ROYAL HUNT「2006 LIVE」(2006)

  • 2010/06/02(水) 00:00:00

2006 LIVE.jpg
【No.238】
★★★★(2006)

発売から10年以上が経過した今でも愛聴しているライブ盤「1996」から10年の時を経てリリースされたJohn West(Vo/ARTENSION)が歌うROYAL HUNTとしては初のライブアルバム。「1996」と同じ2枚組仕様の本作はAndre Andersen(Key)の故郷ロシアはサンクトペテルブルグ公演の模様が収められDVDも同時リリースされています。正直なところ7th「EYEWITNESS」以降、孤高の輝きが弱まってきた感もあったROYAL HUNTですが、こうして各アルバムから満遍なくグレイテストヒッツ的に名曲の数々をプレイされると、やはり素晴らしいバンドだと実感せずにはいられませんね。思わず2枚組CDだけでなくDVDも買ってしまいました。

スタジオヴァージョン以上にカッコよくなっている最新作のタイトルトラックDisc-1①Paper Bloodに続いて早くも名曲Disc-1②Timeが登場する冒頭の2曲で一気にテンションが上がります。喉の調子が心配されたJohnもパワフルで伸びやかな歌声を聴かせていて、自身が加入した5th「FEAR」以降の楽曲は勿論ROYAL HUNTクラシックスも自らの持ち味を加えて見事に歌いこなしています。個人的ハイライトはDisc-2①Martial Arts~②Surrender~③Running Wildですね。そしてライブを締めくくるのはバンドの代表曲Disc-2⑧Epilogue。この曲を演奏する前にAndreがロシア語で「しばらくの間にいろいろあったが残留したメンバーもいる…ジョン・ウェスト」と述べてJohnを紹介するシーンと、曲の終了後にAndreとJohnがガッシリ抱擁する姿には目頭が熱くなりますね。この10年間で栄光と解散の危機という苦悩を味わったバンドのリーダーAndreが奏でる「あのピアノイントロ」が流れてきた瞬間、僕のミュージックライフにおける重要曲のひとつである名曲Epilogueと出会ってから15年以上も経ったのかと感慨にふけってしまいました。

ちなみにDVD盤には1曲(「PAPER BLOOD」のインストSK983)多く収録されています。これはインストを元にした各プレイヤーのソロパートで、ショルダーキーボードを手にしたAndreがMarcus Jidell(G)とじゃれ合いながら弾きまくるシーンからバンド状態の良さが伝わってきますが、これは映像あってこそだと思うのでDVDにのみ収録したのは正解かと。DVD盤を見ると新加入のMarcusとPer Schelander(B)はすっかりバンドに溶け込んでいるようで、2人のステージ上での華やかさとルックスが目を惹く一方でKenneth Olsen(Ds)のポッコリお腹に切なさと時の流れを感じますね。「FEAR」収録のバラードDisc-1⑦Follow Meが1コーラスだけで終わって物足りないとかDisc-1⑧Cold City Lightの掛け合いでの煽り方がイマイチだとか、女性コーラスがMaria McTurk1人になったためバックコーラスの厚みが減ったなど気になる点もありますが全体の完成度からしてみれば些細なことなので、実力派バンドROYAL HUNTのステージングを存分に楽しめる作品となっています。残念ながらJohnは2007年にバンドを脱退してしまいましたが、John West時代の優れたライブパフォーマンスを収録したお薦め作品であり、「1996」と並んでROYAL HUNT入門盤には最適だと思います。

【音源紹介】
・The Mission(Live)


・Epilogue(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する