SOILWORK「A PREDATOR'S PORTRAIT」(2001)

  • 2011/05/01(日) 00:00:00

A PREDATOR'S PORTRAIT
【No.285】
★★★(2001)

デビュー作「STEELBATH SUICIDE」(1998)と2nd「THE CHAINHEART MACHINE」(2000)の間で大きく成長したスウェディッシュ・メロデスバンドSOILWORKの3作目にして、僕にとってこのバンドの初体験アルバム。当時のSOILWORKは激しいメロデスサウンドと流麗なギターを組み合わせたARCH ENEMYタイプのバンドとしてBURRN!誌で紹介されていたのでAmott兄弟のような泣きのツインリードを期待して聴いたところ、最初は肩透かしをくらった印象でした。確かにギターパートは充実しているものの、ソロが楽曲のハイライトとなるほどのキラーフレーズを繰り出すARCH ENEMYに対してSOILWORKはあくまでも曲の流れに溶け込んだギターという印象で、一聴したインパクトはARCH ENEMYには及ばなかったからです。

しかし、だからといって本作がハズレ作品かというとそんなことは全くなく、超前のめりな攻撃性で突進してくる①Bastard Chainが放つ理屈抜きのカッコよさにいきなりノックアウトされました。過去2作品が北欧メロデス系だとすれば本作はより広義なエクストリームメタルという感じで、ダークな中に仄かな哀愁が漂うメロディとデスラッシュっぽい爆走感が気持ちいい1枚だと思います。そして本作最大の特徴はBjorn“Speed”Strid(Vo)のデス声が表現力を増しているだけでなく、ほぼ全ての楽曲でメロディアスなクリーンボイスを効果的に取り入れているという点です。そんなSOILWORKスタイルの好例が②Like The Average Stalker、③Needlefeast、⑥Grand Failure Anthemや前作の日本盤ボーナスとして収録されていた曲のリメイク⑧Shadowchildなどですね。特に②はこれまでのSOILWORKには縁遠かった「一緒に歌えるキャッチーさ」までも兼ね備えた1曲だし、⑥は「Failed! Failed! Failed!」というBjornの絶叫とメランコリックなコーラス、ギターメロディを総動員して既存のメロデスというジャンルを食い破っていこうとするバンドの姿勢が垣間見えるナンバーですね。今でこそヴァースで吠えてサビで歌うというスタイルは珍しくなく、Bjornよりも器用にこなすChristian Alvestam(Vo/ex-SCAR SYMMETRY etc)のような歌い手もいますが本作発表当時はこのようにデスボイスとクリーンボーカルを駆使する手法は新鮮かつ衝撃的でした。

本作で初めてSOILWORKの音を聴くまで、僕はこのバンドにARCH ENEMYのようなクサいギターメロディを期待していましたがギターパートはこのバンドの持ち味のひとつに過ぎず、これまで以上にシャープかつソリッドになったリフとリズム隊が構築する轟音の中で咆哮しながら歌うBjorn、バックキング中心でありながら楽曲のドラマ性を高めるのに必要不可欠なCarlos Holmberg(Key)が一体となって生み出す本作のサウンドはかなり魅力的ですね。作品を重ねる毎に進化を続けるSOILWORKは次回作「NATURAL BORN CHAOS」(2002)でグッとメジャー感を増し、後続バンドに多大な影響を与えることになるのですが、本作は4th以降のSOILWORKでは味わえない「触る者みな傷つける」アグレッションが迸る力作という印象です。ちなみに本作を聴いたRob Halford(Vo/HALFORD、ex-JUDAS PRIEST)が「SOILWORKはメタルの未来だ」と賞賛したのだとか。後にSOILWORKがメタルシーンに大きな影響を与えたことを考えると、メタルゴッドの目と耳に間違いはなかったと思いますね。

【音源紹介】
・Grand Failure Anthem

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。僕は2日にも休みを取っていたのでGW満喫中です。1日のんびりCDを聴きながら過ごしたいのですが、そうもいかないのが現実だったり…。
キャプテン和田さんのラジオを僕は聴いたことありませんが、Bastard Chainがいきなりラジオから流れてきたらブッ飛んでしまいますよね。
アルバムとしても気に入ってますが、やはりGrand Failure Anthemがインパクト絶大!個人的な好みでは4th、5thがお気に入りですが3rdの「触るもの皆傷つけるような攻撃性」もまた魅力的ですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2011/05/03(火) 21:29:43
  • [編集]

GWも中盤に突入だ~

 こんにちは!GW中溜まったCDを聴きまくるつもりが中々消化出来ないし、明日が仕事と言う事でブルーな時間帯となって参りました><

 よしおさんと同じくSOILWORK初体験はこの3rd。関西でやっていたキャプテン和田さんのラジオで紹介されたBastard Chainを聴いてブッ飛んでしまいましたね。
あまりのカッコよさに!即購入決定でした(笑)

 今では珍しくないけどメロデスで当時はサビの部分でスピード落としてクリーンに歌い上げるというスタイルも中々衝撃的でした。
 ①Bastard Chain、③Needlefeast、⑥Grand Failure Anthemのデスラッシュナンバーは本当に素晴らしいの一言。特に⑥Grand Failure AnthemはSOILWORK随一の名曲と
思います。
4thにつながるような楽曲⑧Shadowchildのメロウさも堪りません。

 本当にいいアルバムですよね。

  • 投稿者: アルちん
  • 2011/05/01(日) 15:49:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する