FC2ブログ

CIRCUS MAXIMUS「NINE」(2012)

  • 2018/08/15(水) 00:00:00

NINE.jpg
【No.520】
★★★★(2012)

2nd「ISOLATE」(2007)で日本デビューを果たし、プログレメタルシーン期待の若手として注目を集めるCIRCUS MAXIMUSの3rdアルバム。 前作リリース後、Michael Eriksen(Vo)はバンドを離脱したRoy Khan(Vo)の代役としてKAMELOTのステージに立ったり、Torsti Spoof(G/LEVERAGE)と結成したメロディックロック・プロジェクトTHE MAGNIFICENTでアルバムを発表したりと活動の幅を広げCIRCUS MAXIMUSの知名度も上がっていましたが5年とやや長いスパンでの新作となりました。リリース間隔が長くなった要因はMichaelの課外活動もさることながら、創設メンバーで作曲面の中心となっているMats Haugen(G)が腕を痛めるなど予期せぬトラブルに依るところが大きかったらしく、当初予定していた2010年頃の完成時期が後ろ倒しになってしまったようです。

本作でまず目を惹くのはジャケットですね。従来の絵画的な雰囲気とは別物の無機質でアーティスティックなアルバムカバーはデザイナーでもあるMatsの奥さんによるものだそうですが、本作を聴く前はこのような変化がサウンド面にも表れているのではないかと一抹の不安を感じていました。実際に聴いてみても過去2作品とは趣きが違っていて親しみやすいボーカルメロディが残っているとはいえ登場頻度は減少、いかにもプログレメタル風の展開が増えています。全体的な印象としては過去のアルバムがDREAM THEATERの「IMAGES & WORDS」(1992)に北欧らしい叙情メロディを加味した作風だとすれば今回は「OCTAVARIUM」(2005)期のDREAM THEATERに近いように思いますね。そんな変化は音作りにも表れていてボーカルのボリュームがやや小さいミックスとなっている一方で、Matsのギターソロはこれまで以上に目立っていて大きな聴きどころとなっています。

聴き始めの頃は今回の変化に違和感を覚えましたが不思議とリピートしたくなる魅力を持った作品でもあります。序曲①Forgingを経てスタートする②Architect Of Fortuneはいきなり10分越えの長編で本作で聴けるCIRCUS MAXIMUSらしさが凝縮されているし、③Namasteは一転してコンパクトかつ曲名から連想される通りオリエンタルな雰囲気を放つ中毒性の高いナンバーです。僕がイメージするCIRCUS MAXIMUSらしさに最も近いのは⑥I Am、それに次ぐのが⑩Last Goodbyeでしょうか。それ以外は即効性が高くないため地味な印象を持ちますが聴くほどに味わいが増す曲が多いスルメ盤ですね。中でも哀愁と清涼感が交錯する⑩のサビはこれまでにCIRCUS MAXIMUSが生み出してきたメロディの中でも一番のお気に入りとなっていてROYAL HUNT、AT VANCEがそうだったように「Last Goodbyeという曲名にハズレなし」という法則を再確認しました。過去のアルバムで見せてくれた歌モノプログレメタルという個性やインパクトはこれまでで最も希薄ながら、バンドとしては着実に成長していると感じさせてくれる1枚です。

【音源紹介】
Last Goodbye

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

しんさん

僕もこのバンドは日本人好みのサウンドだと思ってます。一番注目度が高かったのは2ndで日本デビューした時でしょうか。その割にはブレイクできてない感があるので、今にして思えば本作でわかりやすいメロディが減ったことが日本でのターニングポイントだったかもしれません。僕も本作を初めて聴いた時はCIRCUS MAXIMUSが変わってしまったと思いましたし…(結果的に本作も過去作に負けないお気に入り盤となりましたが)。4th「HAVOC」(2016)を経てCIRCUS MAXIMUSがどう進化していくのか要注目ですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2018/08/18(土) 22:51:04
  • [編集]

こんばんは。CIRCUS MAXIMUSはキャッチ―でかつ曲の構成が良く、日本人の琴線に触れる要素があるのでもっと日本では人気が出て良いバンドだと思います。レコード会社のプッシュが弱いのでしょうか?来年ドリームシアターが新譜出すみたいなので一緒にツアー回ればよいですね。Iamは名作ですね。ライブ盤も良いです。

  • 投稿者: しん
  • 2018/08/15(水) 20:54:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する