FC2ブログ

【年間ベスト】2017年

  • 2018/01/06(土) 00:00:00

「舞い降りてきた音楽の記録」というブログタイトルに則って、僕が本格的に音楽を聴き始めた1995年以降の年間ベストランキング記事を更新していきます。
選出基準等はこちら
僕が2017年に買ったCDはこちら
ちなみに2017年はこんな年になるのでは?と予想していました。

新譜
ULTIMATE SACRIFICE
1.GALNERYUS「ULTIMATE SACRIFICE」
バンド初のコンセプトアルバムとなった10th「UNDER THE FORCE OF COURAGE」(2015)の続編にあたる11枚目のアルバムは更に濃密さを増したアルバムとなりました。聴き始めのインパクトは前作に譲るものの、繰り返し聴くうちにどんどんハマった2017年を象徴する名盤です。
大好きな1曲:⑨Ultimate Sacrifice

LIFE_20170630234019b47.jpg
2.ADAGIO「LIFE」
僕好みの音楽性でありながらとっつきにくいイメージの強かったADAGIOが約8年振りにリリースした新作は、良い意味で予想を裏切ってくれました。気品に溢れた作風はそのままに、ある程度の即効性も備えた本作はかなりリピートしましたね。
大好きな1曲:⑨Torn

BRINGER OF PAIN
3.BATTLE BEAST「BRINGER OF PAIN」
前作「UNHOLY SAVIOR」(2015)リリース後にメインソングライターのAnton Kabanen(G)をバンド側が解雇するという事件が起こり、不安しかなかったBATTLE BEASTの4thアルバム。そんな僕の不安を吹き飛ばすには十分の力作となった今回のアルバムは2017年前半を代表する1枚です。
大好きな1曲:④Beyond The Burning Skies

BERSERKER.jpg
4.BEAST IN BLACK「BERSERKER」
BATTLE BEASTを脱退したAnton Kabanen(G)のニューバンドBEAST IN BLACKはAnton在籍時のBATTLE BEASTが順当に進化させたようなアルバムを完成。結果的に楽しみなバンドが2つに増えるという嬉しい事態になりました。彼等の確執はそうそう消えることはなさそうですが、どちらも応援したいですね。
大好きな1曲:②Blind And Frozen

THE DARK ELEMENT
5.THE DARK ELEMENT「THE DARK ELEMENT」
FRONTIERS RECORDSが新たに生み出したAnette Olzon(Vo/ex-NIGHTWISH)とJani Liimatainen(G/CAIN'S OFFERING、ex-SONATA ARCTICA)によるプロジェクトのデビュー作。Janiは僕にとって注目すべきソングライターであることを再確認しました。彼にはFRONTIERS RECORDSにその才能を酷使されることなく(笑)今後も活躍してもらいたいですね。
大好きな1曲:②My Sweet Mystery

NORTHERN HELL SONG
6.GYZE「NORTHERN HELL SONG」
2017年は国産メロデスバンドの当たり年でしたが、その中でもGYZEがナンバーワンですね。泣きに泣きまくるギターメロディの数々が僕の耳を捕らえて離しませんでした。
大好きな1曲:⑪Northern Hell Song

UNITED.jpg
7.HAREM SCAREM「UNITED」
高品質ではあるものの、ここ最近は飛び抜けたものが感じられないというイメージが定着していたメロディックロック界のベテランHAREM SCAREMが放った起死回生の1枚。新鮮味はない一方で、とにかく印象に残るメロディが増量された本作は2017年を代表するメロハーアルバムです。
大好きな1曲:④Sinking Ship

THE NIGHTS
8.THE NIGHTS「THE NIGHTS」
RECKLESS LOVEのプロデューサー/ソングライターでもあるIlkka Wirtanen(G)が立ち上げた新プロジェクトが僕の予想を超えるメロディックロック作品を届けてくれました。改めて調べてみるとRECKLESS LOVEのお気に入り曲のほとんどにIlkkaが関わっているんですよね。
大好きな1曲:③Juliette

