CLIF MAGNESS「SOLO」(1995)

  • 2008/07/04(金) 22:41:37

SOLO

【No.005】
★★★★(1995)
年間ベスト1995年第4位

初めて買ったBURRN!誌上のレビューで90点台を獲得しているのを見て、その評価とレビュー本文につられて購入したClif Magness(Vo/PLANET 3)のソロアルバム。レビュー以外には何の予備知識もないまま、Clif Magnessというアーティストの音楽を聴いたのですが、これが実に高品質なAOR(Adult Oriented Rock)作品なんです。僕がAORに触れた最初の作品でもあるため、今でも僕の中ではこのアルバムがAORというジャンルの基準になっています。

中低音の安定感のみならず高音域でも線が細くなることのないボーカル、ハードすぎずソフトすぎずいいバランスを保った絶妙のアレンジ、そして耳に残る楽曲のメロディという三拍子が揃ったアルバムですね。プレイボタンを押すと流れてくる瑞々しいキーボードサウンド、それに導かれて始まるClifの歌唱がサビメロで一気に弾ける①Footprints In The Rainに始まり、Clifのパワフルボイスに女性コーラスが効果的に絡む②It’s Only Love、朗々と歌い上げるボーカルパフォーマンスに痺れるバラード③Hold Me Lee Anne、ダイナミックなロックソング④One Way Outという怒涛の流れは圧巻です。後半にも山場は用意されていて、⑩What’s A Heart To Do、⑫Dreams Fade Awayという2大名曲で再びテンションが上がります。

メタル雑誌だけで語られるにはあまりに勿体ないほど、幅広いリスナーにアピールする普遍的な魅力を持った本作には映画やTVで使われることがあれば、大ヒットしそうなポテンシャルを秘めた楽曲ばかりが並んでいる1枚。Clif MagnessはAOR界の巨匠Jay Graydonが中心となったPLANET 3というAORプロジェクトでも活躍していたそうですが、ここ最近は名前を聞かないし、ソロアルバムもこれ以降はリリースしていない様子。どうやらソングライターとして他のミュージシャンに楽曲を提供しているみたいです。こんな素晴らしい歌声の持ち主が裏方にまわるのはほんとに惜しいと思うので、いつか次のソロアルバムを出してもらいたいですね。

【音源紹介】
・Footprints In The Rain

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。音楽は嗜好品なので趣味が合う人のオススメでも時にはピンとこないこともありますよね。とはいえ藤木さんのレビューについては泣き笑いの中でも笑いの方が多いので今でも藤木さんの今月のおすすめページは真っ先にチェックしてますし、ネットで情報が得られるようになった今もB!は貴重な情報源です。そういえばアルちんさんはSOILWORKなどの激しい系もよく聴かれてるようなので前田さんにも近いんですね。
ほんと、CLIF MAGNESSはソングライターとしてもさることながら、太くて温かみのある声が魅力なので是非とも表舞台に出てきてもらいたいものです。僕が藤木さんのレビューの中で印象に残ってるのは「ガッツポーズ、失禁、脱糞」ですかね(笑)。シモ系が多くてスミマセンが今月号のB!のNIVAのレビューで久々に「失禁」という単語が使われてるのを見てニヤリとしてしまいました。まだNIVAのアルバムは買ってませんが…。

  • 投稿者: よしよ
  • 2011/09/29(木) 23:44:01
  • [編集]

私も藤木さんで泣き笑い

 こんばんは!!
 私も藤木さんのレビューには、よしよさんと同じく泣き笑いした一人です。
(懐かしいなぁwホントにレビューに当たりとハズレが結構大きくて…、まだまだネット上で事前チェックが出来なかった時代でしたから、B!誌の存在は非常に大きな時代でしたね。まあ数年後、藤木氏より前田氏の方が音楽的趣向が合ってしまtyたりするのですがwww)

 ほんとにCLIF MAGNESSという名前が、表舞台から消えてしまている!?
(それともAORとかとは全く違うジャンルの音楽畑で仕事いているのでしょうか?)のは不思議でしょうがありません。

 今でも藤木さんの「ガッツポーズw」とかレビューに書かれるとついつい気になてしまいますねぇ(笑)

  • 投稿者: アルちん
  • 2011/09/28(水) 23:02:46
  • [編集]

アルちんさん

このアルバムは僕がB!誌のレビューを頼りに買ってみた最初の作品なので凄く思い出深いです。その後もB!レビューの高得点盤(特に藤木さん)を買い漁って泣き笑いしましたが、本作での成功体験と未知なる名盤に出会った時の喜びは忘れられませんね。このアルバムがきっかけでAORというジャンルに興味を持ち、いくつかの作品を聴きましたが本作以上に好きになったものはなかったと思います。
それにしてもCLIF MAGNESSという人は今どうしてるんでしょうね?本作と前後してPLANET3というプロジェクトに参加していたようですが、それ以外の情報が掴めてません…。裏方ソングライターに徹してるのでしょうか。ソロ作を出してくれれば是非聴きたいんですけどね。
こんな以前に更新した記事にまでコメントいただき嬉しいです。ありがとうございます!

  • 投稿者: よしよ
  • 2011/09/26(月) 23:41:28
  • [編集]

ダンバールから発掘しましたw

 こんばんは、よしよさん。
当時、私もB!誌の高得点に「これは買いだな!」とお金を握り締めて買いに走った一人ですwww
 当然、現在日本盤は廃盤な訳ですが、当時の自分に「よく買ったな!」と褒めてあげたいくらい名盤ですね。
 お気に入りは哀愁がたまらない①Footprints In The Rainと、名バラードの⑫Dreams Fade Awayの2曲は飛びぬけてお気に入りです。
 今聞くと、やや打ち込み臭いところも耳についたりしますが、一生大切にする一枚だと思います。

  • 投稿者: アルちん
  • 2011/09/24(土) 23:11:02
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する