SILENT FORCE「WALK THE EARTH」(2007)

  • 2010/06/22(火) 00:00:00

WALK THE EARTH.jpg
【No.243】
★★(2007)

「INFATUATOR」(2001)、「WORLDS APART」(2004)という2枚のアルバムで「歌良し、曲良し、サウンド良し」というメロディックメタルの安心ブランドとしての地位を確立し、KAMELOTとのカップリング公演で初来日も果たしたSILENT FORCEの4thアルバム。過去2作品がひたむきなまでに鋼鉄サウンドを追求した熱さ漲る作風だったのに対し、本作では若干クールダウンしていて風格や余裕のようなものが感じられる1枚となっています。

とはいえ、これまでの作品で築き上げてきたSILENT FORCEらしさは健在で③Point Of No Return、⑤The King Of Fools、⑫Picture Of A Shadowといったメロディックメタル佳曲や、物静かなイントロに導かれる緩やかなサビメロとロックンロールテイストも感じられるAlex Beyrodt(G/ex-SINNER)の弾きまくりギターソロの対比がカッコいいタイトルトラック②Walk The Earthなども楽しめます。それだけでなく⑤ではエスニックなフレーズが用いられているほか、これまでのバンドイメージからすると異色曲と言えそうなメランコリック・ゴシック調⑦Goodbye My Ghost、モダンでヘヴィなギターリフから一転して親しみやすいサビメロが登場する⑨My Independence Dayといった新機軸もあってバンドが楽曲の幅を広げようとしていることが窺えます。こうしてメロディック・パワーメタル一直線な音楽性から、より普遍的なHR/HMへシフトしている本作では、これまで以上にTorsten Rohre(Key)の巧みなキーボードワークが良い味を出していますね。またAlexと並ぶバンドの主役であるD.C. Cooper(Vo/ex-ROYAL HUNT)についても、音程をきっちりコントロールして丁寧にメロディをなぞる従来のスタイルだけでなく⑫では良い意味で荒れた歌い方を披露してくれていて新鮮でした。

ただ正直なところ物足りない部分もあります。メロディック・パワーメタルは僕の大好きなジャンルなので本作におけるメロパワ要素の減退ももちろん残念なのですが、今回はそれ以上にキャッチーなメロディがあまり聴けないというのが寂しいですね。前作がバンド史上最もメロディアスな作品だったこともあり、その落差が大きく感じられます。手堅くまとまったアルバムではあるものの、決定打に欠けるという意味ではバンドのデビュー作「THE EMPIRE OF FUTURE」に近いかもしれません。

【音源紹介】
・Walk The Earth

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

たけちよさん

こんにちは2
僕も何はなくとも楽曲のメロディを最優先して音楽を聴くので、本作はあまりはまれなかったですね。たけちよさんの仰るとおり、音質やバンド感はハイレベルなので次はAlexに頑張ってもらいたいです。
そういえばVOODOO CIRCLEなんてバンドも結成してましたが、そろそろSILENT FORCEの新作(というかD.C.の声)が聴きたいですねー。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/06/24(木) 12:47:37
  • [編集]

メタラーまっちゅさん

こんにちは。
このアルバムがSILENT FORCE初聴きですかー。だとすればこのバンドに対する印象は微妙かもしれませんね。僕も1stを聴いたときはやばいかも…と思っていましたが続く2nd、3rdではまり、本作でうーん微妙と首をひねってしまいました。
D.C.の歌はいつ聴いても素晴らしいし、Alexは3rdではがっつり弾きまくってくれていて本作よりも印象が良かったですよ。
ただ本作は楽曲がいまひとつなので、次作に期待ですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/06/24(木) 12:39:43
  • [編集]

こんばんは~。2。

同感2号ですw まさにここではやってはいけないクールダウン^^;

前作が素晴らしい内容だっただけに結構がっかりしました。
とは言えサウンドプロダクションやバンド感は健在なので楽曲の質の問題なのですが、一番大事なそれが。。 前作の安定感がうそのように全体的に弱く感じました。
せっかく地位を固められたかもなのにもったいないな~w

次作でが3rdのような煌めきを取り戻してほしいですね(^^)

  • 投稿者: たけちよ
  • 2010/06/23(水) 23:49:31
  • [編集]

今作で初めてSILENT FORCEを聴いたのですが、まったくの
同感です。やはりコーラスの弱さ、フックのなさからなのか、
楽曲のインパクトが非常に弱いです。

おまけにギタリストであるAlex Beyrodtのプレイも初聴きだった
のですが、これもまったく気に入らずで正直がっかりな作品でした。

ただ肝心のD.C. Cooperの歌声だけは良かったです。安心して聴ける
貫禄の巧さですね。

  • 投稿者: メタラーまっちゅ
  • 2010/06/22(火) 22:43:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する