GRAND MAGUS「IRON WILL」(2008)

  • 2011/11/30(水) 00:00:00

G MAGUS I WILL
【No.311】
★★★(2008)

4th「ON FIRE」(2002)からSPIRITUAL BEGGARSに加入し、そのディープな激シブヴォイスでバンドの飛躍に一役も二役も貢献したJB(Vo)ことJanne Christofferssonがリーダーを務めるトリオ編成バンドGRAND MAGUSの4thアルバム。2010年にJBはGRAND MAGUSに専念したいという理由でSPIRITUAL BEGGARSを脱退しています。このGRAND MAGUSというバンドはBURRN!誌などで「ドゥーム・メタル」の枠で括られることが多かったので、メロディアスなHR/HMを好んで聴く僕の頭の中では「ドゥーム」→「スロー」→「退屈」という乱暴な三段論法が成り立ってしまい(苦笑)、なかなか手を出せずにいました。ところが、前作「WOLF'S RETURN」(2005)辺りからドゥーム色は弱まってきたという評判を耳にするようになったし、JBのボーカルは大好きなので本作で初めてGRAND MAGUSを聴いてみることになった次第です。

アルバムの基本線はSPIRITUAL BEGGARSと同じくヘヴィで骨太なHR/HMでありつつ、こちらの方が泥臭くラフな印象があります。最初に聴いたときは欧州民謡風フレーズで始まり中盤以降で加速していく①Like The Oar Strikes The Water、本作の中で最もわかりやすくキャッチーな②Fear Is The Keyくらいしか耳に残らず、地味なアルバムかとも思いましたがリピートするうちにジワジワと旨みが出てきました。小インスト③Hovdingに続く④Iron Willが醸し出すどっしり感とJBの「Iron Will~♪」という伸びやかで太いシャウトに「アァイ!ルォン!ウィル!」のゴツいコーラスが絡むラストはカッコいいし、バンドの本質である重々しさと神秘的なムードが同居した⑦Self Deceiver、⑧Beyond Good And Evilといったヘヴィチューンも本来こういったスローで重たいナンバーは苦手な僕ですら引き込まれそうになる不思議な魅力があるんですよね。そんなスロー~ミッドテンポ主体のアルバム後半にあって、絶妙なアクセントとなっているのが躍動感溢れるアップテンポ⑥Shadow Knowsの存在。切れ味鋭いこの曲のギターリフは前後の楽曲が放つ重たい空気を一変させるとともに、この曲があるからこそ⑦以降のアルバム終盤で聴ける暗くて重い流れが更に活かされていると思いますね。

JBの歌唱はSPIRITUAL BEGGARSと同じく超パワフル且つ、どれだけ声を張り上げても常に余裕を感じさせるもので、これはもう素晴らしいの一言です。相違点を挙げるとすればGRAND MAGUSは自分のバンドということもあってか、エネルギーを制御することなく良い意味で荒く、伸び伸びと歌っているような気もします。そして驚いたのは彼が歌だけでなく兼任するギターの方でも僕の心を震わせてくれているという点です。リフは重々しくて勢いがあり、ソロはメロディアスなそのギタープレイはすごくテクニカルだとか、圧倒的な泣きを放っているといったものではないのですが非常に味があります。本編ラスト⑨I Am The Northのエンディングでのギターメロディもいいですね。本作の中で僕が好きなタイプの曲は即効性の高い①、②、⑥であることは確かですが「ドゥーム」の香りがする他の楽曲も聴けば聴くほどに味わいが増すスルメ盤といえる1枚です。

【音源紹介】
Fear Is The Key

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する