ROUGE NOIR
9.ZEMETH「ROUGE NOIR」
彗星の如く現れた北海道出身の「哀愁歌謡ノスタルジック・メロディックデスメタル・プロジェクト」ZEMETHのデビューアルバム。楽曲はやや画一的ながらも、とにかくクサくて泣けるメロディが堪能できる本作を聴いて改めて現在の日本メタルシーンの層の厚さを感じました。
大好きな1曲:⑨Scarlet Nightmare

2017.jpg
10.ZIGGY「2017」
2007年から無期限の活動休止状態だったZIGGYがまさかの復活!森重 樹一(Vo)以外はサポートメンバーという体制でZIGGYを名乗ることに違和感がないといえば嘘になりますが、ここまでの充実盤を聴かされると何も言えませんね。
大好きな1曲:②「うたた寝の途中」

旧譜
Vキシ
1.レキシ「Vキシ」(2016)
2017年を振り返る上で欠かせないアーティストである「日本の歴史を主題とした楽曲を扱う歴史縛りファンクネスバンド」レキシの5作目。様々なジャンルの音楽を織り交ぜながらキャッチーなメロディに乗せて日本史にまつわる歌詞を歌うというスタイルは中毒性抜群です。
大好きな1曲:⑥SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(チャットモンチー)

RICH.jpg
2.ベッド・イン「RICH」(2016)
「弾けないバブルを貴方に…」というキャッチーコピーでデビューした「90年代バブル系地下セクシーアイドルユニット」ベッド・インのデビュー作。70年代生まれの僕にとって懐かしいサウンドと適度なHR/HM感がツボでした。
大好きな1曲:②「♂×♀×ポーカーゲーム」

UNORTHODOX JUKEBOX
3.BRUNO MARS「UNORTHODOX JUKEBOX」(2012)
僕は全く知らないアーティストでしたがシングルが全米1位に輝いたり、グラミー賞を2度受賞したりするなど世間的にはかなり有名で「キング・オブ・メロディ」の異名を持つBruno Mars(Vo)の2nd。珠玉のメロディがぎっしり詰まった本作は10曲で約35分というコンパクトさもあってかなり愛聴していました。
大好きな1曲:②Locked Out Of Heaven

GRACE.jpg
4.森重 樹一「GRACE」(2015)
2017年にZIGGY名義を復活させた森重 樹一(Vo)による現時点での最新ソロアルバム。ここ最近の森重ソロ作品はどれも充実していますが今回も流石の出来栄えです。
大好きな1曲:④「信じる道ならば」

SILENT ASSASSINS
5.MIKE LEPOND'S SILENT ASSASSINS「MIKE LEPOND'S SILENT ASSASSINS」(2014)
SYMPHONY XのベーシストMike LePondによるソロプロジェクトの1stアルバム。SYMPHONY Xの各メンバーがこれまでにリリースしたソロ作品にさほどハマることはなかったのですが本作は掘り出し物でした。2018年2月には2nd「PAWN AND PROPHECY」が発表されるようですね。
大好きな1曲:⑨Oath Of Honor

【楽曲】
1.Ultimate Sacrifice(GALNERYUS)from「ULTIMATE SACRIFICE」
小野 正利(Vo)加入後の洗練性にYama-B(Vo)在籍時のヒロイックなメロディを加味したGALNERYUSの新たな名曲。冒頭のギターメロディが流れてきた時点で勝負ありです。


2.The World Is Yours(ARCH ENEMY)from「WILL TO POWER」
ギターでキラーフレーズを奏でながら進行していくARCH ENEMYらしさ満載の1曲。アルバムもなかなかの力作でしたがこの曲のインパクトは頭ひとつ抜けていましたね。

3.Torn(ADAGIO)from「LIFE」
ADAGIOに苦手意識のあった僕ですがこの曲を聴いてアルバム購入を決めました。お気に入り曲がいくつも収録されていた「LIFE」の中でもこの曲の哀メロは別格です。

