YNGWIE MALMSTEEN「LIVE!!」(1998)

  • 2008/10/02(木) 06:10:55

YNGWIE LIVE!!
【No.049】
★★★(2007)

1989年発表の「TRIAL BY FIRE: LIVE IN LENINGRAD」以来となるYNGWIE MALMSTEEN2作目のライブアルバム(2枚組)。傑作「FACING THE ANIMAL」のツアーということで、リリース前は凄く興味があったんですが、2枚合わせて全15曲(うち2曲はRAINBOWDEEP PURPLEのカバー)で収録時間は「TRIAL BY FIRE」より短い約66分と聞いて、買うのを少しためらってしまいました。せっかく2枚組というボリュームなのに、この曲数では物足りないと感じたし、自身のカバーアルバム「INSPIRATION」に収録していた曲とはいえ、カバーよりもオリジナル曲を多く聴きたいと思ったからです。

と、文句を言いつつ聴いてみたところ意外と良いんですよ、これが。特にDisc-1は「FACING THE ANIMAL」の中でもお気に入りの①My Resurrectionで幕を開け、粘り気あるメロディラインが耳に残る②Facing The Animal、速弾きだけでないYNGWIEのメロウな側面にスポットを当てたバラード⑥Like An Angel - For Aprilといった新作からの楽曲の間に、永遠の名曲③Rising Force、YNGWIEを代表するインスト⑤Far Beyond The Sun、名盤の誉れ高い7thアルバムのタイトルトラック⑧Seventh Signと、新旧の名曲がズラリと並べられています。良くも悪くもYNGWIEらしいなと思ったのは、恐らく何百回とプレイしているであろうデビュー作収録のインスト2曲(Disc-1⑤、Disc-2⑤Black Star)が曲の原型を半分くらいしか残さないほどにインプロヴァイズ全開となっている点。Jens Johansson(Key)という華のあるプレイヤーがバンドにいないこともあり、インストはYNGWIEの独壇場という印象が更に強くなっていて、これはほとんどギターソロですね。しかもDisc-2⑨Guitar Solo (Trilogy Suite, Red House, Badinere)は15分(!)に渡るギターソロ(ブルーズ曲Red HouseではYNGWIE自身が歌ってます)で流石に聴き疲れてしまいます。ラスト2分の「ギュイ~~ン!」はほとんどノイズだし…。

個人的に注目していたMats Leven(Vo)に関しては、Disc-1⑧のような難曲も歌えていて良い意味で荒れたハスキーボイスはライブでも魅力的。だからこそAnother Timeを筆頭に新作からの楽曲をもっと聴きたかったし、定番曲のYou Don’t Remember, I’ll Never Forget、超難曲Motherless Childにもチャレンジして欲しかったというのが正直な気持ちです。「TRIAL BY FIRE」同様、選曲やアルバム構成(ギターソロ長すぎ!)にやや不満は残るものの、総合的には結構楽しめるライブ盤かな。YNGWIEは本当に優れた楽曲が多いのでグレイテストヒッツ的なセットリスト(できれば「FACING THE ANIMAL」までの作品から)でのライブ音源を残して欲しいものです。

【音源紹介】
・My Ressurection(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

B!13さん

8年も前の記事にコメントありがとうございます!僕は「ALCHEMY」を最後にYNGWIE MALMSTEENから卒業しましたが、僕はYNGWIEの「ECLIPSE」がきっかけでHR/HMを聴くようになったので今も好きなアーティストであることは間違いありません。YNGWIEフェスはあったら盛り上がりそうですよね。ホント、冗談抜きで本人不在でもやってほしいくらいです。彼のアルバムに参加した歴代シンガーやJohn West、Jorn Landeなど一時的に活動を共にしたボーカリストを含めるとかなり豪華なメンツになりそうですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2016/11/07(月) 22:07:52
  • [編集]

8年前(!!)の記事にすいません。

ここ最近はイングヴェイへの興味が薄れていたんですが最近ブックオフで見かけて買いました。聴いたら「俺はやっぱりイングヴェイが好きなんだな」って再認識しました。

選曲には不満というか2枚組なのにボリューム不足なのが残念ですね。インスト以外の曲はジョー時代のライブ盤と被ってないってのは配慮なのかな…って思いましたが、そんな事は考える人じゃなさそうですね(笑)

同じボーカルが3作続けて歌わないというジンクス的に次のアルバムは専任ボーカルを入れて製作してくれれば…という淡い期待を抱いています。

BURRN!で藤木さんが書いてた歴代ボーカリスト集めて(最悪、イングヴェイ本人が不在でもいいので(笑)イングヴェイフェスやって欲しいです。

  • 投稿者: B!13
  • 2016/11/06(日) 21:09:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する