TERRA NOVA「ESCAPE」(2005)

  • 2010/12/13(月) 00:00:00

ESCAPE.jpg
【No.271】
★★★(2005)

TERRA NOVA解散後に結成したAQUILA名義で2001年、2004年とコンスタントに2枚のアルバムをリリースしていたのでFred Hendrix(Vo)は今後AQUILAとして活動していくのかと思っていた2004年後半に「TERRA NOVA復活!」のニュースが飛び込んで来ました。BURRN!誌2005年9月号に掲載されていたFredのインタビュー記事によると、この復活劇はバンド側が言い出したことではなくFRONTIERS RECORDSの社長Serafino Perginoが仕掛け人だったようです。後にSerafinoはメロディックロックファンを歓喜させるバンド/プロジェクト(ALLEN-LANDE、PLACE VENDOME、W.E.Tなど)を次々と世に送り出していますがTERRA NOVA復活にも関わっていたとは…。この人には本当に感謝してもしきれませんね。元々、TERRA NOVA解散劇には地元オランダのレーベルとの契約のもつれが関係していて、TERRA NOVAの名前で活動することができなくなったためFredはソロから発展した別バンドAQUILAで活動する道を選んだようですが、オランダのレーベルとの契約が満了した後でSerafinoからFredにTERRA NOVA復活を持ちかけたそうです。

そういうわけで晴れてTERRA NOVAとして再始動することができるようになったバンドの4thアルバムは良い意味で不変のTERRA NOVAサウンドが貫かれています。AQUILA名義での2作品も好きですがTERRA NOVAを越えるアルバムとまではいかなかったので「Fredのメロディセンスが枯渇してきたのでは…」という一抹の不安もありましたが、いかにも「らしい」オープニングトラック①Long Live Rock'N'Roll~②Rock Bottomを聴いた瞬間にそんな気持ちは吹っ飛びました。やはりAQUILAとTERRA NOVAは似て非なる音楽を聴かせるバンドだったんだと実感。そんなロックチューン2連発の後はポップな本編を叙情的な歌メロが冴えるイントロとアウトロが挟むという一風変わった構成の③Hold The Line、デビュー時に完成していたというセンチメンタルなバラード④Heaven KnowsRon Hendrix(Key)の煌めくキーボードがバンド持ち前の明るさを強調し、ソロパートではRonとGesuino Derosas(G)の掛け合いもフィーチュアしたタイトル曲⑤Escapeという流れも素晴らしいです。またこのバンドの作品に欠かせないキラーバラードも前述の④とFredの奥様に捧げられたラブソング⑦You Are The Oneの2曲が収録されていて、きっちり泣かせてくれます。本編ラストのバラード⑫Yesterdayもメロディの魅力こそ上記2曲に一歩譲りますが、幻想的なサウンドがアルバムの締めとしてグッド。その他には優しげなメロディと重厚なハーモニーが味わえる⑧Sole Survivor、心温まるサビメロが秀逸なAOR風⑨Lonely Is The Night、「音楽に古いも新しいもない。俺達は80年代のロックが大好きなんだ!」というバンドの精神性を曲名と歌詞に凝縮した80年代讃歌⑩Back In The Eightiesなども好きですね。

FredとRonの Hendrix兄弟とGesuinoが正式メンバーでリズム隊はサポートメンバーという編成ながら、この3人が揃えばTERRA NOVAサウンドが完成されることを本作で証明してくれています。各曲に息づく良質なメロディと爽やかなコーラス、そして楽曲を鮮やかに彩るギターとキーボードなど、どこを見ても6年間のブランクを感じさせない充実作ですね。気になった点を挙げるとすればドラムサウンドに迫力がないため楽曲自体が軽く聴こえてしまうことと、前半に比べて後半の楽曲がやや弱く感じられることでしょうか。特にドラムの軽さはアップテンポの曲では楽曲のキレを鈍らせ、バラードでは感情移入を妨げている場面があるように思えるのが残念。とはいえ、全体的な印象としては過去3作品の集大成と言える内容で、バンド復活を宣言するには十分なインパクトを備えた1枚だと思います。

【音源紹介】
・Long Live Rock'N'Roll

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

かさとりっ子さん

こんばんは。いやー最近は本当に寒いですね。冬本番という感じです。
記事にも書いたようにTERRA NOVAはAQUILAと名前を変えて活動していくんだろうと思っていただけに今回の復活は僕もガッツポーズものでした。3曲目は曲単体としてだけでなく一風変わった構成がこのバンドらしいですし、7曲目もいかにもなバラードで好きです。「COME ALIVE」は近々ブログでとりあげますが4thの延長線上にあって初期3作に比べて大人びたアルバムという感じでしょうか。ドラムもオリジナルメンバーが復帰したせいか、本作のような残念な結果にはなっないと思いますよ。
お子さんの寝かしつけ、お疲れ様です。うちの息子は基本的に奥さんと寝て二人ともそのまま起きてこないので、僕は夕食後の家事を済ませてHR/HMタイムに浸る日々を過ごしています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2010/12/17(金) 20:52:05
  • [編集]

よしよさん

お疲れさまです。CDを置いてある部屋には暖房がなくなかなかTERRA NOVAを捜しに行けなかったのですが今日は頑張って捜しに行きました。
TERRA NOVAの復活はガッツポーズですね。ただ、ドラムが残念でしたね。僕のお気に入りは3、7ですね。しかしながら、期待通りのTERRA NOVAサウンドを僕たちにプレゼントしてくれたので嬉しいですね。久しぶりに聞くと新作も欲しくなってきました。決算して予算が余りそうなら年末にCOME ALIVEも購入したいですね。LADはもう少し聴きこんでからコメントさせてもらいます。
子供を寝かしつけて一緒に寝てしまい変な時間に目が覚めてしまいました…。今夜はTERRA NOVAに浸りたいと想います☆

  • 投稿者: かさとりっ子
  • 2010/12/17(金) 01:01:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する