4.KATOKU(レキシ)from「KATOKU」
2017年に最も多く聴いたのはこの曲かもしれません。「せ、しゅう、せぃ♪(世襲制)」という歌い出し、JOURNEYの代表曲Separate WaysへのオマージュでもあるPVもインパクト抜群。この曲の甘く切ないサビメロが堪らなく好きです。

5.Hands Of Time(FIREWIND)from「IMMORTALS」
手堅い正統派メタルバンドというイメージの強かったFIREWINDがメロパワ度を大幅アップ。「IMMORTALS」には元々はFIREWIND名義ではなくプロデューサーを務めるDennis Ward(B/PINK CREAM 69、UNISONIC)とGus G.のプロジェクト用に書かれたマテリアルも収録しているそうなのでこの曲はその典型なのかもしれません。個人的にはこの手のFIREWINDの曲をもっと聴きたいですね。

6.Small Dark Lines(THRESHOLD)from「LEGENDS OF THE SHIRES」
適度な疾走感とTHRESHOLDらしからぬ(?)キャッチーなメロディをフィーチュアしたリードトラック。FIREWINDのHands Of Time同様、バンドの本道とは異なるかもしれませんが大好きな1曲です。

7.Pumpkins United(HELLOWEEN)from「PUMPKINS UNITED」
Kai Hansen(G、Vo)とMichael Kiske(Vo)を加えたラインナップでツアーを行うだけでもビッグサプライズなのに、こんなに早く新曲を届けてくれるとは予想外でした。キーパー時代を彷彿とさせる親しみやすいパワーメタルに乗る「riding the sky」、「eagle」、「we burn」、「wake up the mountain」、「walls in Jericho」などファンならニヤリとしてしまう歌詞もグッド。

8.Heartrage(CYHRA)from「LETTERS TO MYSELF」
CYHRAというバンドにさほど関心のなかった僕にアルバム購入を決意させた1曲。北欧ならではのメランコリックな旋律が僕の琴線に触れまくりです。

9.It Is What It Is(JIM JIDHED)from「PUSH ON THROUGH」
円熟味たっぷりのメロディックロック作品「PUSH ON THROUGH」の本編を締めくくる哀愁のバラード。ベテランならではの渋いボーカルが楽曲の魅力を増幅してくれていますね。

10.Wonderman(THE RASMUS)from「DARK MATTERS」
優しく聴き手を包み込むようなメロディに溢れたアルバムの中でも際立つ哀メロチューン。「メロディに酔いしれる」という表現がしっくりくる1曲です。

【他に印象に残った曲】
Tragic Night Falls(ALPHOENIX)from「FINAL CRUSADES」
Reincarnation(ALPHOENIX)from「FINAL CRUSADES」
Engraved(ANTHEM)from「ENGRAVED」
Dream Of Retribution(ARCH ENEMY)from「WILL TO POWER」
Broken(BAROCK PROJECT)from「DETACHMENT」
Rescue Me(BAROCK PROJECT)from「DETACHMENT」
Touch Of Humanity(DA VINCI)from「AMBITION ROCKS」
Blind Leads The Blind(H.E.A.T)from「INTO THE GREAT UNKNOWN」
Time On Our Side(H.E.A.T)from「INTO THE GREAT UNKNOWN」
Before We Waste Away(NOCTURNAL RITES)from「PHOENIX」
The Sea Is...(SERENITY IN MURDER)from「THE ECLIPSE」

【期待の新人】ZEMETH
自身の音楽性を「哀愁歌謡ノスタルジック・メロディックデスメタル」と表現するセンス、「メロディの洪水」という表現を久々に使いたくなるサウンドに魅了されました。今から2ndアルバムが楽しみです。

