FC2ブログ

TNT「TELL NO TALES」(1987)

  • 2020/04/30(木) 00:00:00

TELL NO TALES
【No.541】
★★★★(1997)

本国ノルウェーでは3週連続でナショナルチャート1位に輝くなどヒットを記録したTNTの出世作にして通算3枚目となるアルバム。日本デビュー盤でもあった前作「KNIGHTS OF THE NEW THUNDER」(1984)はTNTがアイデンティティを確立するための重要作品だったのは事実ながら、バンドとしては発展途上にあることが感じられる1枚でもありました。それに対して本作では2ndにあったヴァイキングメタル系の曲は姿を消し、メジャー感が大幅に増しているだけでなく「北欧ならではの透明感と美しくもキャッチーなメロディを詰め込んだHR/HM」というTNTらしさを凝縮した仕上がりとなっていますね。

バンドの成長振りをいきなり見せつけてくれるアップテンポ①Everyone's A Star、ノリの良いギターリフからキャッチーなサビへ繋がっていく②10,000 Lovers (In One)、珠玉の美旋律ハードロック③As Far As The Eye Can See(見わたす限り)と続く冒頭3曲は実に強力。その後も邦題のセンスは微妙ながら美しさに溢れたバラード⑤Child's Play(チャイルド遊戯)からシームレスに繋がるアコースティックのインスト小品⑥Smooth Syncopationを挟んで爽やかなメロディが躍動する⑦Listen To Your Heart、曲名からして北欧テイスト満点の名バラード⑨Northern Lights、アルバムラストを派手に締めくくるスピードメタル⑪Tell No Talesを始めとする北欧メタルの最高峰が堪能できる1枚となっています。「KNIGHTS OF THE NEW THUNDER」の記事でも書いたように僕はベストアルバム「TILL NEXT TIME」(1996)がTNTとの出会いだったので、そこに収録されていない⑨を初めて聴いた時には「なぜこの曲が入っていないんだ?」というのが率直な感想でした。

加入2作目となるTony Harnell(Vo)の突き抜けるようなハイトーンは更に伸びやかになっているし、メインソングライターでもあるRonni Le Tekro(G)もクラシカルなインスト④SapphireYNGWIE MALMSTEENばりに弾きまくっているほかリフやソロで、その独特なセンスを遺憾なく発揮していますね。全11曲で31分足らずと、収録時間だけ見るとEP並みのボリュームしかないものの中身は濃密で聴き応え満点の逸品となっています。一般的にTNTの最高傑作は4th「INTUITION」(1989)という声が多いようですが僕にとってはどちらも甲乙付け難い名盤です。メタリックなエッヂもある本作、そこから更に洗練された次作という感じでしょうか。これからTNTを聴く方にはどちらの作品も手に取ってもらいたいですね。

【音源紹介】
10,000 Lovers (In One)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

クリンさん

3年間ネットから離れてらっしゃった後もこのブログのことを覚えていてくださり、ありがとうございます。僕が最初に買ったTNTのアルバムは4th「INTUITION」だったと思います。どちらの作品も僕にとって思い出深いアルバムだし、こうして記事にするために聴き返してみてその魅力を再確認しました。
これからも気軽にコメントいただけると嬉しいです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2020/06/24(水) 22:26:13
  • [編集]

久しぶりにコメントいたします。
僕も⓷が大好きでした。一番最初に買ったTNTのアルバムで想い出深いアルバムでもあり、大変懐かしいです。
私事で恐縮ですが、僕は三年くらいネットの環境から離れていたもので、つい最近またネットを始めてよしよさんのブログを覗いたら、このTNTの記事を書かれていたので嬉しくなり、コメントしちゃいました。
これからも、ちょくちょくコメントさせていただければと思っております。

  • 投稿者: クリン
  • 2020/06/22(月) 13:33:05
  • [編集]

ゆうていさん

このアルバムこそTNTの最高傑作という意見、わかります。「INTUITION」はBURRN!でかなり評価されてることもあってTNTといえばこれ!という感じになってますが本作も負けてません。
僕も本作ではAs Far As The Eye Can Seeが一番好きです。EUROPEのThe Final Countdownはあのイントロのインパクトが絶大なので、そう意味では「INTUITION」のタイトル曲がそれに近いと思ってます。Tell No Talesはバンドのキャリアから見てもかなり異色のメタルチューンなので前作に収録されてた方が馴染んでいたかもしれませんね(笑)

  • 投稿者: よしよ
  • 2020/06/04(木) 21:45:00
  • [編集]

TNT3rd感想

一般的にTNTの最高傑作は4th「INTUITION」(1989)という声が多いようですが、私はバラエティに飛んだこの3rdアルバムこそ最高傑作だと考えています。
4thはPOPに振り切っていて私の好みはむしろこちらですが、いろんな曲が詰め込まれている3rdの方がバランスが良い気がします。特に③As Far As The Eye Can See(見わたす限り)こそTNTならではBest tuneであり、アルバム共々EUROPEのファイナルカウントダウンに匹敵するとは言い過ぎかな^^;⁉︎ただアルバムラストを派手に締めくくるスピードメタル⑪Tell No Talesは好みでは無いんですよね。

  • 投稿者: ゆうてい
  • 2020/06/01(月) 06:59:43
  • [編集]

グラハムボネ太郎さん

一般的には「INTUITION」がTNTの最高傑作と言われていますよね。以前は僕もそう思ってましたが、この記事を書くために本作を改めて聴いているとこちらも名盤だと再確認しました。どちらのアルバムも大好きです(笑)

  • 投稿者: よしよ
  • 2020/05/14(木) 22:37:01
  • [編集]

毎回迷うけど

やっぱり毎回『INTUITION』となる(笑)
でも、このアルバムも好きだし、毎回迷う。
うーん、どっちが好きかを考えちゃいけないんだなということなんでしょうね(^^)

  • 投稿者: グラハムボネ太郎
  • 2020/05/12(火) 05:53:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する