FC2ブログ

ZIGGY「NOW AND FOREVER」(2007)

  • 2009/03/20(金) 00:06:29

ZIGGY N AND FOREVER
【No.113】
★★(2007)

2005年に「JUST A RICKIN’ NITE」を発表後、メンバー間(というか森重 樹一松尾 宗仁)に不協和音があり、活動を休止していたZIGGYによる2年振りの復活作。前作が従来と異なる大人のロック路線だったこと、僕が求めるZIGGY像を森重と戸城 憲夫(B/ex-ZIGGY etc)によるバンドTHE DUST’N’BONEZで体現してくれたこともあって、本作にはそれほど期待はしていませんでした。メンバーは津谷 正人(B)が脱退し、森重、松尾、JOEの3人が正式メンバー、ギターとベースにサポートメンバーを迎えています。

音楽性は前作の延長線上、というか前作に僅かに残っていたGo To Blazes!Junky Crashといった曲のようなハイエナジーなロケンローは皆無で、僕にとっては更にツライ方向性となってます。①Crazy Horse In My Headの出だしからして、ハードロック色の薄い作品だと痛感。ただ、繰り返し聴いていると松尾作曲の⑤Lewisは好きになってきたし、②「溢れる光を抱いて」、⑦Daisyあたりには森重節が残っていて、アレンジを変えれば僕が期待する「らしい曲」になりそうなのでZIGGYの魅力が全くなくなってしまったわけではないんですけどね。それにスローな③「その歌になり、その風になる」なんて森重のボーカリストとしての懐の深さを感じさせてくれるのも事実。聴き込めば、この渋いZIGGYの魅力もわかってくるのかな。初期ZIGGYの名曲I’m Gettin’ Blueのアンサーソング⑨Now And Foreverも曲調はレゲェ風、ボーカルパートは一部ラップのようになっていて音楽的にはまるで別バンドみたい。歌詞はI’m Gettin’ Blueの23年後を描いてて興味深いのに、メロディに酔えなんですよね。

僕の好きなハードロック路線のZIGGYはTHE DUST’N’BONEZに継承され、「JUST A ROCKIN’ NITE」以降、本家ZIGGYは松尾が音楽性のイニシアチブを握り、渋い味わいのあるロックバンドになったのかなという感想です。森重の歌詞には相変わらずハッとさせられることも多いのは確かなんだけど、曲が僕の苦手なタイプなのが痛い。逆にこの路線が好きだという人もいるとは思いますが。前作といい、本作といい、ファンが求めるZIGGYのパブリックイメージであるメロディアスなロックンロールと自分たちがやりたい渋いアダルトロック路線の間で迷走している印象が強いですね。結局、バンドはそのジレンマを脱することができず、2007年をもって無期限の活動休止(あくまでも解散ではないとのこと)という道を選択することとなってしまいました。森重が歌うハードロックはTHE DUST’N’BONEZで、またブルーズ路線はTHE PRODIGAL SONSで聴けるので、それほどショックは大きくないけれどいつの日かZIGGYとして復活してほしいですね。

【音源紹介】
・Lewis

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

heavy Dさん

こんにちは。
ZIGGYは今までも紆余曲折を経てきたバンドなので、また復活してくれると信じてます!個人的にはSNAKE HIP SHAKES、HEAVEN AND HELLのサウンドを希望です。

彼らの歌、カラオケで歌うの難しいですよね。一緒に行く人が知ってる歌となると、やはりGloriaですねー。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/03/22(日) 11:03:51
  • [編集]

こんにちは!

そうですね、いつの日か復活してまた一花
咲かして欲しいです。ジレンマを吹き飛ばすような
勢いのある作品で!

カラオケでも歌えるような曲も是非数曲作って欲しい~。
Gloria I need your love♪

  • 投稿者: heavy D
  • 2009/03/22(日) 09:55:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する