FC2ブログ

SOILWORK「NATURAL BORN CHAOS」(2002)

  • 2011/05/06(金) 00:00:00

NATURAL BORN CHAOS
【No.286】
★★★★(2002)
年間ベスト2002年第7位

デビュー当初はARCH ENEMYフォロワーと評されていたものの、前作「A PREDATOR'S PORTRAIT」(2001)でノーマルボイスを大胆に導入するなどしてバンドのアイデンティティを築き始めたSOILWORKの出世作となった4thアルバム。それまでのSOILWORKにはなかったシンガロングパートを盛り込んだ前作収録曲Like The Average Stalkerをライブで演奏した際にオーディエンスが合唱する姿を見て「今後はもっと歌えるようなスタイルを追求したいと思った」というメンバーの言葉通り、本作ではボーカルメロディが大幅に増強されていて前作から本作にかけての変化は「大化け」と呼ぶに相応しい飛躍振りですね。

前作(もっといえば2ndの日本盤ボーナスShadowchild)から実践するようになったデス声とクリーンボーカルの対比を更に推し進め、ARCH ENEMYの影響下にあるメロデスバンドからオリジナリティ溢れるバンドSOILWORKへと進化を遂げた本作が過去作品と決定的に違うのは歌メロの充実振り。これまではどちらかと言えばインストパートが魅力的に思えることが多かったのに対し、本作ではBjorn“Speed”Strid(Vo)が見せる柔と剛の振り幅の大きいボーカルパフォーマンスが僕の耳をとらえて離しません。新生SOILWORKの挨拶代わりのオープニングチューンであるだけでなく、後に多くのフォロワーを生み出すことになるSOILWORKスタイルの極致をいきなり見せつける①Follow The Hollow、幾重にも重ねられたボーカルと楽曲に奥行きをもたらすスペーシーなキーボードが秀逸な②As We Speakはバンドを代表するナンバーで、このアルバム冒頭を聴いた時点で本作の世界にグッと引き込まれますね。また新加入の鍵盤奏者Sven Karlsson(Key/ex-EMBRACED、EVERGREY)の貢献度も大きく、味付けレベルに止まらない彼のキーボードサウンドが独特の浮遊感と近未来的な雰囲気をもたらしています。

プロダクションに関しても、これまでの作品を手がけてきたFredrik Nordstrom(G/DREAM EVIL)に加えて分厚い壁のようなサウンド作りを得意とする奇才Devin Townsend(Vo、G/STRAPPING YOUNG LAD)を共同プロデューサーに迎え、重厚でありながら各パートの音がしっかりと聴こえる上質なサウンドを生み出してくれています。細部にまでこだわり抜くDevinに Bjornはかなりしごかれたそうですが、彼の潜在能力を大きく引き出したDevinなくして本作のこの完成度はなかったと思います。「これ!」という超名曲はないような気がするものの、メロディの求心力が大きくアップした本作は突出した曲がないというよりはどれもが名曲になり得るナンバーが詰まった1枚だと思います。過去3作品に比べて疾走感や暴虐性、泣きのギターメロディは減退しているため失ったものもある一方で攻撃的なデス声で畳み掛けておいてサビでは一転してメロウなクリーンボイスで歌うというスタイルを生み出し、シーンに定着させた本作は大袈裟かもしれませんが歴史に名を残すアルバムと言えるのではないでしょうか。

【音源紹介】
・Follow The Hollow

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。このアルバムは近未来的な質感を生み出すキーボードがいい仕事してますよね。楽曲の垢抜け具合もハンパなく、正に化けたという感じです。ロブの予言がずばり的中!サウンドホリックというとマニアックなバンドの作品をリリースしてくれるレーベルという印象が強い中、本作はメジャー感バリバリでした。
僕の今月の注目盤はARCH ENEMYですね。5月で即購入予定なのはその1枚だけですが、6月にはJOURNEY、SYMPHONY Xといったバンドの新作が控えているので今月は出費をセーブしたいところです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2011/05/10(火) 23:39:26
  • [編集]

よしおさん、こんばんは!ついに4thまでレビュー来てしまいましたね^^
このアルバムこそ3rdより、まさにロブの言う「未来のメタル」って感じで、衝撃的でしたね。(keyがまたフューチャリテックかつスペイシーで良いデス)

今までのアルバムと比べて、keyが前面に出てきて、デスとクリーンの対比も3rdと比べ物にならないほど顕著に現れ、このアルバム以降たくさんのフォロワーが現れたと思いますw
今は無きサウンドホリックで、その当時一番売れたとか…

3rdの疾走感が感じられる①Follow The Hollow、メロウでコーラスの美しい②As We Speak、もいいんですが勝手にSOIL版Silver wingと命名していたw⑨No More Angels
もメジャーで開放感溢れる名曲と思っております。

さあ今月はAMORPHISの新譜が~。ついでにMYGRAINも良さげだし、ARCHENEMYも;;
お金が足りません!!

  • 投稿者: アルちん
  • 2011/05/09(月) 22:20:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する