HIBRIA「THE SKULL COLLECTORS」(2008)

  • 2009/01/09(金) 22:27:30

THE SKULL COLLECTORS
【No.087】
★★★(2008)

2004年にデビュー作「DEFYING THE RULES」で多くのメタラーのド肝を抜いて見せたブラジルの超新星HIBRIA。てっきり2作目は2006年くらいには出るのかなと思っていたのが、延びに延びて4年振りの新作となってしまいました。この4年間のうちにバンドの音楽性変化やメンバートラブルがあったのかと心配していましたが、いざ蓋を開けてみるとそんなのは要らぬ心配でした。前作で膨らんだ期待を裏切らない充実作です。

前作と同様または、それ以上の正統派メタルナンバーがひしめき合う本作の中で特に好きなのは①Tiger Punch、これぞHIBRIAな疾走メタルチューン③Screaming Ghost、⑥Devoted To Your Fear、HIBRIAにしてはスピード抑え気味でキャッチーなサビを持ってきた④Sea Of Revenge、フックあるメロディと突き抜けるサビが堪らない⑦The Skull Collectorですね。そしてやはり耳で追ってしまうのは、看板シンガーIuri Sanson(Vo)のメタルど真ん中なハイトーンボーカル。クリアな高音域を響かせた前作の頃に比べると、ややハスキーな声質になったような気もしますがアクセル踏みっ放しのパワフル歌唱は今回も凄い存在感を放ってます。

ただ、個人的に期待していた楽曲のバラエティの拡大という点に関しては前作以上に「豪快で力強いパワーメタル1本で勝負」という印象が強く、僕が望んでいたHIBRIA像とは少し違う感じですね。それと関係して①のような「決めの1曲」がある一方で各曲の差別化がしにくい悩みも解消されるには至っていないかな。男気溢れる直球勝負の優れたヘヴィメタルを生み出すバンドであることは本作で証明されたと思うので、今後は「剛」だけでなく「柔」のイメージを持った楽曲を書けるようになると鬼に金棒ですね。ハイトーンシャウトを連発するIuriも良いけど、彼のマイルドな歌も聴いてみたいなぁ…。

【音源紹介】
・Tiger Punch

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Metalaholicさん

こんにちは。
Metalaholicさんのお店でも売れてますか。このアルバムはある意味2008年最大の注目盤だったかもしれません。
こういう素人にも玄人にも受けるメタルバンドがどんどん出てきて欲しいですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/01/10(土) 09:45:17
  • [編集]

こんにちは。

「THE SKULL COLLECTORS」は売れてますよー。
私のバイト先でも現在売切れ中なほど盛況です。

メタルの入門盤としても良いですし、
要所要所でのツボは抑えてあるので玄人にも受ける良いバンドだと思います。
今後のメタルシーンはこの手のサウンドが主流になっていくと思いますね。

  • 投稿者: Metalaholic
  • 2009/01/10(土) 05:10:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する