【アルバムジャケット】THRESHOLD「LEGENDS OF THE SHIRES」
LEGENDS OF THE SHIRES
コンセプトアルバムの舞台でもあるThe Shire(シャイア)を描いた幻想的な風景が実に美しいですね。2017年はお気に入りのジャケットが多くADAGIO「LIFE」、GALNERYUS「ULTIMATE SACRIFICE」、SERENITY IN MURDER「THE ECLIPSE」なども候補でした。

【2017年を振り返って】
2017年はここ数年音沙汰がなく解散してしまったものと思っていたバンドが続々と復活したことが印象的でした。その筆頭は2011年頃からニューアルバムが出るという噂を耳にしていたものの、待てど暮らせど続報が入ってこないため既に自然消滅したとばかり思っていたNOCTURNAL RITES「PHOENIX」と28年振りに奇跡の復活を果たしたDA VINCI「AMBITION ROCKS」ですね。アルバムの出来としては過去作品には及ばないというのが正直な感想ですが、どちらもバンドとしての持ち味はしっかりキープしてくれているので次回作を楽しみにしています。それ以外にもBURN「ICE AGE」、THE RASMUS「DARK MATTERS」、ZIGGY「2017」はDA VINCI同様、復活はないものとばかり思っていたので驚いたし、ADAGIO「LIFE」は久々にこのバンドの名前を聞いたなぁと思っていたら過去作品以上に僕好みの作風に変化していて嬉しかったです。「AMBITION ROCKS」の記事にも書きましたが復活を果たしたバンドが多かった2017年を振り返ってみると過去に名盤を生み出したものの現在は消息不明となっているアーティストの復活があるのではと期待してしまいますね。個人的にはFORTUNE、CLOCKWISEなどで活動していたBenny Soderberg(Vo、Key)、民族音楽を取り入れたSteven Anderson(G)、Emir Hot(G)といったプレイヤーにカムバックしてほしいと思っています。

ベストアルバムの新譜に関してはGALNERYUS「ULTIMATE SACRIFICE」が突出していました。今や日本が世界に誇るメロディック・メタルバンドへと登り詰めた彼等に対するハードルはどんどん高くなっていますが、それを毎回越えてくれるのが頼もしいばかりです。「UNDER THE FORCE OF COURAGE」(2015)で幕を開けた物語は今回の「ULTIMATE SACRIFICE」を含む3部作となるようなのでストーリーが今後どのように展開し、どう締めくくられるのか注目しています。それ以外の9枚についてはほぼ同率なのでバンド名のアルファベット順に並べています。惜しくも選から漏れたのはALPHOENIX「FINAL CRUSADES」、ARCH ENEMY「WILL TO POWER」、BAROCK PROJECT「DETACHMENT」、CYHRA「LETTERS TO MYSELF」辺りですね。ベストチューンに関してはアルバム部門の1位に「ULTIMATE SACRIFICE」を選出しているので、別の楽曲を1位にしようかとも思ったのですが何度聴いてもUltimate Sacrificeが素晴らしかったのでアルバム、楽曲部門でGALNERYUSが2冠という結果になりました。ちなみにベストチューンに関しては原則的にベストアルバムに選出した作品以外の収録曲を対象としていますがUltimate SacrificeとADAGIOTornは2017年に欠かせないので入れています。またBATTLE BEASTからAnton Kabanen(G)が脱退(というか実際は解雇)というショッキングなニュースがあったため、BATTLE BEASTの今後を心配していましたが結果的にはAntonの新バンドBEAST IN BLACKと共に充実したアルバムを届けてくれたのも嬉しかったですね。

