FC2ブログ

SENTENCED「FUNERAL ALBUM」(2005)

  • 2009/02/27(金) 08:16:31

FUNERAL ALBUM
【No.104】
★★★★(2005)
年間ベスト2005年第5位

このアルバムを最後に解散を宣言したフィンランドの慟哭メタルバンドSENTENCEDの8作目。自らを葬送するアルバムというユニークな位置づけの本作は、「葬送」という言葉とはおよそ不似合いなほど、ノリが良くロックした作品となっています。①May Today Become The Day、②Ever Frost、⑦Vengeance Is Mine、⑪Drain Meなど、SENTENCED特有の泣きメロを心地よい疾走感に乗せて聴かせるその姿はまるで、このアルバムで解散するバンドの最後の力を振り絞り、この1枚にエネルギーを詰め込んだかのよう。その有り余るエネルギーは真性デスメタル調のインスト⑤Where The Waters Fall Frozenにも表れてますね。

そんなエネルギッシュなイメージを持たせつつも、やはりこの作品全体を覆っているのは、マイナー調のもの悲しいメロディと、それを男臭い悲壮感すら漂わせながら歌うVille Leihiala(Vo)の歌唱ですね。格段に上手いシンガーではないんだけど、彼の声にこめられたエモーショナルなフィーリングは他のシンガーからは感じられない「何か」があります。特にブルージーに始まり後半に疾走する⑥Despair-Ridden Heartsでのパフォーマンスが素晴らしい。そして、このアルバムを語る上で欠かせないのが「あぁ、やはりこのバンドは最期を迎えるんだ…」と感じずにはいられないアコギによる短いインスト⑫Karuから⑬End Of The Roadへの流れ。悲しげな歌い出しからSENTENCEDを葬る泣きに満ちたギターソロへと続く⑬は本当に泣けます。

あえてバンドの絶頂期に解散を決断したSENTENCED。僕は前作からリアルタイムで彼らの音楽を聴いているだけなので、生粋のファンとは言えないですけど、この素晴らしい作品を残して去る彼らに拍手を送りたいですね。ただ、こういうアルバムだからこそ日本盤ボーナストラックの2曲(既発曲のライブ)はない方が良かった…。

バンドのメインソングライター/ギタリストのMiika Tenkulaが2009年2月19日に34歳の若さでこの世を去りました。ソースはこちら
Miika、素晴らしい音楽をありがとう。R.I.P

【音源紹介】
・End Of The Road(Live)

2枚組DVDにもなったSENTENCEDのラストライブからのテイクです。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

メタールマンさん

End of the Roadは何度聴いてもグッときますね。曲単体としても魅力的ですがバンドの最期を飾る1曲として聴くと感動が増幅されます。このバンドのことは後期しか知りませんが、いつかメロデス時代のナンバーもいつか聴いてみたいと思っています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/02/04(月) 23:46:26
  • [編集]

こんばんは。

End of the Road本当に良い曲ですよね。
この曲で最後とは・・・凄く悲しいです。
最後のギターソロで本当に涙が出そうになりました。

このバンドの音楽に出会えて本当に良かったと心から思います。

  • 投稿者: メタールマン
  • 2013/02/02(土) 23:42:04
  • [編集]

アルちんさん

こんばんは。僕もアルちんさん同様、前作でSENTENCEDを知ったので早過ぎる別れにショックを受けたものです。ラストアルバムながら逆に前作以上の勢いに溢れてますよね。おっしゃる通りノリの良さは前作以上ですが、メランコリックな空気もしっかり感じさせてくれるところが気に入ってます。End of the Roadはバンドの最期を飾る名曲だと思います。このアルバムでSENTENCEDの最期を看取ってからもバンドの復活を密かに期待してましたが、再結成しない潔さがカッコよくもありました。今ではそれも叶わない夢となってしまいましたが…。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/07/16(月) 20:59:12
  • [編集]

これでラストとは~

 こんばんは!よしよさん。
前作がSENTENCEDとの初顔合わせだったので、次作が早速ラストアルバムになってしまうとの事で、当時涙目のアルちんでしたが、「ラストアルバムとの事で更にメランコリック度が増したトンでもない名盤が出来上がるのでは!!」と勝手にハードルを高めすぎていた為に第一印象は「前作には劣るなぁ」という印象でした。

 ①May Today Become The Dayからしてあまりにもノリノリw、②Ever-Frostは前作路線でノリの良さの中にも哀愁が良いですね。哀感タップリの④Her Last 5 Minutes、ブルージーだけどカッコイイ⑥Despair-Ridden Hearts、このアルバム随一の名曲ともいえる⑦Vengeance Is Mine、イントロの哀感が堪らない⑨Consider Us Dead、ゴリゴリのリフが唸る⑪Drain Me、⑬End of the Roadは正に最終章を飾るにふさわしい楽曲で幻想的な子供のコーラスとその直後からのギターソロにも心奪われます。

 ただラストにしては、本当にポジティブな面が多くて当時は「またすぐに再結成するんじゃないの~?」なんていやらしい事を考えてましたが、これが正真正銘のラストアルバムなんでしょうね。
これも愛聴して行きますよ!

  • 投稿者: アルちん
  • 2012/07/15(日) 21:14:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する