VALENTINE「NO SUGAR ADDED」(1998)

  • 2008/08/16(土) 08:18:07

NO SUGAR ADDED.jpg
【No.026】
★★(1998)

VALENTINEが自身の音楽を表現する中で、欠かせないキーワードである「大仰」「ドラマティック」という2大要素を抑えた(それでも十分ドラマティックですが)5thアルバム。このアルバムの感想はVALENTINEが創造する音楽に対して、「華麗な装飾をしすぎ」と感じているか、「ゴージャスでドラマティックな曲展開こそがVALENTINEの肝」と感じているかによって分かれそうですね。僕はどちらかというと後者なので、これまでの作品と比べると物足りないというのが正直な感想です。

とはいえ、キーボードが引っ張っていくアップテンポ⑦Back 2 Mars、VALENTINEの真骨頂である麗しのバラード⑨My Only 1で聴けるVALENTINEワールドは健在だし、かつてRobbyが在籍していたZINATRA1ST AVENUEの楽曲をリメイクした④Love Never Dies、⑪Never Ⅱ Lateの2曲は流石の出来栄えです。ただ、これらのリメイク曲が本作で最も印象的な楽曲になっているのは複雑ですが。

これまでの作品で築き上げたスタイルから距離を置き、VALENTINEとしてはシンプルな楽曲が多く、ともすればダークな印象(あくまでVALENTINEとしては)も感じられるのは、アルバム制作前にRobbyの父親が他界したことと無関係ではないと思います。ただ僕としては劇的な展開とドラマ性が控えめなこと以上に、メロディの魅力が前4作の域にまで達していないように思えることと、過去の楽曲を連想させるメロディがチラホラあることの方が気になりますね。

【音源紹介】
・My Only 1

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する