旧譜に関してはHR/HM以外で当たりが多かったという印象です。中でもレキシは2ndシングル「KATOKU」でその存在を知って以降、フルアルバムも全てチェックするほどのお気に入りアーティストになったしベッド・イン「RICH」(2016)、BRUNO MARS「UNORTHODOX JUKEBOX」(2012)、MIKE LEPOND'S SILENT ASSASSINS「MIKE LEPOND'S SILENT ASSASSINS」(2014)など初めて聴いたアーティストの作品がランクインするなど新たな出会いが多い1年でした。また旧譜ではPAIN OF SALVATION「REMEDY LANE RE:VISITED」(2016)もリミックスアルバムではありますがかなり良かったですね。「REMEDY LANE」のオリジナル盤がリリースされた2002年当時はわからなかったこの作品の奥深さにようやく気づけたという感じです。そして2017年は日本のメロディック・デスメタルバンドの活躍が目立った年でもありました。順当な成長振りを見せてくれたGYZE「NORTHERN HELL SONG」、SERENITY IN MURDER「THE ECLIPSE」に加えてMYPROOFの主要メンバーが立ち上げたALPHOENIX、全くノーマークながら圧倒的なクサメロ作品でデビューしたZEMETH「ROUGE NOIR」などこれからが楽しみなニューカマーが登場したことも見逃せません。期待の新人部門ではALPHOENIXのほかCHYRA、THE NIGHTSも候補になりましたが純然たる新人という意味でいくとZEMETH一択でしたね。こうして2017年によく聴いた新譜、旧譜を振り返ってみるとメロディックメタルからプログレメタル、ロックンロール、メロディックロック、エクストリーム/メロデス系、非HR/HMなどいろんなジャンルが含まれているので昨年と同じく豊作の1年でした。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ゆうていさん

ゆうていさんの2017年ベストありがとうございます。僕も音楽の聴き方は年々変化していて先日Spotifyもダウンロードしてみました。無料版はアルバムを聴こうとしても曲順が強制シャッフルされるのでもどかしくもありますが、知らないバンドをチェックする際には役立ちそうです。
Travellersは「GOTHICA」の収録曲ですね。このアルバムは数局試聴して良さそうだと思いつつ買いそびれてました。僕もTENに一番ハマってたのは1996年当時でそれ以外だと「FAR BEYOND THE WORLD」が好きですね。そういえば早くも今年に新作を出すようです。THE DARK ELENENTは正に2017年のダークホースでした。単発かと思われたこのプロジェクトも新作の準備を開始したようなので期待してます。ADAGIOは残念ながら今年に入って解散してしまったようです…。

  • 投稿者: よしよ
  • 2018/08/31(金) 23:30:13
  • [編集]

もう9月に入ろうかという時期なのですが

唐突に2017年の年間ベストを書きたくなりました(笑)。
と言っても最近は新しい曲はタブレットでYouTubeを視聴、旧譜は通勤時に車の中で流すスタイルになっています。

第1位ーTravellers/TEN
第2位ーMy Sweet Mystery/The Dark Element
第3位ーThe Ghost and the Reaper/The Dark Element
第4位ーDarkness Machine/Adagio
第5位ーDefying Gravity/MR.BIG

になりました。まず何と言っても2017年のベストチューンに選んだのがTENというところがツッコミ所だと思います。自分だってTENにハマったのはデビューした1996年の1年間だけですし、そう考えると21年振りにハマるとは自分でも驚いています。そして2017年にハマった期待の新星がThe Dark Elementです。アネットのボーカルとヤニのギターと曲がバッチリ組み合い素晴らしい作品になりました。TEN同様にデビュー以来久しぶりにハマったのがAdagioです。TENはデビュー以来あまり変化が無いのに対して、Adagioはこれまた随分とヘビーになりましたが、優れた演奏力は変わらないですね。最後にMR.BIGのドラマー、パット・トーピーがパーキンソン病で亡くなったのにショックを受けました。・゜・(ノД`)・゜・。。自分の青春時代を思い起こすバンドでした。もう解散するかもしれませんね。
アルバムジャケットはHAREM SCAREM「UNITED」、ライブブルーレイはDOG YEARS 2013-2016-LIVE IN SANTIAGO & BEYOND 2013-2016/THE WINERY DOGSを挙げさせていただきます。

