」です。当初はGOTTHARDというバンドを手軽に知るために買っただけだったのが、思わぬ傑作との出会いとなりました。新譜を多く聴いていた97年の中で素晴らしかった旧譜といえば、YNGIWEの元妻ERIKA「COLD WINTER NIGHT」(1990)です。これもB!の藤木さんが大絶賛されていたことがきっかけで知った作品で、当時は廃盤になっていたので中古CDショップで発見した時はすぐ手に取ってダッシュでレジに直行しました。中身の方は僕も大満足の北欧ハードポップの名盤です(今は再発されている様子)。

そんな充実作が多い一方で、僕の期待とは違う方向に進んでしまったのがMIKAEL ERLANDSSON。よくよく聴けば彼らしいメロディは聴ける3rd「UNFAMILIAR」ですが、1stのような方向性を願っていた僕としてはちょっとショックでした。この後、Mikaelはしばらく表舞台から姿を消すことになります…。97年の新境地としてはTRIBE OF GYPSIESですね。ミニアルバム「NOTHING LASTS FOREVER」での、ラテンフレイヴァーを適度に塗したサウンドとRoy Z(G)の熱気溢れるギターに魅了されました。全体的にメロディック・メタル勢の傑作ラッシュが印象的な1年でしたね。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こじろーさん

実は2000年頃にHR/HM系のサイトを作りたいなーと思い、それまで聴いてた音楽をメモってたんですよね。サイト立ち上げは挫折しましたが…。それをもとに当時の思い出を付け加える形で書かせてもらってます。今、ランキングを作ると微妙に違うバンドもいますが、当時の僕の好みということで。

多くのブロガーさんが2008年の年間ベストを発表してる中、マイペースに10年前の思い出語らせてもらってます。

FROTUNEの「MAKING GOLD」は北欧メタルファンの間で評価高いですよね。べにー・ストべりは今どうしてるんでしょうか?

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/01/06(火) 08:15:26
  • [編集]

よしよさん、よく10年以上も前の聞いてた音楽を1年1年しっかりとおぼえてますねー。すごいなー、感心します。

この頃僕は、トニー・マーティン時代の様式美BLACK SABBATHにハマってたような気がする。

あとCLOCKWISEつながりで言えば Fortune の Making Gold が好きでしたねぇ。

  • 投稿者: こじろー
  • 2009/01/06(火) 00:36:57
  • [編集]

Amatinさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
おお!僕の他にもCLOCKWISEファンの方が!感激です。このバンド、2枚のアルバムで消えちゃいましたね(涙)すでに2ndの頃から方向性が微妙でしたが。

インギーは「ALCHEMY」以降、聴いてなかったりします。
この頃のメロスピといえばGAMMA RAY、HAMMERFALL、IMPELLITTERIなどでしょうか?当時の僕はROYAL HUNT命でした。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/01/05(月) 20:50:20
  • [編集]

こんにちはー。

よしよさんの年間ベストシリーズw、楽しみにしてます。
この当時の音楽的嗜好、かなり被ってますね。マジびっくり!

CLOCKWISEというチョイスに、全世界の俺が泣いた(笑 そんな昔かー

インギーもこのアルバムを境に低空飛行気味なのが残念ですねえ。
当時もうちょっと俺はメロスピ系が多かったかな、って感じっですね。

  • 投稿者: Amatin
  • 2009/01/05(月) 14:23:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する