YNGWIE MALMSTEEN「TRIAL BY FIRE: LIVE IN LENINGRAD」(1989)

  • 2008/09/23(火) 06:18:14

TRIAL BY FIRE: LIVE IN LENINGRAD
【No.044】
★★★(1995)

名盤「ODYSSEY」に伴うツアーを収めたYNGWIE MALMSTEEN初のライブアルバム。アルバムではYNGWIE自身が弾いていたベースをBarry Dunaway(B)がプレイしている以外は「ODYSSEY」と同じラインナップで、ボーカルはJoe Lynn Turner、キーボードはJens Johanssonといった華のあるメンバーによるライブ音源となっています。

本作の特徴として挙げられるのは、YNGWIEのギターがスタジオアルバム以上に弾きまくり、攻撃性を増している点。これまでスタジオ盤でのYNGWIEしか知らなかった当時の僕にとっては、その弾き倒しっぷりに衝撃を受けました。またバッハの「小フーガ」や「G線上のアリア」、ベートーベンの「運命」などYNGWIEのルーツであるクラシックのみならず、⑦You Don’t Remember, I’ll Never Forgetではポール・モーリアの「恋はみずいろ」といったポップミュージックをも曲の中に巧みに取り入れたライブアレンジがいいですね。スタジオ盤ではほとんどなかったブルージーなフレーズがいきなり飛び出したり、Jimi Hendrixのカバー⑪Spanish Castle Magicを演奏してるのも興味深いです。

セットリストの方は「ODYSSEY」のオープニングトラックにして、YNGWIEの代表曲であるはずのRising Forceが収録されていないことを除けば、それなりに手堅い内容です。3rd「TRILOGY」と4th「ODYSSEY」を中心とする選曲の中で、一際輝いているのがソロデビュー作に収録されている名インスト④Far Beyond The Sunのライブバージョンです。驚異的なスピードとクラシカルフレーズによる構築美が素晴らしいスタジオ版もいいけど、パガニーニのヴァイオリン協奏曲~アルビノーニのアダージョ~Icarus' Dream(デビュー作収録)をイントロとして演奏することでドラマティックさを増しつつ、程よいラフさと即興性がある本作のバージョンがまた凄いですね。Jensのキーボードとのバトルも超スリリング。怒涛のインスト④からポップな⑤Heaven Tonightに至る流れが本作のハイライトですね。あと⑧Guitar Solo(Trilogy Suite Op: 5/Spasebo Blues)は良いんだけど、正直長すぎです…。

【音源紹介】
・You Don't Remember, I'll Never Forget(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

nekometalさん

新譜は当初7月っていわてたのが延びに延びてますねぇ。ジャケット見たら「俺様全開!」な感じでインギーらしいなぁと思いました。

実は、インギーの「WAR TO END ALL WARS」以降の作品はちゃんと聴いてないんですよー。新作のボーカルには「おおっ!」となりましたが、買うかどうかは微妙です。。。とりあえず試聴してみてからですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2008/09/24(水) 18:07:15
  • [編集]

懐かしさのあまりYouTube見せていただきました~♪
そういえば伯爵様の新譜、延期になってたんですね。
14日だそうですね。
ちょっと待ってから買おうかなと思ってたんですが、ヴォーカルが!
早く聴きたいっす~(^^=)♪


  • 投稿者: nekometal
  • 2008/09/24(水) 03:03:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する