  • 投稿者: ゆうてい
  • 2018/08/30(木) 02:49:23
  • [編集]

イモ男さん

あけましておめでとうございます。
間隔が空いてもコメントをいただけるのは嬉しいです。ありがとうございます。
CDを100枚以上購入とは凄いですね!定価なら手が出ないけれど格安なら買ってみたいアルバムは結構あります。
ZIGGY「2017」は僕にとっても2017年後半のヘビロテ作品でした。WondermanはTHE RASMUSの新作の中では一番好きな曲なので、やはりイモ男さんとは好みが似てそうです。
長女は離乳食をモリモリ食べて日に日に太ってます(笑)。無事に4月から保育園に入れたのでよかったですが奥さんも仕事に復帰するので益々忙しくなりそうです…。今年もマイペースに更新していきますのでよろしくお願いいたします。

  • 投稿者: よしよ
  • 2018/01/26(金) 22:06:00
  • [編集]

明けましておめでとうございます

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
またしても前回の書き込みからだいぶ時間が経ってしまいました…。

2017年は近所のレンタルショップ閉店に伴いレンタルCDの格安セールが行われ、
100枚以上買ってしまいまして。そのため入手した新譜は少ない1年でした。

そんな中でのNo.1アルバムはZiggyの「2017」で、
No.1ソングはThe Rasmusの「Wonderman」でした。


それから、第3子のご誕生おめでとうございます!
忙しい毎日かと思いますが、ブログ更新頑張ってください!

  • 投稿者: イモ男
  • 2018/01/23(火) 20:47:00
  • [編集]

B!13さん

あけましておめでとうございます。こちらこそ2018年もよろしくお願いいたします。
またB!13さんの2017年ベストもありがとうございます。10枚中4枚は僕が聴いてない作品ですね。しかも上位4作品中3枚を聴いてないのでチェックしなくてはと思ってます。特にKREATORはいろんなサイト様でも高評価のようですね。
BATTLE BEASTとBEAST IN BLACKは心配しましたが結果オーライという感じですね。ただしBEAST IN BLACKのシンガーYannis Papadopoulosは他のプロジェクトに専念するという理由からWARDRUMを脱退してしまったようです…。この別プロジェクトがBEAST IN BLACKを指すのかはわかりませんがBEAST IN BLACKも脱退なんてことにならないように願っています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2018/01/10(水) 21:48:47
  • [編集]

明けましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いします。

僕の年間ベストはこんな感じでした。
「ULTIMATE SACRIFICE」GALNERYUS
「月牙の地獄列伝」地獄カルテット
「GODS OF VIOLENCE」KREATOR
「PSYCHOTIC SYMPHONY」SONS OF APOLLO
「BERSERKER」BEAST IN BLACK
「INTO THE GREAT UNKNOWN」H.E.A.T
「NORTHERN HELL SONG」GYZE
「BRINGER OF PAIN」BATTLE BEAST
「IMMORTALS」FIREWIND
「proof」NoGoD

2017年は好みの新譜がたくさん発表されて年間ベストを選ぶのが大変で嬉しい悲鳴を上げてました。ランキングは上位4バンドがかなりのお気に入りでその他は気分で順位が入れ替わりになりそうです。「THE RISE OF CHAOS」ACCEPT、「FEED THE MACHINE」NICKELBACK、「LEVIATHAN」VOLCANOも候補でした。

曲単位では僕もガルネリの「Ultimate Sacrifice」がダントツでした。その他ではOUTRAGEの「Doomsday Machine」と「Outrage」が往年のOUTRAGEの名曲を彷彿とさせる超キラーチューンでした。

BATTLE BEASTとBEAST IN BLACKの分裂は素晴らしいバンドが2つに増えたと好意的に捉えて応援していこうと思います。BATTLE BEASTとAnton Kabanen's BATTLE BEASTみたいにならなくて良かったです(笑)

  • 投稿者: B!13
  • 2018/01/07(日) 20:57:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する